« 《J LEAGUE 2004》 J1/J2入替戦第2戦 試合終了 | トップページ | 《J LEAGUE 2004》 J1/J2入替戦 第2戦 »

《SOCCER 2004》 12/12 サッカーいろいろ

天皇杯、J1/J2入替戦、トヨタカップ、サッカー界は忙しい一日でしたね。

時系列で追ってみましょう。

まずは、天皇杯5回戦から。

大黒5発!G大阪など8強進出/天皇杯 日刊スポーツ

第84回天皇杯 全日本サッカー選手権大会/5回戦
豊田ス/名古屋グランパスエイト 1 - 2 東京ヴェルディ1969
カシマ/鹿島アントラーズ 3 - 2 川崎フロンターレ
愛媛陸/横浜FC 0 - 5 ガンバ大阪
鴨池陸/大宮アルディージャ 3 - 6 FC東京
熊本陸/コンサドーレ札幌 1 - 0 大分トリニータ
ヤマハ/ジュビロ磐田 2 - 1 群馬FCホリコシ

…大分は、J2最下位にアップセットされてしまいましたか。

波乱といえば、波乱でしょうかね。

もっとも、札幌は4回戦で市原にVゴール勝ちしたくらいなので、
驚きでもないのかもしれませんが。

そのほかでは、Vゴール勝ちしたのが鹿島、
終了間際に突き放したのが、東京ヴ、磐田、ですか…。

天皇杯は戦い方が難しいといいますが、こういうところにも表れてきますね。

それにしても、G大阪、全得点が大黒だったそうで。

どういうディフェンスを横浜FCがしていたのか興味があるところです。

続いて、入替戦第2戦。

2004 J LEAGUE J1/J2 PLAYOFFS
第2戦/千葉県柏市・日立柏サッカー場
柏レイソル 2 - 0 アビスパ福岡

この試合は見に行きましたので、別途、記事を作って書くことにします。

総じていえるのは、第2戦、2点を取りにいかなければならなかった福岡が、
柏の立ち上がりのよさに、思わず受けにまわらざるを得なかったのが敗戦の原因かと。

そして、南米対欧州の形式で行なわれる、最後のトヨタカップ。

25th TOYOTA EUROPIAN/SOUTH AMERICAN CUP
National Stadium/TOKYO/JAPAN
F.C.PORTO 0 - 0(8 PK 7) ONCE CALDAS

FCポルト世界一、PK戦制す/トヨタ杯 日刊スポーツ

テレビ観戦しました。

ポルトは、本当なら90分で終わる試合を、PK戦まで持ち込まれてしまいました。

バーやポスト、さらにはオンセ・カルダスのGKエナオに阻まれ得点できないばかりか、
オフサイドに関しては2回ほど微妙な判定(※)もあって、90分でノーゴール。
※前半のは微妙、後半のは相手に当たったボールですが死角だったかも。

オンセ・カルダスは、ほとんど組織立った攻撃はまったくといっていいほど見られず、
リベルタ・ドーレス杯を制したとはいえ、やや南米王者としては寂しい試合内容でした。

まぁ、守り抜いて、この日神がかっていたGKエナオにPK戦を託すという戦術は、
それはそれで「アリ」だとは思いますが。

結局、圧倒的にFCポルトがゲームを支配してはいるものの、
オンセ・カルダスのゴールが堅固さを増し、時間とともにゴールの予感は消えていき、
さらに延長戦になるとFCポルトに攻め疲れが出てきて、
案の定、PK戦に決着が持ち込まれてしまいました。

正直、PK戦ではオンセ・カルダス優位と思っていました。

何しろ、FCポルトは正GK、ポルトガル代表のビトル・バイーアが体調不良を訴えて、
控えのヌノに代わっていましたから…。

さらに悪いことに、FCポルトの1人目、ブラジル代表の新鋭ジエゴがPKを決めた後、
GKエナオを挑発してしまい退場と流れが悪いほうに、悪いほうに行ってしまってました。

そして、FCポルト4人目、マニシェが外したとき「これで決まった」と思いました。

しかし、分からないものです。

オンセ・カルダスの5人目ファブロがはずしてしまい、
結果的に、試合の結末は、オンセ・カルダス勝利から180度変わってしまいました。

最後外したオンセ・カルダス9人目ガルシアは負けが決まると泣き崩れ、
起き上がることすらままならなくなってしまいました。

オンセ・カルダスというコロンビアの小さなクラブにとって、
世界一の栄光をつかめるチャンスは、そんなにあるものではないと思います。

だからこそ、耐え抜いてPK戦まで持ち込んだのですが…。

勝ち負けは必ずつくものですが、
外した選手にとってはあまりにも酷な結末になってしまいました。

コロンビアというと94年アメリカW杯で自殺点を献上したエスコバルが、
帰国後、心無いものに射殺された事件のイメージがどうしても拭うことができません。

あれから10年たった今も、まだコロンビアは不穏な社会情勢が続いているのかはわかりませんが、
もし続いていたとしても、帰国後、ファブロ、ガルシアの身に何も起こらないことを祈って止みません。

もう、サッカー選手がミスを理由に命を落とすニュースは、本当にご免こうむりたいです。

« 《J LEAGUE 2004》 J1/J2入替戦第2戦 試合終了 | トップページ | 《J LEAGUE 2004》 J1/J2入替戦 第2戦 »

2004年」カテゴリの記事

サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66579/2246885

この記事へのトラックバック一覧です: 《SOCCER 2004》 12/12 サッカーいろいろ:

« 《J LEAGUE 2004》 J1/J2入替戦第2戦 試合終了 | トップページ | 《J LEAGUE 2004》 J1/J2入替戦 第2戦 »

Recommends


  • You need to upgrade your Flash Player.

LINK

エスパルス日程


2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

COUNT

エスパole!


エスパトラバ


ドラゴンズTB


Hockey TB


ついったー


無料ブログはココログ