« 《S-PULSE 2004》 新人監督、決定。 | トップページ | 《S-PULSE 2004》 キャッチワードは、3R。 »

《S-PULSE 2004》 鉄人、リターンズ。

健太監督決定に続いて、鉄人、カルロス・サントスがヘッドコーチとして復帰が決まりました。

■来季ヘッドコーチにサントス氏 就任決定のお知らせ エスパルス公式

99年チャンピオンシップ第2戦、
カルロス・サントス選手は、第2戦終了後のPK戦2番目のキッカーでしたが失敗。

どうも、そのイメージが強いのですが、
私は、アレックスの退場で1人少なくなったチームをVゴール勝ちに導いたのは
カルロス・サントスが磐田の攻撃を、うまく押さえ込んだこともあったからだと、
今でも思っています。

徹底した節制と強い精神力で、常にプロフェッショナルとは何かをプレーで表現し続け、
40才を過ぎても現役選手であり続けた、鉄人、カルロス・サントスが
ヘッドコーチとしてエスパルスに帰ってくる。

実に心強い、そして実に先行きが明るくなるようなニュースだと思います。

ともすると、ぬるま湯だの何だのといわれるほどチームは緩んでしまっているのかもしれません。

それが、ここ数年の低迷だとするならば、
高いプロ意識を持つサントスのヘッドコーチ就任は、チームによい緊張感をもたらすかもしれません。

サントスのコメントによれば、最初に健太監督から話があったようですね。

その後クラブから正式にオファーがあったとのこと。

やはり自分の右腕とする人物は自分で決めるのが筋でしょうし、
クラブがそれを追認したというのは、長期政権をめざすというフロントが、
健太監督にエスパルスの将来を賭けていることの現われなのかなと思います。

来シーズン、プロとして自らを律することのできないプレイヤーは、
ピッチに立つことすらできなくなるかもしれません。

それが、たとえ名のしれたベテラン選手であっても。

でも、今のエスパルスをJ1のステージで戦い続けさせるためには、
それくらいのことが必要なのかなと思います。

そういう意味でも、カルロス・サントスのヘッドコーチ就任、大賛成です。

フロントの皆さん、でも、これで満足してはいけません。

コーチングスタッフやスカウティング部門の充実は、やりすぎということはないはずです。

11人のプレイヤーが、試合に万全の体制で臨めるよう、準備を怠りなく。

« 《S-PULSE 2004》 新人監督、決定。 | トップページ | 《S-PULSE 2004》 キャッチワードは、3R。 »

2004年」カテゴリの記事

エスパルス」カテゴリの記事

サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66579/2228545

この記事へのトラックバック一覧です: 《S-PULSE 2004》 鉄人、リターンズ。:

« 《S-PULSE 2004》 新人監督、決定。 | トップページ | 《S-PULSE 2004》 キャッチワードは、3R。 »

Recommends


  • You need to upgrade your Flash Player.

LINK

エスパルス日程


2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

COUNT

エスパole!


エスパトラバ


ドラゴンズTB


Hockey TB


ついったー


無料ブログはココログ