« 《WASEDA RUGBY 04-05》 大学選手権決勝、終了 | トップページ | 《SPORTS 2005》 高校サッカー、鹿実、全国制覇。 »

《WASEDA RUGBY 04-05》 12回目の大学日本一!

一夜明けてしまいましたが、
とりあえず試合の感想をまとめておきます。

まず、その前に、

早稲田大学ラグビー蹴球部の皆さん、
12回目の大学日本一おめでとうございます。

ン年前に一般学生として卒業した筆者の在学中は明治の全盛期で、
なかなか対抗戦の優勝さえできない状況でした。

それが4年連続のファイナリスト。

しかも大学選手権優勝回数で1位の明治に並ぶまでに復活したことを
心の底から喜ばしく思います。

■第41回全国大学ラグビーフットボール選手権大会
決勝/東京都・国立霞ヶ丘競技場
関東学院大学 19 - 31 早稲田大学

荒ぶるワセダが大学日本一/大学ラグビー
ミスで消滅関東学院大連覇/大学ラグビー ともに日刊スポーツ

まず。

席に着いたのが前半5分ということで、
立ち上がり3分のトライについては確認できず。

隣の席にいた方の話では、
カントー陣深くまで押し込んで、
カントーのキックをチャージしたところからポイントを形成。

最後は右に展開してWTB内藤君がトライということのようですが、
あいにくTVニュースのダイジェスト版では、
ポイントから右に展開したところからしか確認できず。

何はともあれ、この後のゴールも決まって、7 - 0。

早稲田上々の立ち上がりでしたが、このあとがいけなかった。

風上にたって攻め込みはするものの、
BK陣がなかなかカントーの守備をかいくぐることができず、
ハンドリングミスやノットリリースザボールを犯し、
試合を完全に掌握するには至らず。

むしろ、27分にカントー・田井中がPGを狙ったように、
カントーが早稲田陣内でゲームを展開する時間が20分以上続いた。

32分にカントー陣わずかに入ったところのスクラムから
FB五郎丸が抜け出し、ハーフコートを独走してトライをあげたが、
その直後に、カントーにトライを返されるなど、
この日の早稲田は決して「安心できる」試合内容ではなく…。

後半に入っても、試合を掌握できない早稲田。
またもBKへの展開でミス。

9分、カントー陣にわずかに入ったところから左に展開も、
カントーのWTB北川にインターセプトされて、そのまま独走トライ。

ゴールも決まって、12 - 14 と逆転を許す。

ただ、この時点でも不思議と
「ミスはミスだが、2Tを許したことをあまり気にしないほうがいい」くらいに思ってもいて。

というのは、カントーの2Tはいずれも、早稲田の攻撃時の些細なミスから奪われたもの。
崩されてのトライではなかったから。

次に早稲田がトライを取れれば、
試合の流れがカントーに行くことはないともみました。

実際、その直後の13分、
カントーのモールサイドの弱い部分をついたSO安藤がトライを決め、
早稲田が試合を再び優位に進めることができた。

そのあと、インターセプトのお返しはインターセプトでといわんばかりに、
カントーボールのラインアウトを奪った早稲田LOの内橋がライン際を快走、そのままトライ。

このに代表されるように、マイボールラインアウトでミスを繰り返し、
試合の流れを取り戻すきっかけが掴めないまま、時間ばかりが過ぎていった感あり。

それでも、早稲田勝利を確信できたのは、39分の今村のトライ。
(これで、31 - 14 と2T2Gではひっくり返せない点差になったから。)

ほんとうに、「ようやく」でした。

ラグビーの場合、カントーの最後の北川のトライに象徴されるように、
インジュアリータイムはプレイが切れるまで行なわれ、
さらにペナルティとその後のプレーは、インジュアリータイムの中であっても切ることができない。

よって、ロスタイムが5分と長くなることもざらで、
それだけに、この日の早稲田の試合内容では、
残り5分で12点差というのは、いささか不安に思えたのも事実です。

それくらい、この日の早稲田は安定感を欠いた感があった。

何しろ、下馬評で圧倒的優位といわれていたFW戦で、ほぼ互角。
それどころか、スクラムで反則を取られるケースが散見。

加えて、まぁ「笛」の問題はともかくとして、
せっかく相手陣まで攻め込んでもBK陣がキープできず、
ペナルティを取られて、陣地を挽回されるケースが目立った。

また、カントーがよく早稲田を研究してきたことも
この試合を接戦にした大きな要因に挙げられる。

春・夏の練習試合から感じた
早稲田の攻撃パターン、パスコース、ランニングコースを
ある程度限定することに成功したといえます。

とくにFW陣は、大量に4年生が抜けたため、
一から作り直してここまで来たとのこと。

3年生、2年生を主体にしたメンバー構成ですので、
敵ながら、来シーズンが非常に楽しみだと思います。

…いやぁ、それにしても国立は寒かった。

« 《WASEDA RUGBY 04-05》 大学選手権決勝、終了 | トップページ | 《SPORTS 2005》 高校サッカー、鹿実、全国制覇。 »

2005年」カテゴリの記事

WASEDA SPORTS」カテゴリの記事

ラグビー」カテゴリの記事

コメント

コメントありがとうございます。
いやあ、いい試合でした。
いやあ、寒かった!

今後ともよろしくお願いします!


すいません、「うぞぎあ」さん。
お名前を間違えてしまいました。
申し訳ありません。

取りまとめてお返事申し上げます。

まず、うそぎあさん。

結局、試合をどう閉めるかが、まだ学生なんですよね。甘いというか…。
ロスタイムに1T許すっていうのは後味が悪いですからね。
マイボールをキープするか、時間を使わせた上で、うまくプレイを切るという部分をもっとしっかりしてほしいと思うのです。
たしかに2T2Gと点差が離れてましたので勝敗に影響はないのですが、あれが3点とか5点とかの小差だったらどうするのか。
アルティメットクラッシュも結構ですが、それが効かない社会人相手にどう戦うのかという部分を磨いていってほしいです。

つづいて、くにさん。
突然のTB、すいませんでした。
同窓でエスパサポというは何かのご縁かと思いますので、どうぞよろしくお願いします。

僕らの頃は、どうしても野球部に注目が行くんですが、仁志がいたころでしたので野球は盛り返してたように思います。たしか、9週制という珍しいシーズンがあって、そのときは早慶戦連勝して優勝しました。
提灯行列しましたもの。

それから、ア式は俊秀がいたころですので、全日本や関東リーグは優勝候補でしたね。

一方のラグビーは、明治にいつも負けていた記憶があります。冬の時代といいましょうか…。

ア式は大榎監督が就任して、秋の鴨川で2部復帰を果たしましたね。
(※今回は1部・2部が拡張されたので東京都リーグ3位の早稲田にもチャンスが巡ってきたんですが。)
会場には、OB会の方も結構いらしてましたよ。

ア式のHPに復帰決定試合の模様がアップされてますので、もしよろしければどうぞ。

コメント&TBありがとうございます。

同窓でエスパルスサポと共通点が多い方がいらっしゃってビックリしました。僕が在学していたときもスポーツ関係はふるいませんでしたが、卒業してから野球、ラグビーと一気に強くなってOBとしてうれしい限りです。

あとはサッカーが強くなって、出身選手がエスパルスに来てくれたらいいなって思ってしまいますが…。

早速のコメントありがとうございます。
そうです。ああやって、気を許して(そうでもないかもしれないけど)最後に余計なトライを献上するのはよくない。社会人との差は大きいですが、検討してもらいたいものです。15年くらい前は東芝府中に日本選手権で勝ったのですから。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66579/2527134

この記事へのトラックバック一覧です: 《WASEDA RUGBY 04-05》 12回目の大学日本一!:

» 【大学選手権】決勝・早稲田×関東学院 [Entertainment Pathfinder]
早稲田 31ー19 関東学院 1/9、とうとう大学ラグビーの大一番、大学選手権決勝。 優勝への期待半分、そして相手が関東ということで不安も半分。 そして何より... [続きを読む]

« 《WASEDA RUGBY 04-05》 大学選手権決勝、終了 | トップページ | 《SPORTS 2005》 高校サッカー、鹿実、全国制覇。 »

Recommends


  • You need to upgrade your Flash Player.

LINK

エスパルス日程


2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

COUNT

エスパole!


エスパトラバ


ドラゴンズTB


Hockey TB


ついったー


無料ブログはココログ