« 《SAMURAI BLUE 2005》 カザフスタン戦、試合終了 | トップページ | 《RUGBY 04-05》 Microsoft Cup準決勝 »

《SAMURAI BLUE 2005》 親善試合カザフスタン戦 雑感

詳しい内容などは皆さんご存知のことでしょうから、雑感をまとめてみました。

International Friendly Match KIRIN Challenge Cup 2005
International Stadium YOKOHAMA, YOKOHAMA, JAPAN
JAPAN 4 - 0 KAZAKHSTAN
Goal: 05min., 60min. K.TAMADA11min. N.MATSUDA24min. A.SANTOS

正直、ワールドカップ予選の前哨戦としてのマッチメイクとしては、
呼ぶべきチームを間違えたというところでしょうかねぇ…。

とにかく、カザフの守備が相当問題ありでねぇ…。

右サイドの加地が何度か突破して、
ワァーみたいな感じをテレビから感じた方も多いでしょうが、
実際、マッチアップした相手の力量に明らかに差がありまして、
現場では「抜けて、当たり前」といったシーンを散見しましたよ。

24分の「FK→そのままゴール」のシーンにもカザフの守備の拙さがよく現れてました。

中央に寄せていた選手の陰になってGKが触れなかったのはありますが、
ゴール前の一番危険な場所に簡単に飛び込ませてしまったために、
「交錯」するような形になりましたからねぇ。

その前、11分のCKからの松田のゴールでも、カザフの守備の悪さが手伝ってました。

CKを蹴ったサイドから見てファーならともかく、ゴール真正面で「どフリー」。
しかも楽々シュートできるってのは、先ほどの「FK→そのままゴール」とあわせて、
総じてセットプレーの守備ができてないという感じでした。

したがって、この試合の評価としては、
「勝って当たり前の相手に普通に勝った」というのが私の正直な感想です。

ただでさえ寒い1月に行なわれたナイトゲーム、
入場料(カテ2)4,000円もあわせて考えるに、「感動の薄い」試合でした。

よかった点を見出すとするならば、以下のところでしょうか。

・玉田が2ゴール挙げたこと。
・阿部、大黒といった若手がデビューしたこと。
・けが人が出なかったこと。
・FK、CKの飛び道具が日本の武器であることが確認できたこと。

よくなかった点は…

・守備面での課題が確認できなかったこと。
・大差がついてしまったため、デビューした2人の評価ができなかった。
・ジーコの通訳兼任の選手が、相変わらず守備はおぼつかなかったこと。

そんなところかな…。

あとは、客の入りがよくなかったおかげで、余裕で帰りついたこと。

北新横浜→横浜→東京というルート選択が「使える」ルートとわかったのが、
個人的には収穫。

« 《SAMURAI BLUE 2005》 カザフスタン戦、試合終了 | トップページ | 《RUGBY 04-05》 Microsoft Cup準決勝 »

2005年」カテゴリの記事

サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66579/2751923

この記事へのトラックバック一覧です: 《SAMURAI BLUE 2005》 親善試合カザフスタン戦 雑感:

« 《SAMURAI BLUE 2005》 カザフスタン戦、試合終了 | トップページ | 《RUGBY 04-05》 Microsoft Cup準決勝 »

Recommends


  • You need to upgrade your Flash Player.

LINK

エスパルス日程


2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

COUNT

エスパole!


エスパトラバ


ドラゴンズTB


Hockey TB


ついったー


無料ブログはココログ