« アイスホッケー全日本選手権3回戦 | トップページ | 非公開3本勝負2本目 »

アイスホッケー全日本選手権準々決勝

「いよいよアジアリーグ勢が登場です。」
…って言っても4チームしかいませんがね。

◆第一試合 コクド 15-2 サーパス穴吹(香川・社会人)

四国からここまで勝ち上がってきたサーパスでしたが、コクドに2ピリ大量8点を献上。
最後は力の差を見せつけられましたが、大健闘といっていいでしょう。

◆第二試合 法政大学 1-6 王子製紙

王子の得点は1ピリと3ピリにそれぞれ3点。
1ピリが2分50秒から8分19秒までの間、3ピリが50分19秒から55分35秒までの間。
すさまじい集中力です。

◆第三試合 釧路厚生社 1-6 日光アイスバックス

第1ピリオドこそ、2-1と接戦を強いられた日光。
第2ピリオドに3点を挙げて、社会人の雄を振り切りました。

◆第四試合 日本製紙クレインズ 7-0 明治大学

アジアリーグの上位チーム、クレインズ。
着実に得点を積み上げ、学生の雄、明治を退けました。

結果、19日の準決勝は、

◆第一試合(13:00) コクド 対 王子製紙

◆第二試合(16:00) 日光アイスバックス 対 日本製紙クレインズ

予想通りの展開となりました。

アジアリーグ勢はトリノオリンピック予選から帰ってきたばかりでしたので、波乱もあるかなと思いましたが、日本のトップレベルにある(とされる)アジアリーグ勢と一般社会人・学生との間には大きな力の差があるのを痛感します。

« アイスホッケー全日本選手権3回戦 | トップページ | 非公開3本勝負2本目 »

アイスバックス」カテゴリの記事

アイスホッケー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66579/2987373

この記事へのトラックバック一覧です: アイスホッケー全日本選手権準々決勝:

« アイスホッケー全日本選手権3回戦 | トップページ | 非公開3本勝負2本目 »

Recommends


  • You need to upgrade your Flash Player.

LINK

エスパルス日程


2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

COUNT

エスパole!


エスパトラバ


ドラゴンズTB


Hockey TB


ついったー


無料ブログはココログ