« 東京V×清水 試合終了 | トップページ | Wリーグファイナル 第3戦 »

寒い、第2節。~対ヴェルディ戦

東京ヴェルディ1969 0-0 清水エスパルス
得点:いませぬ。

開始15分前に到着した味スタ。
風が強く、非常に寒い中でのキックオフとなりました。

正直、風が強くて、寒くて、おまけに試合終了後のキープ率が清水40%、東京V60%という数字が示すように、全くといっていいほどゲームの主導権を握れない状況が続き、厳しい観戦環境でした。

清水は、前節肉離れで6週間離脱となったユキヒコに代わって太田圭輔を右SHに、和道を中央に配して、浩太をトップ下に上げるという布陣。

守備では、やはり上がっていく圭輔と、あまり守備が巧いともいえない市川の間のスペースを使われることが多く、不安を感じました。

また、前節の広島戦の振り返りでも触れましたが、クリアボールをことごとく拾われてしまい、ひどい時はハーフコートの守備練習状態になってしまっていたので、やはりクリアする時にボールをしっかり預けられる「的」と、一つタメを作る動きがほしいなぁと思います。

ただし、各所で話題のワシントンについては、ロジェーリオの助言もあってか、しっかり対応できていたと思います。

攻撃に関して言うと、後半、GK高木と1対1になりながら決めれなかったシーンにもあったように、今日はジェジンがあまりよくなかったかなと。

組み立てとしては、サイド攻撃もさることながら、今日は裏を狙うパスを意識していたようですが、短かったり、長かったりで巧く攻撃につなげることができず、まだまだ熟成が必要かと思います。

やりたいことは判りますので、サイド攻撃からのクロス同様、「磨き」をかけてほしいというところ。

テウクについては守備に廻るケースも多かったのですが、それでも、前節同様、いい動きをしていました。

また、ユキヒコに代わり先発した圭輔も、なかなかいい動きをしていたとは思います。
中に切れ込んでいってシュートまで持ち込んだりと。「危機感」の現れでしょうか。

結果は、2試合続けてドロー。
2試合の総得点が1点。
やはり、ここ数年低迷が続いているだけに、「そう簡単に持ち直すものでもないのかなぁ…」、「今年も、我慢が続く1年かなぁ…」と改めて思う一方で、やりたいサッカーは見えているので、さらに磨きをかければ、期待を持てる1年になるかなぁとも思います。



さて、主審が家本。
第1節で出場がなかっただけに、よもやとは思いましたが。

まぁ、アレです。
なんで、こいつがSRなのか?
改めてJFAに聞いてやりたいと、沸々と思った次第です。



さて、すでに日付はすでに代わって13日。
代々木第二体育館では、Wリーグ決勝ラウンド第3戦が行なわれます。

第1戦 JAL 98-73 シャンソン
第2戦 シャンソン 66-63 JAL

3戦先取の決勝ラウンド。第3戦を取ったほうが優位に立つのか。
注目の第3戦、なんと!2列目が取れてしまいましたので、この目で見てきたいとおもいます。

« 東京V×清水 試合終了 | トップページ | Wリーグファイナル 第3戦 »

エスパルス」カテゴリの記事

サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66579/3275166

この記事へのトラックバック一覧です: 寒い、第2節。~対ヴェルディ戦:

» 第2節 東京ヴェルディ1969戦 関連記事 [ぱるるアンテナ]
2005年 第2節 清水エスパルス vs 東京ヴェルディ1969戦 | 味スタ ■関連記事まとめ [続きを読む]

« 東京V×清水 試合終了 | トップページ | Wリーグファイナル 第3戦 »

Recommends


  • You need to upgrade your Flash Player.

LINK

エスパルス日程


2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

COUNT

エスパole!


エスパトラバ


ドラゴンズTB


Hockey TB


ついったー


無料ブログはココログ