« J1第6節大分戦試合終了 | トップページ | 《NPB 2005》 何のための監督やら… »

J1 第6節 清水対大分


「明けない夜はない」と信じているから。

ちと、長いですぞ。

■Jリーグ ディビジョン1 第6節

清水エスパルス 01 岡田正義とその仲間11人

得点)
後半9分 岡田正義 マグノ アウベス(PK)

いきましたよ。
誕生日プレゼントを期待して、日本平に。

前半は、山本真希のプレーに、
いやぁ、将来楽しみ。しかも、そうとう近い将来。
とか思って快い気分でしたよ。

それが、なんですか。
後半になって、黒い服着た人にバースデーケーキぶち壊されるとは思ってませんでしたよ。

ま、開幕のバレーボール事件ですっかりケチがついた今日の主審ですから、こういうこともあろうかとは思ってはいましたが…。

よりにもよって、下位同士の戦いでリハビリするつもりだったんじゃあるまいが
数多の不可解な判定に加えて、細かい位置取りまで指示するほど
ピリピリしすぎのジャッジング。

とてもSR様とは思えませんでした。

だいたい、あれがPKなら、
あのあたりでFWとDFがおっかけっこして
FWが倒れれば全部PKになると思われ。

ちなみに、この直前に交代したばかりの高松。
このプレーで担架で運び出されていましたが、
帰りしな、主審に文句の一つもつけてやろうかと思って
メイン裏の歩道から関係者入口を見てたら、しっかり立って歩いてましたがね…。

いや、別に、「シュミレーションじゃねぇのか?」と疑ってるわけではないんだけどさ…。

17日 22:40追記↓
大分FW高松、左鎖骨骨折で全治6週間 日刊スポーツ


…ごめんよ、高松。骨折れてたんだね…。
そりゃ、「×」でるわな。
とりあえずお大事に。
17日 22:40追記↑

ふと思い出したんだけど、確か大分の1勝目って、
浦和に退場者2名って試合だったよな…。

また、大分絡みの試合で、審判が試合を左右したなぁ…。

いや、だからって、なにか言いたいわけではないんだけど…。

黒い服の人のお話はさておき、我がチーム、得点欠乏症は深刻ですな。

前半はそれでもまだ「見れた試合」だったと思うんですよ。

山本真希のわずかに逸れたシュートとかね、浩太のヘディングとか。
山本真希からのアーリークロスからの浩太?のスライディングとか。

なんで、山本真希から圭輔に代えたかなぁ。
疲れてるのは判ってるんだけど…。
おかげでまったく右からの攻撃に期待できなくなったもんなぁ。

それから、テウクとジェジンを並べるのも厳しいかも。

あと、和道を下げたおかげで、ど真ん中の部分の的がいなくなってしまったのも残念。
テルでは競れないのは、相手チームにバレバレだと思われるんだけど。

この試合の個々の采配については言い出すときりがないんだけど、
どの試合でも共通していえるのは、全体的に攻撃に時間がかかりすぎると思う。

そりゃ焦ってボール取られて大ピンチよりはいいんだろうけど、それじゃ点は取れないと思う。
たぶん、今年は守備の再構築から入ったことや、負傷者やら緊急補強とか選手入替とかで、
絶対的な得点パターンを築く余裕がないんだろうけど…。

てなわけで、黒い服の人もさることながら、
得点の気配が希薄な我がチームにもホトホトがっかりさせられた誕生日でした。

次は、
ここ数年に比べると失点が多い千葉相手に何点奪えるか。
そして、安定しているといわれる守備陣がどれだけ千葉の走るサッカーに対応できるのか。

まずは「守備をしっかり」。それは判った。
それができたら攻撃はどうするのかを形にして見せてほしい。

やろうとしていることも、やっていることも間違ってはいないと思う。
だけど、結果がついてこないと、それも疑わしくなってしまいかねない。

だからこそ、強者・千葉相手にどこまでやれるか見せてくれ。
明けない夜はない」と信じているから。

« J1第6節大分戦試合終了 | トップページ | 《NPB 2005》 何のための監督やら… »

エスパルス」カテゴリの記事

サッカー」カテゴリの記事

コメント

まろさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。

やっぱりほとんどどん底に近いところまで落ちたチームの再建は難しいですね。
やりたいことは見えているんですが、それが結果を伴ってない、そのため、一つ間違えると昨年の繰り返しになる恐れもあるので、どちらかというと今、そのことを危惧しています。

そういえば、日本平でのエスパルスの勝利って、去年のレイソル戦からあとありませんね。

今のチーム力ではなかなか完勝劇は期待できないですし、負けてしまうくらいならせめて引き分けで勝ち点を1つでもという考えは、多少しょうがないかなと。
あまり思い出したくはないんですが、昨年のセレッソとレイソルの最下位争いは最終的に勝ち点1の差で決まりましたからね…。

無論、はやく1勝を挙げてもらうに越したことはないのですが…。

*marosaka*のまろです。コメントありがとう
ございます。

ここ6節を見ていて、ふと思ったことはそんなに
簡単に立てお直しは出来ないぞ。という感じ
です。でも、去年よりかはやりたいサッカーが
見えているのであとは選手達のモチベーション
の問題のような気がします。

私は去年のレイソル戦(11月)から、天皇杯を
含め日本平でのエスパの勝利を見ていません。私自身も、引分け癖というのでしょうか?
引分けでもよしという気持ちがあったことは
たしかです。ここで一つホームで勝って、自信
というものを手に入れることも大事だと思います。

まいちさん、コメントありがとうございます。

選手の覇気の問題は、このチームが長年抱えている問題だと思うんですよ。
試合中でも味方を叱咤激励できる選手がいないっていう感じで。
それと、たとえば誰かが抗議に行ったときに、必要以上にカードを貰わないよう静止したりする選手もいないですよね…。
とくに外国人選手が抗議したりする時とか。

サイドチェンジに手数をかけているというより、ダイレクトでサイドチェンジしたりするという選択肢を持っていないのではないかと。
せっかく逆サイドあいてても見えてないので、同じサイドの狭いところで勝負したがりますしね…。

とにかく今の清水の組み立てでは、相手も楽でしょう。
1勝目、果たしてどこから奪えるのか、非常に心配です。

はじめまして。
コメントをいただき、ありがとうございました!

昨日の最下位転落の試合ですが、
選手の覇気が真希以外ありませんでしたね・・。
あと戦術的に言わせてもらうと
今までの試合を見ていて
攻めに転じた際にくそ真面目にパスを
つなごうとしているように感じました。
レイソル戦でも思ったのですが、
サイドチェンジする際にも手をかけすぎていて
そのせいで時間がかかり、
相手はDFを固めることができるのではないかと・・・。
もっと大きな展開をしたりしなくちゃダメですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66579/3732217

この記事へのトラックバック一覧です: J1 第6節 清水対大分:

» あれは・・・PK?!? [エスパルス&筋トレ日記]
おかだぁーーー!!おまえ、自分がエスパルス嫌いだからって ここぞとなしに大分にPK与えただろう!!!!!!!! あれはPKじゃない!絶対にPKじゃない!!! SRのくせに、そういう見極めのできないのかっ!!! (ちょっと現実逃避気味・・・・) 今日の試合はエスパルス..... [続きを読む]

» 【Jリーグ】エスパvsトリニータ 現地レポ・・・・ [*marosaka*]
なんだかこの脱力感。そして疲れ。去年を思い出してしまいそうな・・・いやいや。まだ... [続きを読む]

» 第6節 大分トリニータ戦 関連記事 [ぱるるアンテナ]
2005年 第6節 清水エスパルス vs 大分トリニータ戦 | 日本平 ■関連記事まとめ [続きを読む]

« J1第6節大分戦試合終了 | トップページ | 《NPB 2005》 何のための監督やら… »

Recommends


  • You need to upgrade your Flash Player.

LINK

エスパルス日程


2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

COUNT

エスパole!


エスパトラバ


ドラゴンズTB


Hockey TB


ついったー


無料ブログはココログ