« 《S-PULSE 2005》 J1第9節 大宮戦終了 | トップページ | 《ひとりごと》 5月3日、日帰りで名古屋へ »

《S-PULSE 2005》 J1第9節 大宮アルディージャ戦


追いつかれるも、ジェジンのスーパーゴールでホーム2連勝!

2005 J LEAGUE Division 1
第9節/静岡市・日本平スタジアム
清水エスパルス 2 - 1 大宮アルディージャ
Goal: 27min., 83min. チョ ジェジン、81min. 横山

star of the match
 チョ ジェジン

<清-宮>清水がチョの2発で競り勝つ 日刊スポーツ
チョ・ジェジンが2得点 清水-大宮評 SportsNavi(共同通信社)
チョ・ジェジンにやられた 清水-大宮から SportsNavi(共同通信社)
【J1:第9節 清水 vs 大宮 レポート】少ないチャンスを活かした清水がホーム2連勝!
J's GOAL

清水駅を午後5時過ぎに出て、東海道線で3時間。

品川で、どうでしょう本第2弾の予約を入れてから、
家に帰り着いたのが午後10時。

それから夕飯食べて、風呂入ってたりしてたら、こんな時間ですか…。

明日、会社ですが、とりあえず次の試合まで間がないので更新しておきます。

GWの間の飛び石も出勤するせいで、なんとなく時間間隔が狂ってたんでしょうか、
本当は7時には家を出て東海道線に乗る予定だったのですが
目が覚めたら、時計の針は8時30分を指してまして…。

まぁ、いまから東海道線では間に合わないと、
あっさりと新幹線で日本平出勤決定。

けれど、10時6分のひかりには間に合わず、
到着は、なんとキックオフの5分前。

当然、あいているAゾーンなんて、メインアウェイ側の一番隅しかなく。
(ま、前半は、それが功を奏したんですがね。)

えー、テウクが復帰したことはスコアボードで確認したのですが、いつもとなんか違う。

なんだろう?と思っていましたら、左から右に配置転換してたんですね…。
まぁ、やっているうちに、右でも違和感はなくなってました。はい。

本人が言ったかどうか知りませんが、
「左もできる」が、いつのまにやら「左ができる」に変わっていたというのは、
どうも本当のようだな…。

ま、それはさておき、先制は清水。
前半27分、久保山・テウクのパス交換から左に上がった山西に。

山西がニアサイドに、それほど強くないクロスを上げると、
ジェジンがDFとの競り合いに勝利し、ヘッドであわせてゴール。
非常にいい時間帯で先制に成功。

ゴールを決めたジェジンが、反対側サイドのベンチにいる長谷川監督のところまで
走っていったのは、よほど嬉しいからだろうと思ってましたら、
そうですか、地元でこんな記事が出てたんですね…。

エースFWの宿命とはいえ、なかなかゴールが奪えない状況は、
ケガの影響があることを差し引いても、本人にとって苦しかったかと思います。

守備陣は、立ち上がりに危ないシーンはあったものの
相変わらず安定していて、クリスティアンをほぼ封殺。
前半は、運動量で勝った清水が 1 - 0でリードして終了。

ところが後半、大宮の交代策がはまり、だんだん清水が押される展開になり
一時、自陣に貼りついたままの苦しい展開になる。

悪いことは重なるもので、テルが13分で負傷し純平と交代。
純平がテルの位置に入るがどうにもしっくりこないため、
和道が必要以上に危うげな状況となってしまう。

ここで、長谷川監督が(私個人的には)思い切った策に出る。
25分、ルーキー岩下、投入。
岩下は純平の位置に入り、純平が澤登の位置に上がる。

本人も以前、ボランチに興味を示していたとかどっかで聞いたことがあったけど
高校生ルーキーとは思えない堂々としたプレーっぷりで、大宮ペースになりかけた
試合の流れを引き戻す。

このあと、純平からの折り返しを久保山が決めて、「2点目か?」と思われたが
結果は、純平の折り返しがゴールラインを割っていてノーゴール。

ここで、一瞬気が抜けたわけではないだろうが、
「1 - 0では勝ちきれないエスパルス」が発動。

後方からのロングボールを、ノーマークの横山にあっさりと決められて1 - 1。

あぁ、またドロー沼かと思ってしまいましたよ。
時間が時間だし。

ただね、あきらめてない自分もいまして、目の前でしゃがみこんでいた西部に
「しゃがんでないで、立ち上がれ!」なんて、つい声を出してしまいました。
(はずかしいぞ、自分。)

この試合に「かける想い」が人一倍強い選手が、
ここで魂のこもったプレーを見せてくれたのは、その直後でした。

右サイドでボールを受けたチョ ジェジンが、キーパーの位置取りを見るや左足を一閃。

強烈な弾道を描いたミドルシュートはGKの頭上を超えてゴール左上隅に決まり、2 - 1。
エスパルス、わずか2分で勝ち越しに成功。
(反対側から見ていたら、一瞬クロスボールかと思いました。)

ジェジン、喜びのあまり、またも監督のところに一目散。
追いかけてきたみんなと抱き合って喜んでいたのが印象的でした。

このあと、大宮FWクリスティアンが赤紙で退場。大宮は10人に。
本人は吉田主審に、森岡のひじ打ちをアピールしてましたが、どうなんでしょ。

4分という長いロスタイムを含め、残り10分強、
とても11人対10人という戦いには見えませんでしたが、
相手コーナーフラッグ付近で球を廻すという「いやらしいくらいの時間稼ぎ」も展開して、
4位大宮からホームで勝ち点3をゲット。

この日の試合は、なんと言っても、ジェジンが決めるべき時に決めてくれたこと。
そして、エースFWとして試合を決めるゴールを決めてくれたこと。

その結果、これからの展開がとても楽しみになった1勝だったといえます。

それから、岩下選手、トップ初出場おめでとう。

さすが選手権優勝校のキャプテン。堂々としたプレーっぷり。
頼もしい限りです。

これからも出場機会が増えるよう、頑張ってください。

« 《S-PULSE 2005》 J1第9節 大宮戦終了 | トップページ | 《ひとりごと》 5月3日、日帰りで名古屋へ »

エスパルス」カテゴリの記事

サッカー」カテゴリの記事

コメント

はやさんで、OKです。

どうも、テルの代わりは、岩下になる可能性が強い様です。結果残せば、大きなエスパルスの資産になります。今日の試合は、そこがポイントになる予感。

>おかげで、中堅クラスやユース組の目の色が変わって、周りにもいい影響を及ぼしてる

ホントそうですよね。平松・純平辺りも、与えられた時間で、なんとか結果を出そうという意識が感じられます。

兵働は、ナビスコセレッソ戦では、FKも自ら蹴る強い意志。アピールの仕方を知っている選手だと思います。とにかく、今年のルーキーは、いい意味で図太い奴等が多い様で、楽しいですね。

「はやさん」さん(で、いいんですか?)、コメントありがとうございます。

ルーキーがこんなに出てくるのって、過去あんまりなかったと思いますよ。
(基本的にユースからの繰り上がり+高卒が清水の「新卒採用」ですから。)
昨年末からの「青田刈り」の効果なんでしょうかね。

おかげで、中堅クラスやユース組の目の色が変わって、周りにもいい影響を及ぼしてると思います。

兵働君は、まだ見たことありません。
何かやってくれそうな選手ですか?
楽しみですね。

TBありがとうございます。
今年のルーキー達は、みんな堂々としていますよね。
ルーキーが、こんなに試合に出てくる年って、今までありましたっけ?
個人的には、兵働をもっと見てみたいです。ナビスコのセレッソ戦で、数分間PLAYしたのを見ましたが、決定的チャンスも作っていたし、なんかやってくれそうな雰囲気を持った選手でした。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66579/3943776

この記事へのトラックバック一覧です: 《S-PULSE 2005》 J1第9節 大宮アルディージャ戦:

» 050501 VS大宮(日本平)エスパルス2勝目! [はやさん冒険の書(清水エスパルス観戦記)]
闘ってきました大宮戦。いやぁ〜久々の日本平14,118人。俺達も7人で参戦。いつもより多いです。そういう少しずつの人数の増加が、14,118人につながったのでしょう。ジェジンもヒーローインタビューで、「私が入団して、こんなに多くのお客さんが入ったのは、初めてです。」... [続きを読む]

« 《S-PULSE 2005》 J1第9節 大宮戦終了 | トップページ | 《ひとりごと》 5月3日、日帰りで名古屋へ »

Recommends


  • You need to upgrade your Flash Player.

LINK

エスパルス日程


2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

COUNT

エスパole!


エスパトラバ


ドラゴンズTB


Hockey TB


ついったー


無料ブログはココログ