« 《S-PULSE》 ナビスコ杯準々決勝、AWAYは8・14、埼玉。 | トップページ | 《S-PULSE》 PSM磐田戦終了 »

《ICE HOCKEY》 チームは増えず。~前途多難なアジアリーグ

これから本格的な夏を迎えるというのに、アイスホッケーの話題で恐縮です。

以前、アジアリーグ・アイスホッケーのゴールデンアムールが撤退という記事を書きました。

その時に、

一応、韓国版コクドみたいな会社が興味を示しているようだが、
現状、ハルラ1チームしかトップチームのない韓国で、
もう1チーム作ったところで、どの程度のレベルになるかは正直、未知数。

と、書きましたが、結局、今シーズンの加盟を見送ったようです。

理由は、やはり懸念していたとおりで、

加盟申請辞退の理由は、アジアリーグが昨年の反省を踏まえファンに
魅力のある白熱したリーグ展開を繰り広げることを目標にしていく中で、
カンウォンランドチームは戦力的にアジアリーグ加盟チームより劣り、
また選手補強計画の目処が立っていないため

とのことです。

一応、リーグとしては折角の動きなので、戦力面などが整備されたら来シーズンからの申請を受け入れるという文書を送るようです。

いずれにせよ、これで、05-06シーズンに関しては

8から7が、また8に戻ることは期待薄となったことに間違いはなく、
06-07シーズンを迎えられたとして、はたして7がそのまま7なのか、
それとも、またどこか減っているのかは判りません。

いずれにせよ、秋に始まるであろう05-06シーズンの運営をうまくしないと、
アジアリーグの存続そのものが危ぶまれる事態に陥ってしまう恐れもあり、
今後の動きを注視したいところです。

« 《S-PULSE》 ナビスコ杯準々決勝、AWAYは8・14、埼玉。 | トップページ | 《S-PULSE》 PSM磐田戦終了 »

アイスホッケー」カテゴリの記事

コメント

マサトさん、こんばんは。
チチハルは、ねぇ…。

戦力的にはやっぱり一番低いんでしょうが、アジアリーグ成功のためには中国はやはり2チームというか…、それ相応に人口があるというか…。多国間リーグの難しいところです。

こういうときに日本のチームを増やせればいいんでしょうが、冬場しかできない、しかも東日本中心、一番盛んな北海道は不況から脱することができないという状況では厳しいでしょうね。

えすふりーくさん、こんばんわ。
アジアリーグはやはり7チームになりそうです。カンウォンランドの加入見送りは戦力面らしいですが、それならチチハルはどうなんだと言いたくはなります。たしかにハルラ=韓国代表なので、カンウォンにはろくな選手はいないでしょうけど・・
日ア連には日本のチームを増やすよう努力してほしいです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66579/4693271

この記事へのトラックバック一覧です: 《ICE HOCKEY》 チームは増えず。~前途多難なアジアリーグ:

« 《S-PULSE》 ナビスコ杯準々決勝、AWAYは8・14、埼玉。 | トップページ | 《S-PULSE》 PSM磐田戦終了 »

Recommends


  • You need to upgrade your Flash Player.

LINK

エスパルス日程


2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

COUNT

エスパole!


エスパトラバ


ドラゴンズTB


Hockey TB


ついったー


無料ブログはココログ