« 《S-PULSE》 8/14埼スタで… | トップページ | 《ひとりごと》 今週末は、エコパ&浜松 »

《ICE HOCKEY》 アジアリーグ05-06、チーム数は「9」

相変わらず、アジアリーグのHPの更新が遅いようなので、先にアップします。

アジア・リーグ、来季は9チームで開催 日刊スポーツ

ゴールデンアムールの脱退で、
チーム数が7と奇数になってしまったアジアリーグアイスホッケー(以下、AL)。

一時期、韓国・カンウォンランドが参入かと騒がれたものの、
リーグレベルに見合った選手補強ができず、見送りとなり、
7のままでシーズンを迎えるかに見えたのですが…。

いきなり、2チーム増ですって。

どんなマジックを起こしたのかっておもったら…

 

なんだか、「なんでもアリ」みたいなことが起こってしまいました。

参加1チーム目は、韓国から。

 

 

カンウォンランド。

ん? カンウォンランド?

…たしか、リーグレベルに必要な選手獲得ができずに今シーズンは辞退となったはず。
それがなぜ?と思うのが、当然。

マジックが起こった理由は、HOCKEY WORLDのBBSにALのプレスリリースがアップされているのでそちらをご覧いただきたい。

つまり、レベルを維持するのに必要な外国籍選手の獲得ができたことで、
それら外国籍選手と廃部となったチームの選手、兵役から復員した選手で
チームを構成するめどがたったから。

情勢が一転したと好意的に見てあげたほうがよいようだが、
ほんとにレベルが維持できるのか、少し心配。
なにせ、「寄せ集め」感は否めないからね。

で、もう一チームは、中国から。

ノルディックバイキングス。

こちらは、まさに「荒業」。

中国で、ノルディック…。「なぜ、北欧?」と思うはず。

理由は、ノルディックバイキングスの運営会社は北欧スウェーデンの会社。
その、スウェーデンの会社が、中国・北京にチームを作ってしまったということ。

でも、選手構成はやっぱり中国人主体かと思えば、北欧の若手主体らしい。
しかも、北欧の選手がわざわざ北京の大学に留学して所属するらしい。

まさに、ミラクル。

ただ、それでは、中国のレベル向上につながらないと見たのか、
ハルビン・チチハルから6名が交換留学生として所属するらしい。

 

まぁ、何はともあれ、チームが増えました。

7チームが9チームに。

やっぱり奇数。ってことは、どこかは必ずお休みか…。

日程調整でAL各国オフィスが苦労しそうだな。
9月末の開幕を考えると、非常にタイトなスケジュールだな…。

がんばれ、ALスタッフ。

« 《S-PULSE》 8/14埼スタで… | トップページ | 《ひとりごと》 今週末は、エコパ&浜松 »

アイスホッケー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66579/5086624

この記事へのトラックバック一覧です: 《ICE HOCKEY》 アジアリーグ05-06、チーム数は「9」:

« 《S-PULSE》 8/14埼スタで… | トップページ | 《ひとりごと》 今週末は、エコパ&浜松 »

Recommends


  • You need to upgrade your Flash Player.

LINK

エスパルス日程


2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

COUNT

エスパole!


エスパトラバ


ドラゴンズTB


Hockey TB


ついったー


無料ブログはココログ