« 《DRAGONS》 終戦…。 | トップページ | 《S-PULSE》 G大阪戦を前に… »

《プロ野球・楽天》 97敗は、当然の帰結。

すこし時間が経った話題ですが、やはり触れておこうかと思います。

楽天が田尾監督を解任、成績不振理由に 日刊スポーツ

 

新球団・東北楽天ゴールデンイーグルスの1stシーズンは、

38勝97敗1分 首位から51.5ゲーム差の最下位。

まぁ、誰かが責任を取らなければいけないのではあるのだろうけど。

きっと、楽天という「会社」の「プロ野球プロジェクト」としてみた場合、
あきらかに「失敗」と言わざるをえない成績と判断したのだろうけど。

 

でもね、スポーツって、ビジネスの論理や成功体験が通用するような世界じゃない。

おまけに、04年の5位と6位のチームから「プロテクトされなかった」選手を
ベースにしており、はじめから「ハンデ戦」だったわけで。

補強と言っても、たいした外国人を連れてくるわけでもなく、
しかも、その外国人も、年俸相当の「使えない」選手だったわけで。

正直、97敗の半分以上は、フロントの責任。

球団経営は黒字だったようだが、
今年は、「初年度」「ものめずらしさ」「ご祝儀」の要素が大きいわけで、
負けが込むようなチームは、そのうち飽きられるのが関の山だと思われ。

だから、楽天野球団がすべきは、
ファンの獲得のために必要な、魅力あるチーム作りだろう。

でも、一足飛びに強くなるもんじゃない。

だからこそ、今は、とにかく辛抱してでも、
チームが体をなすように、現場を最大限バックアップするべき時。
つまり、フロントが「野球を、チームを信じている」という姿勢を示すことが大事。

ところが、球団社長は、野球のことよりも、どこそこの社長さんと会食したとか
球団HPに「つぶやき」とかって書いているありさま。

 

経営のお話なら、どうぞ、よそでやってくださいまし。
島田社長。

まぁ、ヴィッセルを見ていれば、遅かれ早かれこうなるとは思っていたのではあるけれど。

とにかく、結果ばかりを求めすぎ。
それじゃ、安定的に強さを発揮するチーム作りはできませんよ。
三木谷オーナー。

 

 

後任は、ノムさん?か。

まぁ、ベテランの再生はできるかもしれないが、
はたして、本当に強いチームができるのか?

ノムさんが辞めた後、じりじりと順位を下げるヤクルトを見るにつけ、非常に心配だな。

« 《DRAGONS》 終戦…。 | トップページ | 《S-PULSE》 G大阪戦を前に… »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

野球」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66579/6178001

この記事へのトラックバック一覧です: 《プロ野球・楽天》 97敗は、当然の帰結。:

« 《DRAGONS》 終戦…。 | トップページ | 《S-PULSE》 G大阪戦を前に… »

Recommends


  • You need to upgrade your Flash Player.

LINK

エスパルス日程


2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

COUNT

エスパole!


エスパトラバ


ドラゴンズTB


Hockey TB


ついったー


無料ブログはココログ