« 《S-PULSE》 名古屋戦@豊スタ 試合終了 | トップページ | 「ほたるの墓」は、「昔話」ではない。 »

《S-PULSE》 J1 第29節 名古屋対清水


苦境に新星現われ、貴重な勝ち点3。

■Jリーグ ディビジョン1 第29節
@豊田スタジアム

名古屋グランパスエイト 12 清水エスパルス

得点:
前半08分 青山
前半37分 マルキーニョス

後半21分 角田

さきほど帰京しました。
まぁ日帰りでもよかったのですが、
みそカツとか、あんかけスパとか、味噌煮込みうどんとか
いわゆる名古屋グルメに舌鼓を打ちたくてね…。
1泊してきました。

さて、試合ですが、

まず、新星・青山が斎藤の不在による不安を払拭するほどのすばらしい出来でした。
先制ゴールもさることながら、本職である守備でも、遜色のない堂々としたものでした。

次節・横浜戦@日本平も俊秀が出場停止。
ドラゴンが復帰しいきあがる横浜を封じることができれば、
一気にポジション奪取もありか。

それから、同じくルーキーの枝村
1点目のクリアボールの折り返し(結果的にアシスト)、
その後の思い切ったシュート(枠は外れたけど)。
清水の前半の素晴らしい試合内容は、彼の頑張りによるところが大きかったですね。

(あいかわらず、後半になると別の顔が出てくるのはなんとかならんか>エスパルス。)

浩太といい、枝村といい、中央に楽しみな選手が出てきた。
ケガでしょうがないとはいえ、これでテルも安閑とはしていられないな。

すっかりコーナーキックやフリーキックを任されるようになった兵働といい、
今年のルーキーたちは、本当に来季以降が楽しみ。

…だからこそ、彼らが来シーズン、同じステージで試合ができるようにするためにも、
そして、この日の勝利をさらに価値あるものにするためにも、
絶対にJ1に残留せよ。

 

 

それから、気になったこと。

失点シーンは、まぁああなってしまってはどうしようもないと言うか…。

それよりも、↑でも書いたけど、後半になった途端、押されっぱなしになるってのは
やはりよくない。

後半持ちこたえられないのは今シーズンに限らないのだが、
とくに今シーズンは「勝ちきれない」ために落とした勝ち点が多すぎる。

本当にもったいない。

試合の入り方、失った流れの取り戻し方、いい加減、しっかりしてほしい。

それからジェジン。
すっかりゴールからご無沙汰になってしまった感がある。

数少ないチャンスを拡げるために、一生懸命ポストプレーだの
前線のターゲットだのしてくれているのは、ほんとうに頭が下がる。

でも、やっぱりエースFWなんだから、しっかり決めるところは決めよう。
ゴールの感覚を思い出すためにも、まずは1ゴール、決めてくれ。

それから、5試合ぶりの勝利はうれしいが、残留は、まだ決まってはいない。

次はFマリノス戦。

今のFマリノスは、ここ数年のFマリノスほどの強さは感じない。
この日のルーキー達が見せた思い切りの良さをチーム全体で前面に押し出し、
ホーム日本平で、残留に向けた大きな一歩となる勝ち点3を、
そして、2003年シーズン以来のリーグ戦での連勝を掴み取れ!

 

さて、トヨタ豊田スタジアム、初見参となったわけですが…。

いやぁ、素晴らしいスタジアムですよ。
スタジアムそのものは。
埼スタなんかより、よっぽど見やすいし、
雨が降っても、可動式の屋根がスタジアム全体を覆って(しかもアウェイ側まで)、
まったく濡れる心配なし。
おまけに、ビッグアイや札幌ドームのように風が通らないってことがないから
いやぁな蒸し暑さも感じない。
最寄り駅からも歩いていけるしね…。

でもね、三河平野の北端に、忽然と現われる
周囲の風景とはまったくそぐわない建造物を見るにつけ、
トヨタさんってすごいけど、実際はドメスティックな企業だなぁ」と思いましたね。

自動車産業の企業城下町、豊田。
もともとは、挙母(ころも)と言っていたのが、
トヨタの本社と主要工場があるということで、地名までが変わり、
そこに、自動車産業の富の象徴かのように、巨大な建造物を造る。
いやはや、なんというか…。

それと、メインスタンドが城壁のようにそびえるせいか、
メインスタンド側の芝生は、そうとう痛んでいるみたいだし…。
相性もあんまりよくないらしいですね。「ホーム」なのに。

はっきり言って、あそこはホーム…じゃないでしょ。>名古屋さん。
なにせ、「聖地・瑞穂」なんて横断幕がさりげなく出てましたからね…。

まぁ、動員が13,000人強でしたか…。
行きの鶴舞線ルート、帰りの名鉄三河線&名古屋本線ルート、
いずれにせよ名古屋から(まで)が遠い…。
いくら車文化だからって、トヨタの社員でもなければなかなか厳しいよな…。

個人的には、もう、いいっすよ。豊田スタジアムは。
瑞穂に戻してくださいませ。

« 《S-PULSE》 名古屋戦@豊スタ 試合終了 | トップページ | 「ほたるの墓」は、「昔話」ではない。 »

エスパルス」カテゴリの記事

サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66579/6765829

この記事へのトラックバック一覧です: 《S-PULSE》 J1 第29節 名古屋対清水:

» 体に悪い… [はやさん冒険の書(エスパルス観戦記)]
耐え抜いた結果 名古屋1-2清水。 やはり発動、別のチーム。守りに時間を費す。 明らかに名古屋ペース。無理やり押し込まれ失点。ヒヤヒヤもんの試合になってしまった。 でも、よかった。この言葉しか思い付きません。 青山、体張ったディフェンスgood!初先発&....... [続きを読む]

« 《S-PULSE》 名古屋戦@豊スタ 試合終了 | トップページ | 「ほたるの墓」は、「昔話」ではない。 »

Recommends


  • You need to upgrade your Flash Player.

LINK

エスパルス日程


2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

COUNT

エスパole!


エスパトラバ


ドラゴンズTB


Hockey TB


ついったー


無料ブログはココログ