« 《S-PULSE》 柏戦 終了 | トップページ | 《S-PULSE》 神戸戦に向けあらためて…。 »

《S-PULSE》 J1 第31節 柏対清水


まず1つ勝った。でも、まだ何も決まってはいない。次も大事。

■Jリーグ ディビジョン1 第31節 @柏サッカー場

柏レイソル 12 清水エスパルス

得点:
前半00分 レイナウド
後半31分 マルキーニョス(PK)
後半44分 チェ テウク

開始わずか15秒。
右からのグラウンダーがゴール正面のレイナウドの足元へ。
DF2人が対応するも、身体を反転されてシュートを打たれてしまい、失点。

なんか、うまく試合に入ることができないままって感じで
その後10分くらいはレイソルに攻められっぱなし。
いやはや、どうなることかと心配しながらも、
まだたっぷり時間はあるとも思ったりして。

ゲームの主導権が決定的に入れ替わったのは
明神の負傷による交代かな…とも。
なんだかんだ言ったって、やっぱり明神は相手にとっていやな選手だもの。
まぁ、もっとも10分すぎからは、ようやく目を覚ましたのか
清水が主導権を奪い返してはいたのだけれど、
そんな中で、明神がいなくなったというのは、
こういっては失礼だが、流れが変わるのを確信するには十分な出来事でした。

ただ、そうは言っても、攻めても攻めても点が入らないのは
やはり15位に低迷している最大の理由でね…。
あんだけ、チャンスあったら1点は取ってもらわないと。

そんなこんなで前半が終わり、で、後半。

あいも変わらず攻める清水、守る柏の構図は変わらず。
もっとも一方的と言えるほどではなかったし、危ないシーンもあるにはあったが、
青山、斉藤、山西が冷静に、時には身体を張って対処。

そんな頑張りが身を結んだのが30分。
反対側のゴール前ゆえ何かよくわからなったが、
コーナーキックの際にレイソルにファウルがあってPK。

健太監督はジェジンに蹴らせるように言っていたらしいが、
ジェジンとマルキーニョスが話をして、マルキーニョスが蹴ることに。
マルキーニョスは左に飛んだ南の逆をついて冷静に決めて1-1。同点。

直後、清水ゴール前でのセットプレーのあと、
こちらは、ごちゃっとしすぎてよく判らなかったが兵働が倒れている。
清水公式によれば、クレーベルが兵働に肘打ち。
クレーベル一発退場で、清水が数的優位に。

なおも攻める清水だったが、時間も刻々と過ぎて行き
「勝ち点1を分け合うか」と思われた44分、
ロングボールが柏ゴール前へ、遠くてよく判らないが誰かが競って、ボールがこぼれる。
左(TVでみたら後ろだったね。)から上がってきた選手が蹴った。
…決まった(ようだ。なにせ判らん。逆サイドは。)

逆転とわかるまでに一瞬の間があったのは事実。
でも、誰かが柏ゴールライン上を疾走し、後ろから来た選手にもみくちゃにされている。

89分。2-1。

決めたのは敬虔なクリスチャン、チェ テウク。
そう、柏ゴールライン上を疾走していたのは、神に祈りを捧げるため。

しばらくのロスタイムの後、主審・上川のホイッスルが鳴り試合終了。

勝ち点1差の眼下の敵、柏レイソルを突き放し、
入替戦回避も含めた「J1残留」へ大きく前進した。

まず、選手・スタッフのみなさん。
勝ち点3、よくぞ掴み取ってくれました。
次も宜しくお願いします。

それから、残留の寄せ書き横断幕を作って、ビラ配りまでして
「選手に想いを届けよう」としたサポーター有志の皆さん。
もうちょっとです。
あと、もう少し、お互いに頑張りましょう。

 

 

で、この試合、「勝ちたいという気持ちの強さで勝った」
と言えば、確かにそうかもしれない。

でも、それで勝てるほど甘くはないし、
そんな気持ちがあるなら、2年連続で残留争いなんてしたりはしない。

今日は勝った。
でも、まだ、残留が決まったわけでも、
入替戦回避が決まったわけでもない。

次の神戸戦。
次も勝ってこそ、今日の勝利が意味を持ってくる。
入替戦回避も含めたJ1残留を確定させるためにも、
2年間リーグ戦連勝なしの恥ずかしい状況を打破するためにも、神戸に勝利せよ。

柏に勝ったからといって侮るなかれ。
神戸がJ2降格が決まったからと言って甘く見てはいけない。

敵は、もう失い物はない。
窮鼠猫をかむの言葉ではないが、ある意味怖いものなしの状況だ。

そんなチームに勝つ強いハートを見せてくれ。

« 《S-PULSE》 柏戦 終了 | トップページ | 《S-PULSE》 神戸戦に向けあらためて…。 »

エスパルス」カテゴリの記事

サッカー」カテゴリの記事

コメント

マサトさん、こんばんは。
お久しぶりです。

>柏に負けていたら、
>清水VS甲府の最悪な入れ替え戦が現実味>を帯びていただけに、勝ってホッとしました。

まったくです。
甲府以上に、仙台だったらまず勝てる気がしないと言うか…。
次の神戸戦、心を鬼にする覚悟で臨んでもらいたいものです。

えすふりーくさん、こんばんわ。
お久しぶりマサトです。
清水はようやくトンネルの出口が見えてきました。柏に負けていたら、
清水VS甲府の最悪な入れ替え戦が現実味を帯びていただけに、勝ってホッとしました。
次は神戸ですが慢心は禁物。気合を入れて臨んでほしいです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66579/7242486

この記事へのトラックバック一覧です: 《S-PULSE》 J1 第31節 柏対清水:

» NAMI [足跡残しマフ]
恋に恋するNAMIの日記つまらないかも(ワラ [続きを読む]

« 《S-PULSE》 柏戦 終了 | トップページ | 《S-PULSE》 神戸戦に向けあらためて…。 »

Recommends


  • You need to upgrade your Flash Player.

LINK

エスパルス日程


2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

COUNT

エスパole!


エスパトラバ


ドラゴンズTB


Hockey TB


ついったー


無料ブログはココログ