« J1第30節 横浜戦 試合終了 | トップページ | 《業務連絡》 笠松へ »

《S-PULSE》 J1 第30節 清水対横浜Fマ

日曜は笠松に行くので、手短に…。


「PKすら決められない。」それで生き残れるほど甘くはない。

■Jリーグ ディビジョン1 第30節 @日本平スタジアム

清水エスパルス 01 横浜Fマリノス

得点:
後半17分 グラウ

なんだろう。
勝ち点0で終わってはいけない試合を、勝ち点0で終えてしまった。
といえば的確だろうか…。

結果から言えば、圧され気味だった横浜・岡田監督が
現在の状況を的確に判断し、坂田に比べて広い範囲をカバーし
得点機を創出することのできるグラウを投入し、
それがはまったと言うことなんだろうが…。

試合内容から言えば、得点はあったかは判らないが
少なくとも勝ち点1は獲れる試合内容であったと思うし、
実際、リードされた後半、PKのチャンスも得た。

にも関わらず敗れたと言うのは、結果だけが必要な残留争いを戦う上で
あまりにも痛すぎる。

正直言うと、この試合を制することができなかったのは、
右サイドの攻防で完敗だったこともあると思う。

太田を下げてテウクを投入してみたが、テウクもそれほどパッとしなかったし、
おまけに前半からそうだったが、市川のクロスも拙い。
しかも、やたらとタッチライン際へ逃げていってしまう…。
市川に関して言えば、守備についてもいいところなしだし、
正直、この試合に関しては計算できないという印象。

おまけに、杉山浩太の長期離脱、山本真希のケガ、
斉藤が2試合出場停止で高さ対策のために和道がCBに入る状況。
そのためハムストリング筋の肉離れあがりの伊東テルが出場する緊急事態。

2年連続のJ王者の横浜、やはりウィークポイントは突いてくる。
結局ゴール前中央から、左(清水から見て右)にはたかれ、
グラウンダーのクロスから失点…。

せっかくもらったPKも、当の本人が、極度のスランプのせいか、
普段はやりもしないフェイントをかけて(策におぼれて)、左に大きく外すありさま。

マルキーニョスがマークされた時どうするのか
個人としてもそうだが、チームとしてもどう対応するのかを整理しないと
同じ状況は続くと思う。

しかし、残された時間はあまりにも短い。

 

15位大宮が勝利したため、順位を一つ下げて15位に落ちた清水。
次の対戦相手は、勝ち点差1しか離れていない16位柏。

昨年に続いて柏との一戦が大一番になってしまった。

しかも前回と違うのは、アウェイ柏サッカー場。
最後の最後で値千金の勝ち越し弾を決めた康平も不在。

12月7日、10日とプラスアルファを戦うのはごめんこうむりたい。

自らの力で、眼下の敵を叩き落せ。

We'll Survive!

« J1第30節 横浜戦 試合終了 | トップページ | 《業務連絡》 笠松へ »

エスパルス」カテゴリの記事

サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66579/7071550

この記事へのトラックバック一覧です: 《S-PULSE》 J1 第30節 清水対横浜Fマ:

« J1第30節 横浜戦 試合終了 | トップページ | 《業務連絡》 笠松へ »

Recommends


  • You need to upgrade your Flash Player.

LINK

エスパルス日程


2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

COUNT

エスパole!


エスパトラバ


ドラゴンズTB


Hockey TB


ついったー


無料ブログはココログ