« 《J-LEAGUE》 J1 最終節 | トップページ | 《S-PULSE》 往く人、来る人(1) »

《vfk》 ヴァンフォーレ、入替戦へ。

今日は、自宅でスカパーの京都-甲府戦を見てました。

■Jリーグ ディビジョン2 第44節 @西京極陸上競技場兼球技場

京都パープルサンガ 12 ヴァンフォーレ甲府

得点
前半09分 田原
前半40分 長谷川
後半35分 アライール

2-1とリードしたロスタイムも最後の最後、
杉山が京都・小原をペナルティエリアぎりぎりで倒してしまい、
赤紙をもらってしまったところから、もう、見てられませんでした。

 

 

PKか、それともFKか騒然とする中、
辺見主審が示したスポットはゴール正面、ペナルティエリアわずかに外。
…フリーキック。

さらに、主審に抗議した阿部と、壁の位置で小競り合いをした秋元にイエローが出され、
一方、京都の田原は副審にPKではなかったのかと詰め寄り、
西京極は異様な雰囲気のまま、予定されていた3分のロスタイムを越していく。

ロスタイムが6分を過ぎた頃、ようやくフリーキックに移る。
なおも、騒然としている。
ここで同点に追いつかれては、入替戦の可能性が消えるヴァンフォーレ
逆サイドのゴール裏に集った甲府サポーター、
そして退場となってしまった杉山が号泣しながら祈る中、
鈴木悟が放ったフリーキックは、甲高い音を残してポストにあたる。

同点ゴールならず。

しばらくした後、辺見主審の長いホイッスルが夕方の西京極の空に響く。

試合終了。

まだ、博多の森の結果を知らない甲府の選手に、ベンチから示されたサインは「○」。

アビスパ福岡 1-1 ベガルタ仙台

逆転で、3位でシーズン終了。入替戦出場が決まった。

西京極の北サイドスタンドに歓喜が拡がる。

数年前、存続すら危ぶまれたヴァンフォーレが、
ついに、J1昇格を狙うチャンスを得るところまできたのだから。

あと2試合、7日の小瀬、10日の日立台で、2006シーズンの立ち位置が決まる。

この日の警告と退場で、
山本英臣、アライール、杉山新が7日の第1戦に出場できない。

大木監督の手腕が問われる。
サポーターの後押しも必要だ。

J1昇格の願いは叶うのか?
最後の正念場は、もう目前だ。

« 《J-LEAGUE》 J1 最終節 | トップページ | 《S-PULSE》 往く人、来る人(1) »

サッカー」カテゴリの記事

ヴァンフォーレ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66579/7447160

この記事へのトラックバック一覧です: 《vfk》 ヴァンフォーレ、入替戦へ。:

« 《J-LEAGUE》 J1 最終節 | トップページ | 《S-PULSE》 往く人、来る人(1) »

Recommends


  • You need to upgrade your Flash Player.

LINK

エスパルス日程


2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

COUNT

エスパole!


エスパトラバ


ドラゴンズTB


Hockey TB


ついったー


無料ブログはココログ