« 《S-PULSE & ventforet》 小瀬、札止め。 | トップページ | 《ひとりごと》 いざ、小瀬へ。 »

屋久島・鹿児島放浪記 第3夜(最終夜)

若干、引っ張りすぎと言う意見もチラホラ聞かれる
「屋久島・鹿児島放浪記」も、ようやく最終夜でございます。

いよいよ島を離れる4日目。
船に乗るまでという、いわゆる「ケツカッチン」な状況で
白谷雲水峡のエコツアーに参加するところから、今夜はスタートです。

IMGP0202
屋久島の朝日

 

午前8時、宿をチェックアウトして、今回案内してくださるガイドの方と合流し
レクチャーを受けた後、白谷雲水峡に到着。

少し涼しいものの、すごしやすい天候。
沢沿いに、森を歩くにはちょうどよい状況。

白谷雲水峡は、標高800m前後ということもあり、
入り口付近は照葉樹林を、そして奥になると屋久杉の森を見ることができます。

IMGP0205
歩き始めてすぐに現われる「飛竜落とし

しばらくは、道も整備されてますが、途中のつり橋からすぐ登山道にかわります。
重装備をする必要はないですが、足元はしっかり準備したほうがよいですね。

IMGP0209
切り株の上から新しい命が…

IMGP0211
途中何箇所かの沢を渡ります。
(苔むしているので、滑らないよう注意したい。)

IMGP0219
かなりボケちゃいましたが、くぐり杉と筆者です。

白谷小屋を過ぎて、しばらく行くと、一面、苔むした「もののけ姫の森」に出ます。
宮崎駿監督が、映画を作るにあたりモデルにしたと言う森です。

IMGP0224
もののけ姫の森

もののけ姫の森から先に行くこともできますが、今回はここで折り返し。

このあと、七本杉、三本槍杉、三本足杉、二代大杉を通り、
入り口へ戻ると午後3時。

IMGP0251
七本杉(上部が七つに分かれている…)
IMGP0254
ヤクシカが2頭現われました。
IMGP0269
こちらは、三本槍杉
IMGP0272
三本足杉。根が三方に分かれているためそう呼ばれる。
IMGP0275
こちらは、二代大杉
看板の後ろに見える、今は形だけの初代の上に二代目がまたがっている。

ガイドの方に港まで送っていただき、無事トッピーに乗船。
3時間の船旅を楽しみ、鹿児島市内に投宿。

IMGP0293
宿から、桜島に昇る朝日を見る。

最終日は、鹿児島市内を散策。

IMGP0305
西郷さん。鹿児島のは、軍服姿。
IMGP0310
私学校跡。今は国立病院。

午後3時過ぎに鹿児島市内を離れ、空港へ。

空港で、最後の土産「白くま」を買う予定も、

     空港での販売は、冬季は実施してません。

…とのことで、白くまは次回にリベンジとなったが、
5日間の放浪は、非常に有意義な経験となりました。

« 《S-PULSE & ventforet》 小瀬、札止め。 | トップページ | 《ひとりごと》 いざ、小瀬へ。 »

えす☆漫遊記」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66579/48656578

この記事へのトラックバック一覧です: 屋久島・鹿児島放浪記 第3夜(最終夜):

« 《S-PULSE & ventforet》 小瀬、札止め。 | トップページ | 《ひとりごと》 いざ、小瀬へ。 »

Recommends


  • You need to upgrade your Flash Player.

LINK

エスパルス日程


2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

COUNT

エスパole!


エスパトラバ


ドラゴンズTB


Hockey TB


ついったー


無料ブログはココログ