« 《ひとりごと》 味スタ、欠席。 | トップページ | 「東京タワー」 »

《プロ野球》 奈落からの生還。 ~WBC日本代表

こんばんは。

韓国に敗れた時点で、
「準決勝進出は、ほぼ絶望」と判断し、昨日の記事となりました。

まさか、アメリカがメキシコに敗れようとは思いませんでした。

何が起こるかわかりませんね。

◆World Baseball Classic = 2nd Round =
United States of America 1-2 Mexico

日本が準決勝に進むためには、
アメリカが8回2失点以上で負ける必要がありました。

ここで難しいのが、失点率というものです。
※失点率=総失点数÷総守備イニング数

野球の場合、後攻のチームがリードして先攻のチームの9回表の攻撃を終えたとき
後攻のチームの9回裏の攻撃は行なわれないため、
各チームの守備イニング数というのが異なってきます。

この日のアメリカ対メキシコ戦の先攻はアメリカ。

つまり、8回を終えてメキシコがリードして、そのまま試合が終了した場合の
アメリカの守備回数は8。

アメリカがこの試合で2失点して、そのまま敗れた場合、
3試合トータルの失点率が日本の3試合トータルの失点率より悪くなります。

一方で、同じ2失点でも
アメリカが9回裏1死または2死で0-2、1-2などでサヨナラ負けした場合では
分母となるイニング数の関係で、日本の出場は微妙となると言う状況だったのです。

まして、すでに2次リーグ敗退が濃厚だったメキシコが相手だけに
やはり日本の準決勝進出は厳しいかなというのが正直なところでした。

それが、またも「あの」ボブ・デービットソンが誤審を犯したにもかかわらず
そこから発奮して、メキシコが勝利したのですから、
夕刊タブロイド紙ではないですが、「奇跡」と呼ばずしてなんといいましょうか。
(誰に向かって言っているんだ>自分)

とにもかくにも、まさに「紙一重」の差で準決勝に進出したWBC日本代表。

準決勝では、三度、韓国との対戦です。

「同じ相手に3回敗れることは許されない」

そう、イチローは言ったそうですが、
今度こそ韓国に勝利して、決勝に進んでもらいたいものです。

きっと、「何か」を持っているはずです。

そうでなきゃ、こんな奇跡は起こりえません。

プラス思考でまいりましょう。WBC日本代表!

« 《ひとりごと》 味スタ、欠席。 | トップページ | 「東京タワー」 »

野球」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66579/9138422

この記事へのトラックバック一覧です: 《プロ野球》 奈落からの生還。 ~WBC日本代表:

« 《ひとりごと》 味スタ、欠席。 | トップページ | 「東京タワー」 »

Recommends


  • You need to upgrade your Flash Player.

LINK

エスパルス日程


2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

COUNT

エスパole!


エスパトラバ


ドラゴンズTB


Hockey TB


ついったー


無料ブログはココログ