« 《DRAGONS》 対ヤクルト 1回戦 | トップページ | MXテレビのどうでしょうClassicは、ヨーロッパ第3夜 »

《プロ野球》 ズレータ出場停止10試合を考える

日曜日に福岡で行なわれたホークス対ファイターズ戦で、6回、
ホークスの主軸、ズレータがファイターズ金村の死球に激昂。

マウンドに駆けていって、金村を引き倒し暴力行為を働いたズレータ
当然、そのまま退場。

そして、今日、パ・リーグから処分が下った。

10試合の出場停止。罰金30万円。

スポーツニュースで見る限り、タイムをとりあうなどかけひきがあった後の
死球だったようで、ズレータは相当イライラしていたのだとは思う。

そして、死球。
あたった場所がどこであろうと、こういう選手の性分を考えれば
その後の行動は火を見るより明らかだ。

そして、処分。これも当然だ。

10試合の出場停止が重いか軽いか、それは個人によって受け取り方も違うだろう。

正直、筆者の個人的な印象としては「重すぎると言うことはない」というところだ。

過去にも、このような暴力行為があり、
昨年、ドラゴンズも、T・ウッズがヤクルト・藤井への暴力行為で
10試合の出場停止、罰金50万円を受けるなどしているケースなどを考えると、
単独の事項に対する処分としては重い部類に入るほうだと思う。

が、これで6回目の退場だという。
03年の途中から加入なので、3年足らずで6回の退場。
(あまりにも多すぎる。)

それを考慮して連盟としては10試合としたようだが、
暴力行為を受けた金村が登録抹消で10日間一軍のマウンドに上がれないこと、
過去にも、暴力行為や侮辱行為で出場停止・制裁金という処分を
受けていることを考えると、もう少し厳しい処分が出ても、文句はいえないと思う。

◆ズレータ過去の退場劇
’04/03/29 西武・張投手への威嚇行為
’04/08/03 判定を不服として審判へ暴言
→2試合出場停止。制裁金10万円。
’04/09/08 ロッテ・セラフィニの暴投に激高。もみ合いの末、暴力行為
→1試合出場停止。制裁金10万円。
’05/05/05 判定を不服として審判への侮辱行為
’05/07/18 判定を不服として審判への侮辱行為
→制裁金10万円。

球団としての処分もないのが気になる。

同じ選手が似たような行為で退場を繰り返す。
選手の管理がなってないと言われても仕方がないだろう。

選手個人だけでなく、球団も「襟を正す」必要があるのではないだろうか。

« 《DRAGONS》 対ヤクルト 1回戦 | トップページ | MXテレビのどうでしょうClassicは、ヨーロッパ第3夜 »

野球」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66579/9642904

この記事へのトラックバック一覧です: 《プロ野球》 ズレータ出場停止10試合を考える:

« 《DRAGONS》 対ヤクルト 1回戦 | トップページ | MXテレビのどうでしょうClassicは、ヨーロッパ第3夜 »

Recommends


  • You need to upgrade your Flash Player.

LINK

エスパルス日程


2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

COUNT

エスパole!


エスパトラバ


ドラゴンズTB


Hockey TB


ついったー


無料ブログはココログ