« 《S-PULSE》 第10節 川崎戦 試合終了 | トップページ | 《DRAGONS》 対讀賣 6回戦 »

《DRAGONS》 対讀賣 5回戦

NPB CENTRAL LEAGUE
v. GIANTS Game 5

DRAGONS 1 0 0 0 2 0 2 0 0 =
5
GIANTS 0 0 0 0 1 0 0 0 0 =
1

勝: 山本昌 2勝1敗
敗: 内海 3勝1敗
S: 岩瀬 1敗8S
本: アレックス5号

5-1とリードしながら終盤にバタバタした挙句、岩瀬まで投入する試合展開。

まぁ、最後に点を取られるよりは、
岩瀬を投入してでも気分よく昨日のリベンジを果たしたいところだし、
登板間隔があまり空いても、というところもあるだろうしね。

ゲームは1回表、1死1、3塁と讀賣先発の内海を攻めると
ここで内海がワイルドピッチで自滅し中日が先制したものの
追加点を奪えず、逆に4回に二岡のタイムリーで同点とされる。

よく、こういうゲームの時は、「次の1点を取ったほうが…」というが、
追いつかれた次の回、5回表に中日が勝ち越す。

2アウトながらランナー3塁とチャンスで4番ウッズが
レフトフェンス直撃のタイムリーヒットを放ち2-1と勝ち越すと
アレックス、ヒットの後、立浪がライト線を破るタイムリーで3-1。

7回には2アウト1塁からアレックスが
この回から登板の讀賣2番手久保の外角高めの変化球を強振。
打った瞬間「行った!」とテレビを見ていても思った打球は
ドラゴンズファンの待つレフトスタンドに突き刺さり、5-1。

普通はこれでダメ押しなのだが、
9回ばたついて3番手岩瀬を投入して、逃げ切りに成功。

これで、締めがしっかりしていれば、安心して見られるのだが、
とりあえず讀賣戦の連敗を3で止めた。

だいぶ、ウッズ、荒木が調子を取り戻してきただけに
あとは井端の調子が上がってくればというところか。

それはさておき、東京ドームの讀賣の主催ゲームをテレ朝が中継するなんて、
時代が変わったものだ。

« 《S-PULSE》 第10節 川崎戦 試合終了 | トップページ | 《DRAGONS》 対讀賣 6回戦 »

ドラゴンズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66579/9820142

この記事へのトラックバック一覧です: 《DRAGONS》 対讀賣 5回戦:

» ナイスピッチング!昌さん!! vs巨人戦 [Dra☆mode]
中日{/v/}巨人 (18時1分、東京ドーム、44274人) 中 日 100 020 200|5 巨 人 000 100 000|1 勝:山本昌 S:岩瀬 敗:内海 {/baseball/}本塁打{/baseball/} アレックス5号(2)(久保) {/roket/}バッテリー{/roket/} 巨人:内海、久保、西村 − 阿部 中日:山本昌、平井、岩瀬 − 谷繁 {/star/}試合経過{/s... [続きを読む]

« 《S-PULSE》 第10節 川崎戦 試合終了 | トップページ | 《DRAGONS》 対讀賣 6回戦 »

Recommends


  • You need to upgrade your Flash Player.

LINK

エスパルス日程


2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

COUNT

エスパole!


エスパトラバ


ドラゴンズTB


Hockey TB


ついったー


無料ブログはココログ