« ヤフー、試合終了 | トップページ | 博多駅博多口 »

《DRAGONS》 交流戦 対福岡ソフトバンク2回戦 観戦記

D 4-3 H

まさに、福留's Day。
福留全4打点の活躍。朝倉、粘投で4勝目。

NPB InterLeague
v.HAWKS Game-2

DRAGONS 1 0 1 0 2 0 0 0 0 =
4
HAWKS 0 0 1 2 0 0 0 0 0 =
3

勝 朝倉 4勝1敗
敗 寺原 2勝4敗
セーブ 岩瀬 2敗13セーブ
本 (中)福留12号ソロ、(ソ)ズレータ12号2ラン

1回、福留のタイムリーで幸先よく先制も、
その裏、柴原のタイムリーで追いつかれる。

3回、福留のソロホームランで勝ち越したものの
4回表、塁を欲張った森野がサードで憤死して、流れを失うと、
その裏、ズレータに2ランを浴び、2−3と逆転を許す。

勝ったので特に伝えられてはいないが、この4回は問題だった。

この日のホークス先発寺原のできを考えれば
1死2塁でも十分追加点が狙えたにもかかわらず、
センター大村の肩を甘く見たのか、森野が塁を欲張って憤死。

さらにその裏、松中のなんでもないセカンドゴロを
森野が緩慢なプレーで内野安打にしてしまった。

ウッズの守備範囲の関係で
1・2塁間は、ほとんどがセカンドの守備範囲というのは酷な話だが、
これが、続くズレータの逆転ホームランにつながったと思うと
非常に痛い2つのミスだったと思う。

同時に、荒木の戦線離脱というのは
ドラゴンズにとって深刻な事態だと改めて認識させられる。

さて、試合のほうだが、
5回、福留が期待に応えて、2点タイムリー3BHを放ち、再逆転に成功。
ホークス先発・寺原をノックアウトし、なおもチャンス。

が、案の定というか、交流戦、むらが目立つウッズが三振で流れをつかめず、
朝倉は苦しいピッチングを余儀無くされる。

それでも、朝倉は、4回にズレータに被弾した後は、
丁寧なピッチングで、走者は出すものの追加点を与えず、
7回を投げ切ったところで後続に託した。

8回は平井、9回は岩瀬がホークスを抑え、4−3で接戦をものにした。

朝倉は、粘りの投球で4勝目。
まだまだ危なっかしいところもあるが、
切れずによく投げることで結果が出てきている。

ところで、44番。やる気あるのかい?

« ヤフー、試合終了 | トップページ | 博多駅博多口 »

ドラゴンズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66579/10268034

この記事へのトラックバック一覧です: 《DRAGONS》 交流戦 対福岡ソフトバンク2回戦 観戦記:

« ヤフー、試合終了 | トップページ | 博多駅博多口 »

Recommends


  • You need to upgrade your Flash Player.

LINK

エスパルス日程


2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

COUNT

エスパole!


エスパトラバ


ドラゴンズTB


Hockey TB


ついったー


無料ブログはココログ