« 《サッカー日本代表》 W杯日本代表決まる。 | トップページ | MXテレビのどうでしょうClassicは、ヨーロッパ完全制覇第7夜 »

《S-PULSE》 ナビスコ杯千葉戦(1) 観戦記

あくまで、現実的に。
決勝トーナメント進出に望みをつなぐ。

ナビスコ杯予選1敗2分と、もう後がない清水。
現在3連勝と首位を快走する千葉との対戦。

J LEAGUE YAMAZAKI NABISCO CUP
Group-C Matchday 4
SHIMIZU NIHONDAIRA Stadium
清 水
前半
千 葉
後半
TOTAL
69′マルキーニョス
GOAL

この試合に引分以下だと、予選敗退がほぼ決まってしまう状況。

前回の対戦(リーグ戦第4節)では、PKで1点を取り合った後、
終了間際にバックパスを拾われて悔しい敗戦となっただけに、
リベンジを果たしたい。

…だが、
頼みのジェジンは、W杯韓国代表に選ばれたため帰国。
俺たちの淳吾は、本調子といえないのかベンチスタート。

ということで、結果を求める(勝ち点3を獲る)のが、この試合のミッションだった。

ニッカンによればボールキープ率では上回った清水だが、
どうしても攻撃を始める位置が低くなってしまい、
そこから先の展開を大きく拡げていくことができない。

マルキがなんとか攻撃を組み立てようと、中盤まで下がってボールを受け、
そのスペースを久保山や兵働といったあたりが使っていく狙いは判るのだが、
それ以外の展開に至らず、
逆にマルキが突っかけて行ってボールを奪われることもあり、
なかなか思うような形でゴールを脅かすには至らない。

ただし、千葉もエース巻がベンチスタートということで攻撃に厚みがうまれず、
また、平岡・和道の両CBと、神出鬼没の感さえあるテルの献身的な働きで
ゴールを割らせず、両者が静かにせめぎ合う中、前半は終了。

こういう膠着した試合では、ベンチワークが鍵になる。

先に動いたのは清水。
59分、マルキと2トップを組んでいた矢島を下げ、藤本を投入。
久保山をFWに上げて、その1列下に兵働と藤本を配する布陣に変更。

藤本自身は、それほど調子があがっているようでもなかったが、
なんにせよ、中盤で組み立てる選手が入ったことで、
マルキーニョスが前で勝負をする本来の仕事に専念できるようになり、
徐々に清水もチャンスが訪れるようになる。

そして、69分、試合が動く。

後方からのパスを受けた兵働がドリブルで右のスペースをあがっていく。
その後方から右タッチライン際を上がってきた市川に、相手陣深くでパス。
ほぼフリーで上げた市川のクロスは、程よい高さとスピードでファーへ。

千葉GK櫛野の指先をかすめ、DF坂本の頭上を越えたボールを
マルキーニョスが叩きつけるように左ポスト際にヘッドで押し込み、清水が先制。

Pict1574

この2分前にクルプニコビッチに代えて水野を投入し
流れを変えたかった千葉にとっては、なんとも間の悪いタイミングでの失点となった。

73分、前半から懸命にボールを追ったため足をつった久保山に代わって杉山を投入。
(監督には監督の考えがあるだろうから、アレなのだが、
杉山に期待したのはどういう役割だったのだろう…。)

いずれにせよ、この交代でマルキの1トップとなり、
清水は1点を守りつつ、隙を狙う形になるのだが、
前線の人数を削ったために、以後、試合の主導権は千葉に流れていく。
そういう意味で考えると、杉山ではなく岡崎でもよかったのではないだろうか。

そして、ついに74分、巻が登場。

すっきり勝って、予選突破を決めたい千葉に対し、
虎の子の1点を是が非でも守りきりたい清水・長谷川監督は、
この場面を想定して準備させていたベテラン・斉藤を投入し、高さに対抗。

結果、巻にはシュートを1本も打たせず、このまま清水が千葉の反撃を退け、
1-0でナビスコ杯予選リーグ初勝利。

当該チーム間の対戦成績で3位のままだが
新潟に勝ち点・得失点差で並び、決勝トーナメント進出に望みをつないだ。

MOMは、
得点もそうだが、苦しい状況の前半、なんとか攻撃を組み立てようと奮闘したマルキ。

同じく前半から勝負を仕掛けた兵働、
誕生日を決勝アシストで飾った市川、
この日も落ち着いて千葉攻撃陣に対峙した平岡の活躍が目立った試合だった。

Pict1578

« 《サッカー日本代表》 W杯日本代表決まる。 | トップページ | MXテレビのどうでしょうClassicは、ヨーロッパ完全制覇第7夜 »

エスパルス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66579/10089214

この記事へのトラックバック一覧です: 《S-PULSE》 ナビスコ杯千葉戦(1) 観戦記:

« 《サッカー日本代表》 W杯日本代表決まる。 | トップページ | MXテレビのどうでしょうClassicは、ヨーロッパ完全制覇第7夜 »

Recommends


  • You need to upgrade your Flash Player.

LINK

エスパルス日程


2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

COUNT

エスパole!


エスパトラバ


ドラゴンズTB


Hockey TB


ついったー


無料ブログはココログ