« 《DRAGONS》 対東京ヤクルト 6回戦 | トップページ | 《DRAGONS》 対広島 9回戦 »

《DRAGONS》 対東京ヤクルト 7回戦

4時間超の延長戦、
英智の今シーズン1号2ランで決着。

NPB CENTRAL League
v.SWALLOWS Game-7

 

DRAGONS 0 2 0 0 0 0 2 0 0 0 2 =
6
SWALLOWS 1 1 0 0 0 2 0 0 0 0 0 =
4

 

勝 岩瀬 1勝2敗20セーブ
敗 木田 2勝3敗
セーブ 鈴木 1セーブ
HR (中)井上1号2ラン、英智1号2ラン、(ヤ)岩村11号ソロ、米野4号ソロ

先発・小笠原は1、2回とソロホームラン2本を許したものの、
なんとか立ち直りを見せていたのだが、
6回、1死から岩村を四球で歩かせたあと、ラミレスを打ち取ったところで
落合監督は、落合英二にスイッチ。

おそらく、ラミレスを打ち取ったところで95球。
球数を考えての交代策であったが、落合がラロッカに四球を与えた挙句、
宮出に2点タイムリーを喫し、2-4と勝ち越しを許す。

しかし、交流戦を経て勝負強くなったドラゴンズは、続く7回表に反撃。
2アウトながらランナーを2人置いて、代打・渡邊がレフトへ2点タイムリー2ベース。

4-4、同点。

このあと、中日は、デニー、高橋聡、平井、岩瀬と細かく継投すれば
ヤクルトは、先発ガトームソンのあとを8回から館山、10回から木田と継投し
試合は、午後10時を廻り、4時間超の延長戦に。

迎えた11回表、2アウトから8番谷繁がヒットで出塁すると、
途中からセンターを守っていた英智がバッターボックスに。

2ストライク2ボールから木田が投じたインコースへのフォークボールを引っ張ると
打球は、ドラゴンズファンの待つレフトスタンドへ。

プロ5年間でホームラン3本、
しかも、03年から3シーズン連続でホームランの出ていなかった英智の貴重な一発が
試合を決した。

11回裏、2年目鈴木義広が、先頭の米野にヒットを許したものの
後続をピシャリと抑え、プロ入り初セーブ。

福留不在で迎えた好調ヤクルト3連戦は、初戦をおとしたものの
残り2戦を取り返し、2勝1敗で勝ち越し。

試合のなかった2位阪神とのゲーム差は2、
3位ヤクルトとのゲーム差は、3連戦前から1つ開いて、7となった。

« 《DRAGONS》 対東京ヤクルト 6回戦 | トップページ | 《DRAGONS》 対広島 9回戦 »

ドラゴンズ」カテゴリの記事

野球」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66579/10728210

この記事へのトラックバック一覧です: 《DRAGONS》 対東京ヤクルト 7回戦:

« 《DRAGONS》 対東京ヤクルト 6回戦 | トップページ | 《DRAGONS》 対広島 9回戦 »

Recommends


  • You need to upgrade your Flash Player.

LINK

エスパルス日程


2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

COUNT

エスパole!


エスパトラバ


ドラゴンズTB


Hockey TB


ついったー


無料ブログはココログ