« 《SAMURAI BLUE》 クロアチア戦 終了。 | トップページ | 白くま攻略大作戦 »

《GERMANY 2006》 10日目、さえないブルー

今朝、会社に出社すると、やはり昨日の試合の話題が。

思い出すのも腹立たしいドロー…。

どフリーでゴールを決めることができない背番号13のこと。
いざ、攻撃となると、一旦ドリブルを止めて、パスの出しどころを探す背番号10。
この日も、攻撃面では機能しなかった交代策…。

みな、振り返りたくもないのだが、振り返ってしまう。

10日目、ブラジル-オーストラリア戦のあと、韓国がフランスに挑んだ。

Day 10
Group-F JPN 0-0 CRO
Group-F BRA 2-0 AUS
Group-G FRA 1-1 KOR

ブラジル-オーストラリア戦の前に、先にフランス-韓国戦。

前半9分、アンリのゴールで先制したル・ブルー。
日韓大会以来続いていた無得点が、ようやく369分目に止まった。

が、よかったのはここまでだった。
ビエラのヘッドはわずかにゴールを割らず、

後半、ソル・ギヒョン、アン・ジョンファンと韓国が次々とFWを投入すると
すっかり受身になってしまった前々回大会の覇者。

そして、後半36分、ついに韓国が追いつく。

右サイドからのクロスを、先発出場の我らがチョ・ジェジンがファーで折り返し
最後はパク・チソンが右足で蹴りこみ、1-1。

エスパサポとして、ジェジン、おめでとう。
次のスイス戦も、その高さを活かして、今度はゴールを奪ってほしい。

さて、もはや昔日の強さがなくなったフランスには、再び突き放す力もなく
ル・ブルー、2試合連続のドロー。

韓国は勝ち点4と決勝トーナメント進出に大きく前進した一方、
フランスは、勝ち点2と足踏み。
次のトーゴ戦、ジズーは出場停止…。

2大会連続でフランスがグループリーグ敗退の危機に立たされた。

F組の、もう一試合、ブラジル対オーストラリア。

TBSでは早々に、ブラジルに「4点差で勝ってくれ」と懇願していたが、
そうは、上手くはいかないのがワールドカップ。

前半、再三のチャンスを決められないブラジル。

サポーターのフラストレーションも相当なものだったが、
後半4分、ロナウジーニョ→ロナウドとつないだボール、
ロナウドはゴール左からほぼ正面のアドリアーノにパス。
アドリアーノは迷うことなく左足を振りぬき、ブラジル先制。

その後、ヒディングの積極的な交代策の前に苦戦を強いられたブラジルだが
終了間際の後半44分に途中出場のフレージがシュートのこぼれ球に反応、
2-0として、勝利を挙げたブラジルが決勝トーナメント進出を決めた。

結果、本当にわずかながらではあるが、いくつかの条件が重なれば
日本の決勝トーナメントの可能性があるそうだ。

が、そんな皮算用をするよりも、
まず、その大前提であるブラジル戦勝利を如何にして成し遂げるのか
それを懸命に考えなければなるまい。

ブラジルに勝ってこそ、初めて、他の結果を見ることができるのだと
肝に銘じておかなければなるまい。

« 《SAMURAI BLUE》 クロアチア戦 終了。 | トップページ | 白くま攻略大作戦 »

サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66579/10597379

この記事へのトラックバック一覧です: 《GERMANY 2006》 10日目、さえないブルー:

« 《SAMURAI BLUE》 クロアチア戦 終了。 | トップページ | 白くま攻略大作戦 »

Recommends


  • You need to upgrade your Flash Player.

LINK

エスパルス日程


2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

COUNT

エスパole!


エスパトラバ


ドラゴンズTB


Hockey TB


ついったー


無料ブログはココログ