« 《DRAGONS》 交流戦 対福岡ソフトバンク 5回戦 | トップページ | 《RUGBY JAPAN 2006》 大敗、そして、悲しい報せ。 »

《GERMANY 2006》 9日目 イタリア、よもやのドロー

東京は本格的に梅雨入りしたようで、雨です。

チェコ-ガーナ戦を最後まで見てしまったので、眠いっす。

9日目。

Day 9
Group-D POR 2-0 IRN
Group-E CZE 0-2 GHA
Group-E ITA 1-1 USA

D組、ポルトガル-イラン。

後半、力の差を見せつけたポルトガルが
デコのミドルと、クリスチャーノ・ロナウドのPKでイランを退け、
40年ぶりに決勝トーナメントに進出。

対するイランは、アジア勢で最初の予選敗退となった。
(単純に対戦順の話なのだが…)

E組、チェコ-ガーナ戦。

運動量で圧倒したガーナが快勝。
開始わずか2分、ギャンの豪快なゴールで先制したガーナは
高い位置からチェコにプレッシャーをかけ、ゲームの主導権を握る。

後半20分のPKは右ポストを直撃し、ゴールに至らなかったが
後半37分、右サイドからペナルティエリアに進出したムンタリが
狭い角度をしっかり振りぬいてダメ押し。

大会直前にバロシュが、アメリカ戦で高さのあるコラーがケガで
柱となるべきFW2人を欠いたチェコは、ネドベドにボールを集めるが
そのネドベドを封じられ、あげくの果てに、
PKのシーンで異議を唱えたDFウイファルシが退場となり数的不利では
勝機もなかった。

もう1試合のイタリア-アメリカ戦は波乱。

ピルロのFKに、ニアサイドのジラルディーノが飛び込み、イタリアが先制。
このままアメリカを退けて、決勝トーナメント進出を決めるかに見えたが
5分後の27分、アメリカのFKをまさかのオウンゴールで1-1。

試合はこのあと大荒れに荒れる。

同点となった直後の28分、イタリアのデロッシが肘打ちで一発退場。
さらに45分には、今度はアメリカのマストロエーニがピルロに
悪質なスライディングタックルで退場となり、10人対10人に。

最後は、後半2分にアメリカのホープが2枚目の警告で退場。

退場で3人がピッチを去る異常な状況の中、
イタリアが数的有利を活かしてアメリカゴールに襲い掛かるが
結局ゴールを割れず、1-1でよもやのドロー。

この結果、E組は、勝ち点4のイタリアを勝ち点3のチェコ、ガーナが追い、
さらに勝ち点1のアメリカにも予選突破の可能性が残る大乱戦となった。

さぁ、あと7時間半後に、運命のクロアチア戦。

中継はテレ朝か…。
また、音消すか…。

« 《DRAGONS》 交流戦 対福岡ソフトバンク 5回戦 | トップページ | 《RUGBY JAPAN 2006》 大敗、そして、悲しい報せ。 »

サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66579/10577076

この記事へのトラックバック一覧です: 《GERMANY 2006》 9日目 イタリア、よもやのドロー:

« 《DRAGONS》 交流戦 対福岡ソフトバンク 5回戦 | トップページ | 《RUGBY JAPAN 2006》 大敗、そして、悲しい報せ。 »

Recommends


  • You need to upgrade your Flash Player.

LINK

エスパルス日程


2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

COUNT

エスパole!


エスパトラバ


ドラゴンズTB


Hockey TB


ついったー


無料ブログはココログ