« 《RUGBY JAPAN 2006》 Pacific 5nations v.TONGA | トップページ | 《DRAGONS》 交流戦 対千葉ロッテ4回戦 »

《SAMURAI BLUE》 TEST MATCH v.MALTA

何のための試合なのか…

最後の壮行試合。その意義が見出せない。
International Friendly Match
LTU Arena , Dusseldorf
JPN
1st
MLT
2nd
TOTAL
02′TAMADA
GOAL

日本の主催試合ということもあって、試合開始は午後10時。
キックオフからわずかに2分後、三都主のグラウンダーのクロスを
玉田が蹴りこんで1-0。

幸先よいスタートを切ったように見えたのだが、
以降は、なにをしたいのか今一つ理解できないプレー内容が続く。

挙句の果てに、前半も後半にさしかかるとカウンターからマルタに攻め込まれ
ひやりとさせられるシーンが目立ち始める。

なんとか、前半は1-0でリードして折り返した。

この試合の意義をはっきりさせるため、
後半、小野、さらに小笠原、巻まで投入し攻めの姿勢を明確にはするが、
守備の堅いマルタの前になかなか改善しないまま、時が刻々と過ぎていく…。

結局、このまま1-0で終了。

この試合で欲しかったのは「ただの勝利」ではなかったはずだ。

ドイツ戦でつかんだ攻撃面での自信をより確かなものにし、
ドイツ戦で浮かんだ課題や不安を一掃することだったはず。

にもかかわらず、この内容。
そして、予選リーグのオーストラリア戦はもう目前。

いいしれない不安が試合終了後のピッチに広がっていったように見えたのは
筆者の気のせいだろうか。

« 《RUGBY JAPAN 2006》 Pacific 5nations v.TONGA | トップページ | 《DRAGONS》 交流戦 対千葉ロッテ4回戦 »

サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66579/10395442

この記事へのトラックバック一覧です: 《SAMURAI BLUE》 TEST MATCH v.MALTA:

« 《RUGBY JAPAN 2006》 Pacific 5nations v.TONGA | トップページ | 《DRAGONS》 交流戦 対千葉ロッテ4回戦 »

Recommends


  • You need to upgrade your Flash Player.

LINK

エスパルス日程


2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

COUNT

エスパole!


エスパトラバ


ドラゴンズTB


Hockey TB


ついったー


無料ブログはココログ