« 《DRAGONS》 対讀賣 11回戦 | トップページ | 《GERMANY 2006》 準決勝 ポルトガルv.フランス »

《DRAGONS》 大勝ペースの試合の締め方に課題。(対讀賣12回戦)

中5日の憲伸、 2発被弾で3失点も、
序盤の大量リードで讀賣戦6連勝。

NPB CENTRAL LEAGUE
v.
GIANTS GAME-12

DRAGONS 0 2 5 0 0 0 2 0 0 =
9
GIANTS 0 0 0 1 0 0 0 2 2 =
5

勝 川上 10勝1敗
敗 工藤 3勝2敗
HR
(D)渡邉1号ソロ、谷繁5号満塁
(G)二岡15号ソロ・16号2ラン、ディロン1号2ラン

2回、渡邉の今シーズン第1号で先制した中日は、
さらに森野のタイムリーで2-0とリード。

そして、3回、讀賣先発の工藤をさらに攻め立て、
井端、ウッズ、渡邉がヒットで出塁し、1死満塁。

ここで英智の当たりはショートゴロ。
しかし、讀賣にエラーがでて、3-0。なおも満塁。

続く谷繁が、気落ちした工藤の投じた3球目のど真ん中へのストレートを強振すると
打球はレフトスタンドへ一直線。

5号グランドスラムで7-0。
勝負は、この時点で決まった。

7回にも英智のタイムリーと押し出しで、9得点と大量点に守られた憲伸だったが、
4回に2死から二岡にソロホームラン、
さらに8回にも、やはり2死から代打ディロンに2ランを浴びるなど、
必ずしもピリッとはせず、8回3失点で降板。

9回、小笠原が交代早々に木村拓にヒットを許すと
続く二岡に2ランを浴び、最大7点差あったリードが終わってみれば4点差。

大勝ペースの試合であったが、終盤の2発被弾が後味の悪い印象を残した。

 

« 《DRAGONS》 対讀賣 11回戦 | トップページ | 《GERMANY 2006》 準決勝 ポルトガルv.フランス »

ドラゴンズ」カテゴリの記事

野球」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66579/10817940

この記事へのトラックバック一覧です: 《DRAGONS》 大勝ペースの試合の締め方に課題。(対讀賣12回戦):

« 《DRAGONS》 対讀賣 11回戦 | トップページ | 《GERMANY 2006》 準決勝 ポルトガルv.フランス »

Recommends


  • You need to upgrade your Flash Player.

LINK

エスパルス日程


2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

COUNT

エスパole!


エスパトラバ


ドラゴンズTB


Hockey TB


ついったー


無料ブログはココログ