« 《DRAGONS》 大勝ペースの試合の締め方に課題。(対讀賣12回戦) | トップページ | 鼎泰豊 »

《GERMANY 2006》 準決勝 ポルトガルv.フランス

調子を上げているジダンのラストマッチは、Finalとなるのか、
それとも、復帰したデコ、C・ロナウド、フィーゴと攻撃陣が充実のポルトガルが
初の決勝進出となるのか?

2006 FIFA World Cup Germany
Semi Final
FIFA WM Stadion Munchen, Munchen
FRA
1st
POR
2nd
TOTAL
33′ZIDANE (PK)
GOAL

調子の上がらなかったグループリーグがウソのように、フランスが安定している。

試合は、33分、ペナルティエリアに進出したアンリが
ポルトガルのDFカルバーリョをかわそうとしたところ、
そのカルバーリョが伸ばした足に、切り返したアンリが引っかかり、転倒。

ペナルティキック。
蹴るのはジダン。

ペナルティスポットにボールをセットしたジダンは、
ほとんど助走を取らずに右足を振りぬく。

GKリカルドの伸ばした腕を掠めて、ボールはゴール左に決まって、1-0。
フランス、先制。

一方、ポルトガルも復帰したデコを中心に、
フィーゴ、C・ロナウドがフランスゴールに迫るが
34才のCBチュラム、30才のMFビエラ、33才のマケレレ…
数多の経験を積んできたベテランが、ポルトガルにつけ入る隙を与えない。

ロスタイム、
フィーゴのクロスが、フランスGKバルテズの胸に収まったところで、試合は終わった。

シュート数、12
CK数、
ボールキープ率、41%59%

スコア、

フランス、堅守で2大会ぶりの決勝進出。
ジダンのラストダンスは、ベルリンと決まった。

ポルトガル、初の決勝進出はならず、ドイツとの3位決定戦へ。

残すところ、あと2試合。
宴は、クライマックスへ。

« 《DRAGONS》 大勝ペースの試合の締め方に課題。(対讀賣12回戦) | トップページ | 鼎泰豊 »

サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66579/10819343

この記事へのトラックバック一覧です: 《GERMANY 2006》 準決勝 ポルトガルv.フランス:

» 【W杯】さらに輝きを増すジダン、30代は固い守備でゴールを守る [SHODO(衝動)]
ジダンは今大会好調のGKリカルドからPKでゴールを奪う Copyright:A... [続きを読む]

« 《DRAGONS》 大勝ペースの試合の締め方に課題。(対讀賣12回戦) | トップページ | 鼎泰豊 »

Recommends


  • You need to upgrade your Flash Player.

LINK

エスパルス日程


2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

COUNT

エスパole!


エスパトラバ


ドラゴンズTB


Hockey TB


ついったー


無料ブログはココログ