« 《S-PULSE》 第21節 対京都パープルサンガ | トップページ | 《DRAGONS》 対阪神 16回戦 »

《DRAGONS》 対阪神 15回戦

「あと1球」 から、マジック1減に成功。  
まさに起死回生の井上の一発で、マジックは25

NPB CENTRAL LEAGUE
8月30日 甲子園 阪神 3-3 中日(延長12回)
HR 井上6号ソロ

試合時間5時間にもなろうかというゲーム。
結局は、引き分け。

引き分けだが、 
首位のドラゴンズにとっては、痛み分けではない。

マジックは、対象チームが残り全勝するということを前提に設定されている。
つまり、対象チームが負けはもちろん、引き分けでもマジックは1つ減る。

対象チームの阪神にとっては、あまりにも痛い1分けだ。

しかも、3-2とリードして9回表2死で、
守護神・藤川が、代打・井上を2エンド1と追い込んで、
まさに、「あと1球」と投じた151kmのストレートを
センターバックスクリーン右にぶち込まれたのだから。

一方、ドラゴンズは、「分けを拾った」ゲームとなった。

2-0と先制しながらも、
中盤から終盤にかけ、小刻みに失点し、気がつけば2-3と逆転され、
9回もあっさりと2死、そして井上も2エンド1と追い込まれた。

まさに状況は「絶体絶命」。

そして、井上の放った一発は、文字通り「起死回生」のホームランとなった。

ドラゴンズは、阪神と引き分けたことによりマジックを1つ減らして25とした。

ところで、落合監督は、試合後、
「ベンチの不手際を選手が救ってくれた」と語ったようだが、
このところ、この手のコメントが目立つ。

その真意は測りかねるが、少し気になる。

« 《S-PULSE》 第21節 対京都パープルサンガ | トップページ | 《DRAGONS》 対阪神 16回戦 »

ドラゴンズ」カテゴリの記事

野球」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66579/11693824

この記事へのトラックバック一覧です: 《DRAGONS》 対阪神 15回戦:

« 《S-PULSE》 第21節 対京都パープルサンガ | トップページ | 《DRAGONS》 対阪神 16回戦 »

Recommends


  • You need to upgrade your Flash Player.

LINK

エスパルス日程


2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

COUNT

エスパole!


エスパトラバ


ドラゴンズTB


Hockey TB


ついったー


無料ブログはココログ