« 《S-PULSE》 第24節 浦和レッドダイヤモンズ戦 | トップページ | 《IceBucks》 06-07アジアリーグ開幕戦 王子に勝利! »

《DRAGONS》 対東京ヤクルト 19回戦

中継ぎ陣が崩れて逆転負け。 
マジックは12のまま。

NPB CENTRAL LEAGUE
9月23日 神宮球場 東京ヤクルト 7-5 中日
勝 ガトームソン 9勝9敗
敗 久本 1勝2敗1セーブ
セーブ 高津 1勝2敗11セーブ
HR ウッズ37号ソロリグス37号ソロ井上11号ソロ

ゲームの分水嶺は、2つある。

まずは、 逆転を許した7回裏の無死1塁からの青木の犠打でのウッズのエラー。

続くリグスが、ここまで2安打(うち1本塁打)と当たっていたことを考えると、
1死2塁のはずが無死1・2塁で勝負を迫られた久本にとっては
重い重いエラーであった。

結局、久本は1アウトも取れずに打者4人に3安打を打たれ、
続く鈴木も4安打を喫して、この回、打者11人で5点を取られ
逆転を許すことになった。

そして、もう一つは、同点とした4回の攻撃。

この回先頭の井端がレフト前ヒットで出塁して、
さらに続く福留がレフト線への2ベースで、無死2・3塁のチャンス。

が、ウッズのショートゴロで1点は返したものの、
続く森野が初球を引っ掛けてショートフライ、
さらにアレックスがライトフライに倒れて、結局1点どまり。

5回に井上のソロホームランで1点を勝ち越しはしたのだが、
この4回に一気呵成にガトームソンを攻めていれば、
その後の試合展開は、もっと楽なものであったと思う。

阪神とのゲーム差は4。
せっかく2連勝で開いた差を、たった1試合で1つ詰められてしまった。

阪神が負けるのを期待するのはよそう。
なにか憑いてるよ、あれは。

« 《S-PULSE》 第24節 浦和レッドダイヤモンズ戦 | トップページ | 《IceBucks》 06-07アジアリーグ開幕戦 王子に勝利! »

ドラゴンズ」カテゴリの記事

野球」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66579/12014138

この記事へのトラックバック一覧です: 《DRAGONS》 対東京ヤクルト 19回戦:

« 《S-PULSE》 第24節 浦和レッドダイヤモンズ戦 | トップページ | 《IceBucks》 06-07アジアリーグ開幕戦 王子に勝利! »

Recommends


  • You need to upgrade your Flash Player.

LINK

エスパルス日程


2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

COUNT

エスパole!


エスパトラバ


ドラゴンズTB


Hockey TB


ついったー


無料ブログはココログ