« 鹿島戦@国立 試合終了 | トップページ | 《DRAGONS》 山本昌、ノーヒットノーラン達成!(対阪神18回戦) »

《S-PULSE》 第23節 対鹿島アントラーズ

またもコクリツで勝てず… 
試合への入りが悪く、ホーム連勝は8でストップ

2006 J.LEAGUE Division 1
Sec.23 国立霞ヶ丘競技場
清水エスパルス 1- 2 鹿島アントラーズ
Goal : 44min.フェルナンド60min. 野沢69min. 枝村

失点シーンについては
正直、フェルナンドと野沢を褒めるべきでしょ。
守備陣にはノーチャンスかと。
まぁ、千葉戦に続き、どうもあのゾーンから狙われている感が強いのが気になるが。

で、その…
…恩恵を受けた関東サポの自分が口にしてはいけないとは思うのだが、
やっぱりホームゲームは日本平でやってもらいたいと思う。

移動やらなにやらで選手にとって負担になるだろうし、
第一、この試合からデイゲーム、
試合当日のスケジュール感も戻さなければいけない。

だからというわけではないだろうが、
立ち上がりから動きの悪いエスパルス。

特に、サイドでの勝負で完全に守勢に立ってしまった前半は
チャンスらしいチャンスを得ることもなく、
おまけに淳吾が肉離れか何かでピッチを後にするなどのアクシデントまで発生。

そして、今日の試合の分水嶺となったフェルナンドのゴール。
なんとか前半を0-0で終えたかったであろう監督のプランが
最後の最後で崩れて、前半を終える。

後半、攻勢に出るエスパルスは、48分、絶好の同点機を迎えるが、
マルキーニョスのシュートはンガハタのセーブに遭い、ゴールに至らず、
逆に60分に、野沢にゴールを許して、ますます苦しい状況に追い込まれる。

直後、「コンデションが戻っていない(by 監督)」兵働に代えて
33アレシャンドレを投入すると、試合の流れは変わり、
69分左サイドに飛び出した純平の折り返しを、マルキがつないで、
枝村が真正面からシュート! 

1-2、1点差とする。

しかし、いい意味でも悪い意味でも試合巧者の鹿島に最後まで守りきられて
3年ぶりの国立開催は敗戦となった。

いつかは負ける。
だから、まぁ、引きずらなければ、それでいい。

淳吾の状況が気になるが、次の浦和戦がますます重要になってきた。

…アレシャンドレについて。

初めて実際プレーしているところを見たのだが、
アクセントになる動きができるし、いいパスも出せていた。

フルコンデションなのかどうか判らないが、
なかなか「オモシロい存在」になりそうだ。

« 鹿島戦@国立 試合終了 | トップページ | 《DRAGONS》 山本昌、ノーヒットノーラン達成!(対阪神18回戦) »

エスパルス」カテゴリの記事

サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66579/11921899

この記事へのトラックバック一覧です: 《S-PULSE》 第23節 対鹿島アントラーズ:

« 鹿島戦@国立 試合終了 | トップページ | 《DRAGONS》 山本昌、ノーヒットノーラン達成!(対阪神18回戦) »

Recommends


  • You need to upgrade your Flash Player.

LINK

エスパルス日程


2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

COUNT

エスパole!


エスパトラバ


ドラゴンズTB


Hockey TB


ついったー


無料ブログはココログ