« 浦和戦@埼スタ終了 | トップページ | 《DRAGONS》 対東京ヤクルト 19回戦 »

《S-PULSE》 第24節 浦和レッドダイヤモンズ戦

まだまだ目指すべき高みは遠い。
2連敗。 次のホーム福岡戦が重要だ。

2006 J.LEAGUE Division 1
Sec.24 埼玉スタジアム2○○2
浦和レッドダイヤモンズ 1- 0 清水エスパルス
Goal : 16min. ワシントン
浦和1-0清水

23節を終えての、両チームの総失点数、
浦和18(リーグ位)、清水27 (リーグ位)。

やはり優勝を目標にして、そして、ここまで戦前の予想通りに優勝争いを続けながら、
1試合平均の失点数が1点以下のチームの守備は堅い。

清水の選手がボールを持ってタッチライン際に行くと、
すかさず2人が囲んで、先に進ませない。
サイドからクロスが上がれば、坪井、田中(マ)がしっかりと跳ね返す。

そして、決定的なシュートを山岸がスーパーセーブ。

敗れたとはいえ、いいものを見せてもらった。

エスパは、淳吾、兵働の離脱があまりに大きく、
そして、代わりに起用した純平、浩太では脅威を与えるにはもう一歩。

同点を狙いにアレシャンドレを投入したものの、
彼にどこをやらせるのか、そしてどこまで下がらせるのか、
まだまだピッチ上での整理が不十分。

無論、動き出しやポジション取りという面で、
アレシャンドレに不満が残るところは多かったのだが…。

そして、矢島、久保山の投入も、いささか遅きに失した部分がある。

昨年に比べれば、チームとしては成長はしている。
(「昨年に比べれば」というエクスキューズは、もうそろそろ、いいかな。)

が、プレーの選択肢も正確さも、個々人の強さも、
そして、選手起用・選手層・選手交代という点でも、
まだまだ、「強いチーム」との差が残っていることを実感した。

上を向こう。

これで8敗。
シーズン当初は思いもしなかった「大きな目標」の実現は、少し遠くなった。

が、「より現実的な目標」は、十分に狙える位置にある。
それを実現するためにも、福岡戦で連敗ストップあるのみだ。

ところで、試合前ですが、あちら側でビッグフラグが出ましたね。
大きな赤ユニ
胸の部分は、10月1日以降、どうなるんでしょうね。

「例の」黄色い2本線が入るんでしょうか…。

« 浦和戦@埼スタ終了 | トップページ | 《DRAGONS》 対東京ヤクルト 19回戦 »

エスパルス」カテゴリの記事

サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66579/12013324

この記事へのトラックバック一覧です: 《S-PULSE》 第24節 浦和レッドダイヤモンズ戦:

« 浦和戦@埼スタ終了 | トップページ | 《DRAGONS》 対東京ヤクルト 19回戦 »

Recommends


  • You need to upgrade your Flash Player.

LINK

エスパルス日程


2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

COUNT

エスパole!


エスパトラバ


ドラゴンズTB


Hockey TB


ついったー


無料ブログはココログ