« 《S-PULSE》 アレシャンドレ、全治4ヶ月 | トップページ | 《DRAGONS》 2006日本シリーズ 第3戦 »

サイコロの旅5 第2夜(どうCla on MXTV)

 いきなりKing of 深夜バスをたたき出し、札幌とは真逆の九州博多。

そして、あろうことかさらに南、鹿児島を出したところで第1夜は終了。

さぁ、どうでしょう班は、少しでも北に戻ることができるのか?

今夜は、第2夜。

あの「戦い」が、ついに開戦します!

ここからはネタバレします。ご注意ください。

 

 

いやぁ、この第2夜は、おもしろい。

博多→西鹿児島の特急つばめの車中じゃ、
酒飲んですっかりいい気分になって、
ニセ池中玄太に変貌した大泉君が藤村Dにむかって
「君が一人で回ればいいんだよ。」
「こっちは、限界を感じてるんだよ。」
「うれしーと2人で回ってなさいよ。」とぼやく、ぼやく。

んで、鹿児島についてみて、大泉君が出した目は、
6択中4つもあった九州の温泉地の中から、見事!指宿を出す。

もはや、北に帰ることなどどうでもよくなっている4人。

そして、指宿へ向かう快速「なのはな」の車中で、
ついにあの長き渡る戦いが、その第1章を迎える。

白くま750ml早食い競争

全国のどうバカが鹿児島を訪れるたびに撃沈していく、あの白い悪魔を巡る
ミスターと魔神・藤村Dの壮絶なバトル。

最後には、対決列島の最終対決まで持ち込まれる死闘の第1ラウンドは
そのあまりの量感にペース配分ができないミスターが、
余裕をかます魔神を猛追するが、それが裏目に出て自爆する最悪の結末。

指宿名物の砂風呂で汗を流した4人を、まるで愉しんだ報いかのような目が出る。

ミスターの「ダメ人間と呼ばれるのではないか」という予言があたり
その出した目は、ついに、九州をつき抜け、東シナ海・奄美大島へ。

鹿児島に戻って、そこから12時間のフェリーの旅。

指宿で、6月だというのに海水浴をする子どもたちを見ていた藤村D、
大泉君をけしかけ、海に走りこむ画が欲しいとのディレクション。

大泉君は、水着を持ってきていない。(当たり前だ。)
着くのは早朝5時。
そんな時間に水着を売っている店はない。

よって、「ちゃんと水着を買ってくれるのなら、魚でも何でも獲って来てやる」と
暗に「海に入らない」と宣言するのだが。

藤村D「水着買うまで、島出ねぇ。」 と意地でもディレクションを貫く構え。

結局、紺のボクサーパンツタイプの水着をはいて、
大泉洋、奄美の海に魚とりに飛び込んでいく。

ヒゲの執念の勝利で、第2夜は幕。

残すは1日半もない。
果たして、ミスターは、札幌のラジオ生放送に間に合うのか?

しかし、第3夜、またもどうでしょう班に悪夢が襲い掛かる。

 

« 《S-PULSE》 アレシャンドレ、全治4ヶ月 | トップページ | 《DRAGONS》 2006日本シリーズ 第3戦 »

水曜どうでしょう」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66579/48656699

この記事へのトラックバック一覧です: サイコロの旅5 第2夜(どうCla on MXTV):

« 《S-PULSE》 アレシャンドレ、全治4ヶ月 | トップページ | 《DRAGONS》 2006日本シリーズ 第3戦 »

Recommends


  • You need to upgrade your Flash Player.

LINK

エスパルス日程


2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

COUNT

エスパole!


エスパトラバ


ドラゴンズTB


Hockey TB


ついったー


無料ブログはココログ