« 《S-PULSE》 2006 第28節 アルビレックス新潟戦 | トップページ | 《IceBucks》 今週の氷鹿(10/17-22) »

《DRAGONS》 2006日本シリーズ 第1戦

「福留、 ウッズだけじゃない。」   
下位打線がチャンスを活かし、「まず、1つ」。

NPB NIPPON SERIES  
第1戦 ナゴヤドーム 中日 4-2 北海道日本ハム
勝 川上 1勝
敗 ダルビッシュ 1敗
セーブ 岩瀬 1セーブ

2回1死1・2塁から井上を歩かせ、満塁策を取った日本ハムバッテリー。
しかし、シーズン打率.234とはいえ舐めてもらっては困ると36歳、男、谷繁が
センターへ意地の一振り。
2点タイムリーとなって、ドラゴンズが先制。

ドラゴンズ先発はエース川上だが、
1回、2回といずれも得点圏に走者を置く苦しいピッチング。
せっかく2点を先制してもらったのだが、3回表、セギノールのタイムリーと
新庄(当ブログでは、横文字表記いたしません。)の犠飛で追いつかれてしまう。

しかし、その裏、2死2・3塁から、先ほど敬遠された井上が
2ストライク1ボールからの5球目のアウトローへのストレートを
レフトに弾きかえして、1点を追加し、3-2。

これで、また追いつかれてはエースの名折れとばかりに、
川上が4回以降8回でマウンドを降りるまで、
井端の好守などバックにも助けられながらも日ハムをわずか2安打に抑える。

すると打線は8回裏、 1死2塁からアレックスのタイムリーでさらに1点を追加し
4-2とリードを拡げると、9回のマウンドは守護神・岩瀬。

最後の打者田中幸に粘られたものの、3人でピシャリと抑えて、
日本シリーズ初セーブをマーク。

ドラゴンズが、下位打線の頑張りで、まずは第1戦を取った。

上位陣はこの日は完全に抑えられてしまったが、 明日以降の巻き返しに期待したい。

この10年で3度目の日本シリーズ。
悔しい歴史を栄光に変えるまで、あと3つ。

« 《S-PULSE》 2006 第28節 アルビレックス新潟戦 | トップページ | 《IceBucks》 今週の氷鹿(10/17-22) »

ドラゴンズ」カテゴリの記事

野球」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66579/12371451

この記事へのトラックバック一覧です: 《DRAGONS》 2006日本シリーズ 第1戦:

« 《S-PULSE》 2006 第28節 アルビレックス新潟戦 | トップページ | 《IceBucks》 今週の氷鹿(10/17-22) »

Recommends


  • You need to upgrade your Flash Player.

LINK

エスパルス日程


2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

COUNT

エスパole!


エスパトラバ


ドラゴンズTB


Hockey TB


ついったー


無料ブログはココログ