« 《IceBucks》 今週の氷鹿。(2006.10.7-8) | トップページ | 《FORMULA 1》 皇帝、残り17周での暗転。 »

《DRAGONS》 対横浜 21回戦

岩瀬、 プロ野球史上初の2年連続40S達成!  
阪神が延長で敗れ、マジックは、

NPB CENTRAL LEAGUE
10月8日 ハマスタ 横浜 3-4 中日
勝 朝倉 12勝6敗
敗 加藤 8勝7敗1セーブ
セーブ 岩瀬 1勝2敗40セーブ

2回に井上のタイムリー、
4回には上田の犠牲フライで2-0としたドラゴンズだが、
6回1死満塁のチャンスを0で終えたことが、
終盤のドタバタ劇につながってしまった。

7回裏、吉村のヒットの後、金城フォアボールで無死1・2塁。
ここで、横浜7番桑原はピッチャー前への送りバント。

中日先発・朝倉は3塁に送球するもフィルダースチョイス、
さらにサード森野が桑原を刺そうとファーストに送球するも、これが逸れ、
3塁に達していた吉村がホームを踏み、2-1。

さらに、鶴岡のタイムリーで追いつかれると石井の内野ゴロの間に1点を失い
2-3と、昨夜のようにゲームをひっくり返されてしまう。

(この石井の内野ゴロ、非常に難しいバウンドであったが、荒木が好捕。
結果的に、この「1アウト」が大きかった。 )

さて、横浜に微笑むかに見えた勝負の神様は、今日は中日に味方する。

8回表、ウッズがうまくおっつけてセンター前ヒットで出塁すると
続く森野の当たりは一・二塁間への難しい当たり。

横浜セカンド藤田は、ボールを救うと不完全な体勢で二塁へ。
このボールが逸れ、レフト前に転がる間に、
決して足が速いとはいえないウッズと森野が懸命に走り、
無死2・3塁のチャンス。

(ここのウッズの走塁は、荒木の好捕と合わせ、
今日のゲームを拾えたビッグプレーであった。)

上田は敬遠気味のフォアボールを選び、無死満塁で、
ドラゴンズ落合監督がここで動く。

谷繁に代わって、代打立浪。
沸き立つ3塁側を埋め尽くしたドラゴンズファン。

が、立浪の打球は三塁線への高いバウンドのゴロ。
タイミング的にホームはセーフだが、横浜サード村田はバックホーム。

三走・ウッズはセーフ。
さらに村田の送球が高く、キャッチャー鶴岡が後ろにそらす間に
二走森野も還って、4-3。
(記録は野選+サード村田のエラー)

その後のチャンスを活かせないのが今のドラゴンズの課題だが、
なんとか8回を平井、9回を岩瀬がきっちり抑えて、
拙い内容の試合を拾って、この時点でマジックは3に。

岩瀬はプロ野球史上初の2年連続40セーブ以上を達成。

本当に息の長い、そして無事これ名馬の言葉通りの安定した成績。
シーズン初め、「すこし陰りが…」と書いたのが全くの的外れでありました。
岩瀬様、誠に申し訳ございません。

さて、夜の阪神だが…

10月8日 甲子園 阪神 1- 5 讀賣 (延長10回)

井川が先発も打線が応えられず、
ここまで、なんでもかんでもJFKとつぎ込んできたツケが回ってきたのか
久保田が延長10回、讀賣の打者一巡の猛攻を受けて、敗戦。

久々にマジックが2つ減って、ついにマジックは2(残り試合は6)となった。

最短は10日の東京ドーム。

さぁ、カウントダウン。
筆者も現場で一緒に数えたいと思います。

« 《IceBucks》 今週の氷鹿。(2006.10.7-8) | トップページ | 《FORMULA 1》 皇帝、残り17周での暗転。 »

ドラゴンズ」カテゴリの記事

野球」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66579/12203639

この記事へのトラックバック一覧です: 《DRAGONS》 対横浜 21回戦:

« 《IceBucks》 今週の氷鹿。(2006.10.7-8) | トップページ | 《FORMULA 1》 皇帝、残り17周での暗転。 »

Recommends


  • You need to upgrade your Flash Player.

LINK

エスパルス日程


2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

COUNT

エスパole!


エスパトラバ


ドラゴンズTB


Hockey TB


ついったー


無料ブログはココログ