« 《S-PULSE》 枝村、全治10日間。&青山、フル代表選出。 | トップページ | 《S-PULSE》 ユースから佐野、長沢が来季加入決定。 »

えす☆漫遊記 (さぬきうどんの旅・黎明編③)~山田家 本店

こんばんは。

えす☆漫遊記(えす・ほし・まんゆうき)。
第3回は、さぬきうどんの旅(黎明編)の第3夜でございます。

さて、谷川米穀店でうどんをいただいたあと、
折り返しのバスには乗れず、次の便まで4時間もあるということで、
前回ご紹介した「ビレッジ美合」で露天風呂でリラックス。

数時間のんびり過ごして、
「花畑」でかやくうどんをいただき、再び琴平方面へてくてくと。

後から「4時間後」のバスが来たので乗車し、
田舎道を30分、ようやく琴平駅に着くころには、すっかり夕方。

その夜は、こちらも以前紹介した高松の一鶴で骨付鳥にかぶりつき、
そのまま高松市内の宿へ。

で、翌朝。

うどんの食べすぎか、お腹が重い。

腹ごなしに栗林公園をゆっくり散策した後、
いよいよ、この日のメインイベント、どうでしょう班推奨のうどん店、山田家へ。

ことでん電車で高松・瓦町から長尾線で16分、琴電八栗駅へ。
ここまでくれば、あとは簡単。
山田家さんへは、ひたすら八栗ケーブルへの上り坂をあがるのみ。

15分も歩くだろうか。
左手に広い駐車場の奥に古い屋敷の門が見えるはず。
昼時は、ほとんどの車が、この駐車場に飲み込まれていく。

山田家本店

そこが、山田家本店だ。

一見高いんじゃないかと思うが、
中で食するうどんは、ぶっかけ270円を筆頭に実にお手頃。

何がいいって、雰囲気が先ず素敵。

ここがうどん屋であることを忘れさせる大庄屋の広い座敷席で
ゆっくりと、手入れされた美しい庭を見ながら、いただくうどん。

そのうどんが、また素晴らしい。

厳選された小麦粉と、戦前までは酒造りに使われていた水から生まれる
腰があって、喉越しもよい、白く美しい麺。

ざるぶっかけ

いただいたのは、ざるぶっかけ(530円)。

奥にちょこっと写っている薬味や天カスをお好みで。

別棟のテーブル席、そして晴れた日は縁側でいただくことができます。

うどん本陣 山田家さんについて、
詳しくはこちら。 (四国新聞・讃岐うどん遍路)

« 《S-PULSE》 枝村、全治10日間。&青山、フル代表選出。 | トップページ | 《S-PULSE》 ユースから佐野、長沢が来季加入決定。 »

えす☆漫遊記」カテゴリの記事

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66579/48656707

この記事へのトラックバック一覧です: えす☆漫遊記 (さぬきうどんの旅・黎明編③)~山田家 本店:

« 《S-PULSE》 枝村、全治10日間。&青山、フル代表選出。 | トップページ | 《S-PULSE》 ユースから佐野、長沢が来季加入決定。 »

Recommends


  • You need to upgrade your Flash Player.

LINK

エスパルス日程


2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

COUNT

エスパole!


エスパトラバ


ドラゴンズTB


Hockey TB


ついったー


無料ブログはココログ