« 《J-LEAGUE》 初昇格と、3度目の降格。 | トップページ | 《ひとりごと》 風邪っぽい »

《S-PULSE》 2006 第33節 ジュビロ磐田戦

「『勝敗』 が相応しくないゲーム」
判定負けも、負けは負け。5位に後退。

2006 J LEAGUE Division 1
Sec.33 静岡スタジアム・エコパ
ジュビロ磐田 1- 0 清水エスパルス
Goal: 59min. 前田(PK)

向こう側で起こったPK。

正直、こちらからではよく判らんが、
どうも、クロスに反応した西部が倒れこんだところに、
突っ込んだ福西の足が西部の頭に引っかかった様子。

吉田主審の位置から見たら、きっとPKだったんだろうな。

納得はしてないけど。

このプレーで失った1点を返せずに、
リーグ戦では2003年2ndステージ以来のダービー敗戦。

前半のうちに先制点を挙げて優位に進めたかったが、
細かいミスもあったりで、結局ゴールに至らず。

後半は、磐田が修正をしてきて、そして、PKと…。

内容としては、テル監督もコメントしているように
ある程度は圧倒できていたのだが、ゴールは生まれなかった。

ジェジンは、やはりフィニッシュの場面で中央にいてもらいたい選手。
それが、チャンスメイクのために外につり出されてしまうと、
中が岡崎では、まだ、相手に脅威とはならないんだよな。

岡崎は頑張ってはいるんだけど、まずゴールを挙げないことにはしょうがない。

それと、純平。
持ち上がったんなら、そのままフィニッシュまで行ってよし。
中に折り返して取られるくらいなら、シュートしたほうが相手は嫌がる。

いずれにせよ、「圧倒的に強い」チームになるには、
もう少し足りないものがあるってことだろうな。

それと、交代策も、やや、後手に回った感じがあったな。

前半40分頃、純平が足を攣り気味になってちょっと厳しそうだったんで、
後半は頭から交代かな…
後ろの山西も前節途中交代で、万全ではないし…って思ったんだけど、
監督は、交代させず。

磐田アジウソン監督が、服部を下げて茶野を入れて修正をしてきたのに、
純平→康平の交代は、そのサイドからのクロスからPKを献上した後の65分。

疲れからかボールが足元に着かず、パスミスも目立った枝村を下げて、
太田圭輔を投入したのは、82分。

FWが足りない、誰々がケガで十分でないっていうなら、
それをベンチワークでカバーするのが監督の仕事。

特に、負けてるんだから、先手先手で行かないと。

まぁ、四の五の言っても負けは負け。

順位は5位に下がった。

かといって4位の目がなくなったわけじゃない。

まずは、次節、今季最終戦の日本平で勝利して
年間目標の5位以上を確保すること。

あとは、カシマの結果を聞こうじゃないの。

(参考:カシマでの鹿島-磐田戦、鹿島の11勝4敗。)

あ、そうそう、試合終了後に、なんか水色の芋虫みたいな絵が出てたが、
ありゃ、静岡県の地図のつもりか?

浜名湖もなきゃ、大瀬崎もなかったから、多分違うと思うんだけど。

それと、今年のリーグ戦の戦績をお忘れなく。

2006/07/29 清水 20 磐田
2006/11/26 清水 0-1 磐田

総合:1勝1敗 清水 2-1 磐田 ですから。

あっ、健忘症か。

« 《J-LEAGUE》 初昇格と、3度目の降格。 | トップページ | 《ひとりごと》 風邪っぽい »

エスパルス」カテゴリの記事

サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66579/12835595

この記事へのトラックバック一覧です: 《S-PULSE》 2006 第33節 ジュビロ磐田戦:

« 《J-LEAGUE》 初昇格と、3度目の降格。 | トップページ | 《ひとりごと》 風邪っぽい »

Recommends


  • You need to upgrade your Flash Player.

LINK

エスパルス日程


2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

COUNT

エスパole!


エスパトラバ


ドラゴンズTB


Hockey TB


ついったー


無料ブログはココログ