« 《S-PULSE》 買うべきか、買わざるべきか。 | トップページ | 《S-PULSE》 ありがとう、そして、サヨナラ。~マルキ退団。 »

北極圏突入アラスカの旅 第3夜(どうCla on MXTV)

さて、いよいよ今週は、アンカレッジからコールドフットまで北上を図ります。

 

ここから先は、ネタバレします。

 

出発前、「いよいよ」といわんばかりに表情が緩むミスター。
が、大泉君が風邪をひき、具合が悪い状況。

藤村Dに、「病院に行かせてくれませんか?」
藤村D「後ほど考えますから。」
…まったく、行かせる気すらない。

とりあえす、寒暖の差が激しいためにフロントガラスにひびの入った
キャンピングカーのベッドで大泉君が寝ながら北上を続けることに。

が、気が逸るミスターをよそに、
藤村Dが、「セスナでマッキンリーを見ましょう!」と言い出す。

ミスター「行きたいんでしょ?」
藤村D「あなたたちがなんと言おうと、ボクは行きますよ!」

ただでさえ、1日ロスしているのに道草をすることに。

…飛行場のあるタルキートナに到着。


ミスターが藤村Dに「何ですか?」

マッキンリー付近、 悪天候のため飛行できません。

…またも。どうも海外ロケは思うようには行かない。
ってか、ろくに下調べしてないんだからしゃあない。
よって、この日の目標は、マッキンリーに近づくことに決定。

そのまま、昼食。

キャンピングカーの車内で、やおら湯を沸かしだす大泉君。


次の瞬間、キャンピングカー車内のテーブルの上には
日本で見かけたことのある白い円筒形の容器が…。

Cup Noodle

いきなりお茶を濁すありさま。
…が、まぁ体調も優れないようなので、今回はしょうがない。

途中、デナリ国立公園に入ると、
雪をかぶったアラスカの山々の景色に圧倒されるどうでしょう班。

藤村D「これ、絵じゃないの?」「写真みたいだ!」
…いつも思うが、Dのあなたが、一番感想言ってどうする。

午後8時7分、今宵のキャンプ地、キャントウェルに到着。
まだまだ、コールドフットは遠い…。

到着するなり、藤村D。
「申し訳ないのですが、あした1日、時間をください
何とか、マッキンリーを見たい」
ということでツアーを予約してきたと言い出す有様。

聞けば、2人が寝ている間にキャンプ地より北に40㎞ののホテルまで行き、
さきほどのマッキンリーの飛行機を予約してきたのだという。

「コールドフットに着くなら」と、不安を口にするミスターに、
藤村D「ここでも、オーロラ見れるんですよ。」といい、しまいには、
「さんざっぱら寝てたんだから、テメェ一人で起きて見りゃいいんですよ」との暴言。

時間も時間なので、と都合が悪くなるや、「ささっ、夕食」と大泉君に振る藤村D。
いよいよ、シェフ大泉、登場。


びすとろ大泉、初日開店。
本日のメニューは…

・前菜:トマトのオーロラ風
・本日のサラダ:ハリバット(白身魚)のサラダ オーロラ風
・パスタ:えびとブロッコリーのスパゲッティ オーロラ風

調理時間は、1品45分と設定。
現在、夜の8時45分。
9時30分には、夕食にありつけるはず

大「料理は手早く。


料○の鉄人よろしく、藤村Dがシェフの料理の進行状況をレポート。

藤「すでに、あと5分を切っております!」
~現在、シェフ大泉、前菜を調理中。
ミ「メインの方には取り掛かっているんでしょうか?」
藤「ハリバットを仕込みましたが、冷蔵庫に入れっぱなしです」
ミ「パスタは茹で上がるのに何分かかるんでしょうか?」
藤「最低でも15分はかかるものと思われます。」
(サラダにもパスタにも手は回っていない。)

あせる大泉。
やおら、姿の見えないアシスタントに指示を出す小芝居。
残り2分で、冷蔵庫からトマトを取り出し、中をくりぬき
前菜用に先ほどから炒めていたものに、トマトの中身を混ぜて、
くりぬいたトマト(ラベル付)を器代わりにして、
そこに炒め物を入れて、なんとか45分で、一品目、完成!

藤「いま気づいたんですが、3品で45分ではなくて、1品45分ですか?」
大「そうだよ。」
藤「…ていうことかは2時間半かかるんですか?」

試食するミスター。「とても上品なお味で…」
…想像するに、トマトの味しかしないんだろうな。


次に取り掛かるシェフ。

今度は、ハリバットをフライパンに。

大「魚のにおいを消すために、フランベするから。」
フライパンに酒を流し、コンロに傾ける。

キャンピングカーのキッチンに似つかわしくない炎が…

Pi Pi Pi Pi

警報機がなって、慌てて炎を消すシェフ。
大「やりたいことは、やったから」

次第に興味を失う3人を尻目に、シェフが焼きあがったハリバットに
マヨネーズとケチャップを混ぜた「オーロラソース」をかけて、完成。

試食したミスターの感想。
「ハリバットは美味しい」「オーロラソースはいらなかった。
…自分も口にして反論のしようのないシェフ。


そして、最後に、パスタに取り掛かる。

袋のパスタを、ほぼそのまま湯に投入したシェフ。

えびとブロッコリーに取り掛かろうとするシェフだが
思った以上に早くパスタが茹で上がり、狼狽し始める。

とりあえず、湯からパスタをあげるが、えびもブロッコリーも何もしてない。
あわててソースを作り出す。

レンジをパスタを茹でるので使っていたためフライパンが温まっていない。
藤村Dににんにくを探す手伝いまでさせて急ぎに急ぐのだが、
準備万端だったパスタは、どんどんやばい状況に。

えびとブロッコリーを炒めたところにパスタを投入するが、
フライパンにテンコ盛りとなるほど量が増したパスタ。

ミ「(苦笑しながら)なんでそんなに増えてんだよー 
焼きそばみたいになってんじゃんか。」
藤「(こちらも苦笑しながら)なんで、そんなに増えたの これ」

絡めようとするも、ちっともからまないパスタをなんとか
4人分皿に分けて、料理は完成。

終了は11時23分

腹も減っているので、なんとか増量したパスタを食べる4人。
遠目から食卓を映すカメラ…。

大「食感的にはモチに近い。最後の一口が入らないね。」

シェフの反省が聞こえたところで、第3夜は終了。


次週も、シェフ大泉が魅惑の料理を、みなさまにお見舞いしそうです。

« 《S-PULSE》 買うべきか、買わざるべきか。 | トップページ | 《S-PULSE》 ありがとう、そして、サヨナラ。~マルキ退団。 »

大泉洋」カテゴリの記事

水曜どうでしょう」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66579/48656719

この記事へのトラックバック一覧です: 北極圏突入アラスカの旅 第3夜(どうCla on MXTV):

« 《S-PULSE》 買うべきか、買わざるべきか。 | トップページ | 《S-PULSE》 ありがとう、そして、サヨナラ。~マルキ退団。 »

Recommends


  • You need to upgrade your Flash Player.

LINK

エスパルス日程


2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

COUNT

エスパole!


エスパトラバ


ドラゴンズTB


Hockey TB


ついったー


無料ブログはココログ