« 《S-PULSE》 「来」、その参。 ~児玉 新選手をレンタルで獲得 | トップページ | 今日の名セリフ(1月13日) »

アラスカ北極圏縦断 第6夜(どうCla on MXTV)

第6夜。
ようやく、放送に追いついた…。

ここから先は、ネタバレします。

 

 

フェアバンクスから最終目的地、人口12人の街、コールドフットへ。
そうそう、忘れるところだった。
オーロラを見るのが、今回の旅の目的だったんだよね。

いよいよ北上となるのだが、ここからは悪路。
ハイウェイと名がついていようが、舗装なんかしちゃいない。
レンタカー屋も、これ以上北に行くなら車は貸せないと言い出すありさま。

結局、専属ドライバーと日本語ガイドを連れていくことを条件に
かつ、車をチェンジすることで、北上できることになった。

フェアバンクス国際空港で、ドライバーのジムとガイドのナップが合流。
陽気なジム。「カンパイ、バンザイ」と知ってる日本語を話す。

車を運転しなくてもよいという安心感もあってか、
例のごとく」大泉が居眠り。

そして、「例のごとく」藤村Dに叩かれ、 起こされる。

それを2回繰り返した後、今度は、藤村Dが居眠り。

千載一遇のチャンスとばかりに藤村Dの側頭部を大泉君が叩く。
大泉「寝込みを襲われたら、一発ですよ。」

ユーコン川を渡り、ジェットコースターのような坂道を越え、
運転にも慣れたジムは、余所見はするわ、写真を見せだすわで
ハンドルから手を離し、どうでしょう班を冷や冷やさせる。

運転にも慣れたジムが、運転席で横のナップと猥談を話す。
それをナップに、(この日本人どもに)訳せ。と。

大泉君が、ジムがナップに話しかけている言葉を訳す。

「いいから訳せ。そのまま訳せ。」
「訳せばいいんだ。どうしたナップ?ぶちかましてやれ」

結局、ナップさんが訳してくれました。猥談を。

そして、北緯66度33分を突破。
北極圏に突入。盛り上がるどうでしょう班。

北極圏を示す看板の前で、ジムの「ハンパイ、バンザイ」の発声のもと
(えらい度数の高い)シャンパンでお祝い。
記念撮影までして、すっかりご陽気な一行。

さらに興じたジムが、カナダジェイという鳥を呼び寄せ、
大泉、ミスターが手で差し出す餌をついばませる、サービス。

車に戻ったどうでしょう班。
2杯飲んだ藤村Dを筆頭に、すっかり出来上がっている。

しまいには、ナップがダジャレを繰り出す。
彼(ジム)の先祖は、ジム(神武) 天皇だ

悔しがるミスター。
大泉「そのダジャレは、外人が言っちゃダメだろー。」

笑いすぎたナップ「笑いすぎて、 横隔膜が痛い
大泉「横隔膜が痛いって、日本語で言ったの?なんなんだよ、この人は。」
そのツッコミをもろともせず、ジム天皇のダジャレをジムに説明するナップ。

途中、休憩して、ツンデレ…、違う、ツンドラの地面に立つ2人。
ふかふかして、やわらかいツンドラの地面。
大泉洋がレポート。

Take 1
「アラスカは北極圏に来てます。次は青森圏(県)に行きます。」…寒。
藤村D「しまんないでしょ。何で余計なこと言ったの、 今(怒)」

Take 2
「ツンドラの大地はふにゃふにゃしている、そんなところでしょうか…」
藤村D「多少はペーソスを効かせなさいよ(怒)」
大泉、逆ギレ
「眠いとこ叩き起こして、何がツンドラ紹介しなさいだよ。
あなたがすればいいでしょ」

そして、夕方5時過ぎ、コールドフットに到着。
カメラを一回、パーンすれば全景が映せる小さな町。
(ってか、トラックステーションくらいしかないんだな。)

ドライブインみたいなレストランで食事。
その最中、ナップ「とんだ質問ですけど…」
「あの、堺正章… 彼、歳いくつですか?」
大泉「いくつでしょうね…」
ナップ「じゃぁ、市原悦子は?」
大泉「林家ペー、パー子じゃないんだから、
なんでそんなに他人の歳知りたいの?」
藤村D「…60」
大泉「還暦。還暦わかんないだろ。」
ナップ「オレも 祝い 終わりましたよ 去年」
大泉「還暦の祝い、アラスカでやったの?」
ナップ「ううん、鶴岡で」
大泉「ナップさんなら、日本でも人気でしょ。」
ナップ「なるべく目立たないように…」

大泉「なんなんだろうね、この人たちは…」
ナップ「内地の人だよ」
大泉「あんたは、アラスカの人でしょ。」

ホテルへ向かう一行。大泉が遅れて、車に乗り込む。
ナップ「いい お待遇ですねぇ…
大泉「なんだ、今度は外人の嫌味攻撃か。アメリカ人らしくもない。」

ホテルに入ったどうでしょう班。
夜7時頃に仮眠とか言って横になったのだが、
案の定、寝入ってしまい気づけば、もう夜11時。

藤村D「寝ちゃダメだって言われたでしょ」
ミスター・大泉「起こしてくれなかったんだもん。」

藤村D「明日の夜には、(日本へ帰るための)飛行機が出ますから。」
ミスター「帰るんですよ。」
藤村D「今晩しかないんですよ。」

さんざっぱらマッキンリーだの氷河だのと寄り道した挙句が
オーロラを見るために残された時間が一晩だけというありさま。

はたして、オーロラは見られるのか?
次週(本編放送では第100回)を待て!

 

« 《S-PULSE》 「来」、その参。 ~児玉 新選手をレンタルで獲得 | トップページ | 今日の名セリフ(1月13日) »

水曜どうでしょう」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66579/48656740

この記事へのトラックバック一覧です: アラスカ北極圏縦断 第6夜(どうCla on MXTV):

« 《S-PULSE》 「来」、その参。 ~児玉 新選手をレンタルで獲得 | トップページ | 今日の名セリフ(1月13日) »

Recommends


  • You need to upgrade your Flash Player.

LINK

エスパルス日程


2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

COUNT

エスパole!


エスパトラバ


ドラゴンズTB


Hockey TB


ついったー


無料ブログはココログ