« 今年のユニ、届く。 | トップページ | 《S-PULSE》 2007 ナビスコ杯 第4節 柏戦 »

《S-PULSE》 2007 J1 第5節 大分トリニータ戦

夜が明けて、また夜になると日本平でナビスコ杯が行われるというのに
今頃になって大分戦の観戦記です。

2007 J.LEAGUE Division 1
第5節 日本平スタジアム
清水エスパルス 20 大分トリニータ
Goal : 62min. 市川65min. チョ ジェジン

正直、前半の内容では、勝敗がどうなっていたか判らなかった。

序盤のチャンスを逃すと、徐々に大分に盛り返されてしまい、
大分の組織的な守りの前になかなか攻撃の形を作れず、
逆に、児玉のサイドからクロスをたびたび上げられるなど、
(精度が高いとは言えず、ピンチというほどでもないが…)
最終的なスコアからは想像できないほど苦しい試合展開。

せっかくボールが前に行っても、連動した動きが足らず、
前線で孤立したり、球の出所がなかったりと厳しかった。

で、後半は、やはり修正を施したようで。

フェルナンジーニョをやや下がり目のポジションに下げ、
サイドからの攻撃を厚くし、かつ、左右のボール回しも改善。

で、先制は市川の豪快なシュートだったわけだが、
ゴールした本人が振り返るように、連動性が発揮されたシーンだった。

兵働らの動きでぽっかりと空いた大分の中央やや左よりのスペースへ、
清水から見て左から右へ大きくパス。
(メイン・ホーム側から見ると、きれいにスペースが空いてました。)

ここに市川が走りこみ、そのまま持ち込んで豪快にシュート。
U-22GKの西川が反応するも及ばず、左のネットを揺らし、清水が先制。

その3分後、大分の守りが混乱しはじめたのを見るや、
枝村が右からグラウンダーのパスをゴール前に。

左からスピードに乗って切れ込んできたジェジンが、
DFと競りながらGKの前でチョコンとコースを変えて、瞬く間に追加点。

ここ数年の清水は、先制、すぐさま追加点というのがなかなかなかっただけに、
千葉戦での5分間で3点に続く、大分戦での3分間で2点というのは、
立て続けに点が取れるようになったという点で成長を感じます。

その後、大分が攻撃的な選手を投入し、案の定、押されだすのだが、
西部のファインセーブや、守備陣が最後の最後で踏ん張って
大分に得点を許さず、2-0で終了のホイッスル。

久々に完封で試合を終えれたのは、何より。
まだまだ、慌ててクリアして、また攻め込まれるなんてシーンもあったが
落ち着けばなんとかなるのではないかと思う。
(破滅的な破綻の兆しは見られないので。今のところ)

これで、リーグ戦は4勝1敗。
順位4位は変わらずだが、首位・柏との勝ち点差は1と僅か。

川崎、鹿島と難敵が続くが、なんとか切り抜けてもらいたい。

 

で、ナビスコ杯の方だが、水曜日の相手は、リーグ戦首位の柏。

3月の連戦で2連敗を喫した相手。
(リーグ戦 0-1。ナビスコ予選 1-2。)

同じ相手に3度も負けるのは、とてもとても恥ずかしい。

チームにおけるナビスコ杯のプライオリティ云々の前に、
プレーヤーとしての意地にかけても、絶対に勝利せよ!

« 今年のユニ、届く。 | トップページ | 《S-PULSE》 2007 ナビスコ杯 第4節 柏戦 »

エスパルス」カテゴリの記事

サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66579/14639509

この記事へのトラックバック一覧です: 《S-PULSE》 2007 J1 第5節 大分トリニータ戦:

« 今年のユニ、届く。 | トップページ | 《S-PULSE》 2007 ナビスコ杯 第4節 柏戦 »

Recommends


  • You need to upgrade your Flash Player.

LINK

エスパルス日程


2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

COUNT

エスパole!


エスパトラバ


ドラゴンズTB


Hockey TB


ついったー


無料ブログはココログ