« 《S-PULSE 2007》 J1 第11節 アルビレックス新潟戦 観戦記 | トップページ | 東急世田谷線 »

《DRAGONS 2007》 讀賣7~9回戦

なんか、よく判らんが、讀賣が首位に立っている。
それ自体が、なにより気に食わない。

対讀賣は、今季6試合を戦って3勝3敗の五分。
ゲーム差は3。3連勝すれば一気に首位だったわけだが…。

■5月11日 NPB CENTRAL LEAGUE
東京ドーム 讀賣 81 中日
勝: 内海 5勝1敗
敗: 川上 1勝2敗
本: 谷4号2ラン小笠原8号・9号ソロ中村紀7号ソロ高橋由8号2ラン

憲伸の大乱調がすべて。
あと、いい加減、小笠原にバカみたいに打たれるのは何とかせぇ。

■5月12日 NPB CENTRAL LEAGUE
東京ドーム 讀賣 59 中日
勝: 中田 4勝2敗
敗: 久保 2勝2敗
本: 森野5号3ラン井端3号ソロ木村拓1号ソロ

前日の裏返しか。
初回、いまや讀賣キラーになりつつある森野の3ランで先制すると、
2回に井端、3回に中村紀のタイムリーで早々に讀賣先発久保をノックアウトすると、
2番手で出てきた野口から井端が3号ソロを放つなどして4点を奪い、早々に試合を決めた。

先発・中田は6回5失点と、けっしてほめられる投球内容ではなかったが、
大量点に守られて、今季4勝目。

■5月13日 NPB CENTRAL LEAGUE
東京ドーム 讀賣 36 中日
勝: 山本昌 2勝3敗
敗: 林 1勝1敗3セーブ
セ: 岩瀬 1敗8セーブ
本: 二岡5号ソロウッズ16号ソロ谷繁2号ソロ

今季中日戦初先発の讀賣・高橋尚から3点を奪い、3-1とリードしながら、
昌さんが7回裏につかまり、3-3と追いつかれてしまう。

が、8回表、讀賣は7回裏に先発・高橋尚に代打を送った関係で2番手に林を投入。
結局、この交代が中日打線の再点火を呼び込むのだから、野球は怖い。

この回先頭の荒木が粘ってフォアボールで出塁すると、
高橋尚にここまで無安打だった福留が、
フルカウントからの6球目をセンターにはじき返す2塁打。

荒木を迎えいれ4-3とすると、2死3塁から森野の犠牲フライでさらに1点を追加。
9回には谷繁のソロも飛び出しリードを拡げると、
最後は岩瀬が〆て、6-3で讀賣を振り切った。

初戦は落としたが、よく持ち直して、2勝1敗で3カード連続の勝ち越し。
6連敗を徐々にリカバーしているのが、よく判る。

この日、2位横浜が広島に大敗した結果、
1位讀賣・2位横浜・3位中日が1ゲーム差の等間隔で続きという混戦で、
いよいよ交流戦前最後の1週間を迎えることになった。

« 《S-PULSE 2007》 J1 第11節 アルビレックス新潟戦 観戦記 | トップページ | 東急世田谷線 »

ドラゴンズ」カテゴリの記事

野球」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66579/15063232

この記事へのトラックバック一覧です: 《DRAGONS 2007》 讀賣7~9回戦:

« 《S-PULSE 2007》 J1 第11節 アルビレックス新潟戦 観戦記 | トップページ | 東急世田谷線 »

Recommends


  • You need to upgrade your Flash Player.

LINK

エスパルス日程


2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

COUNT

エスパole!


エスパトラバ


ドラゴンズTB


Hockey TB


ついったー


無料ブログはココログ