« 足柄サービスエリア | トップページ | 《DRAGONS 2007》 讀賣7~9回戦 »

《S-PULSE 2007》 J1 第11節 アルビレックス新潟戦 観戦記

さて、そろそろ反撃しても、いいですか?
いいんです!(川平慈英風)

2007 J LEAGUE Division 1
第11節 清水日本平スタジアム
清水エスパルス 31 アルビレックス新潟
Goal:05min. 岡崎44min.(PK)・73min. 藤本88min. エジミウソン(PK)

岡崎、先制ゴール!
前半5分 岡崎のヘッドで清水が先制!

淳吾、PKを沈める。
前半44分、淳吾がPKを決めて、2-0。(GKの手には触れたけどね…)
エスパルス、J1通算750ゴールは、淳吾の今季初ゴール!

枝村、1対1を決めきれず…
枝、それは決めないと…

ダメ押しの3点目。
枝村・淳吾の1・2から左に抜け出したフェル様へ。
フェル様のヒールを受けた淳吾が冷静に決めて、3-0。

3-1で勝利の花火!
別に苦手意識があるわけじゃないんだけど、
対戦戦績のよくない新潟戦だったが、
結果は、最後にPKで1失点したものの、3-1と快勝といっていい結果を残した。

4月29日から続いた5連戦の最後ということで、
両チームともミスが目立つ試合ではあったが、
そういう試合でも勝てる能力という点で、清水が上回ったということだろう。

新潟の脅威といえば、やはりエジミウソンと「ヤノ・キショー」なわけだが、
この日は、青山・和道の両CBが、ほとんど仕事をさせず、脅威を減殺。

また、効果的なパスを出させない、危険なところをケアするというところで、
テルや、この日誕生日だった兵働が要所要所で顔を出していた。

2ゴール1アシストの淳吾は、コンデションはよくなく、パスミスも目立ったが、
それでも、「清水の10番」としての仕事は果たしたのではないだろうか。

そして、個人的に、この試合のMVPは、西部かと。
いまや、代表候補。

後半、案の定、新潟に押し込まれる展開で、1失点していれば危ない展開であったが、
再三の新潟の決定機をファインセーブ連発でシャットアウト。
新潟に行きかけた流れを完全に断ち切り、清水の3点目を呼び込んだといったいい。

あと、岡崎にも触れておかないとね。

最後に古傷を痛めて交代となったけど、
行ける所まで行くと言わんばかりのがんばりを見せてくれた。

なによりも、日本平初ゴール、おめでとう!
これからも期待しているよ。

 

ん?

タイトルがなんのこっちゃって?

いや、ほら、対戦成績がね…。

« 足柄サービスエリア | トップページ | 《DRAGONS 2007》 讀賣7~9回戦 »

エスパルス」カテゴリの記事

サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66579/15062272

この記事へのトラックバック一覧です: 《S-PULSE 2007》 J1 第11節 アルビレックス新潟戦 観戦記:

« 足柄サービスエリア | トップページ | 《DRAGONS 2007》 讀賣7~9回戦 »

Recommends


  • You need to upgrade your Flash Player.

LINK

エスパルス日程


2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

COUNT

エスパole!


エスパトラバ


ドラゴンズTB


Hockey TB


ついったー


無料ブログはココログ