« 《DRAGONS 2007》 交流戦 福岡ソフトバンク3-4回戦 | トップページ | 《橙とサイコロな日々》 2007/6/27 更新 »

えす☆漫遊記~鬼と熊と湯煙と。2007 登別「花鐘亭はなや」

どうも。
しばらくエスパの試合もないので、こちらを頑張りましょうかね。

さて、銀のホタテこと札幌ドームで行われた交流戦の日ハム戦。

それを見に行くのと、親が旭山動物園に行きたいとのたまわったため、
じゃあと、5月の休日出勤分の代休も使って、北海道に行ってきました。

土曜日の野球の試合を見に行くのに、前泊することはないだろうという
一部のご批判は、さておき、前泊しましたよ。登別に。

鹿部は…もとい、登別は、左!

登別は、実は2度目です。

昨年も行ったのですが、雨に降られてしまい、何もできず
宿でのほほんとしておりましたですよ。

今回も、その同じ宿にうかがいました。

お宿の名は「花鐘亭はなや」

花鐘亭はなや さん

登別というと、「第一滝本館」の様な大きいお宿が多いのですが、
こちらは部屋数が30室以下とこじんまりとしたお宿です。

フロントからエレベーター、そして廊下とすべて絨毯が敷かれているため、
このお宿、スリッパがありません。

きちんとお掃除されているので、自宅のように素足で館内を歩けるのがよいですね。

そして、夕食・朝食ともお部屋だしです。
だから、ゆっくりと食事することができます。

お料理も一つ一つ手が込んでいて、実に美味しいです。

何品かご紹介しましょうか、ね。
(全部揃ってから写真を撮ろうかと思ったが、
あったかいものはあったかいうちにってことで。)

お造りほか
お造りほか。左端のは、雲丹豆腐だったかと。

こちらは、前菜ですね。
吸物に、蒸し物
えびさん薯の吸物と、蒸し物の彩万頭。
焼物
サーモンもろこし焼き

これ以外にも、北海蛸を使った酢の物、チゲ風の具たくさんのお鍋、
お肉料理、そして、個人的にお気に入りの、青唐辛子味噌が添えられたご飯と続き
最後は、水菓子と続きます。

とても美味しくいただきました。ごちそうさまでした。

こちらのお風呂ですが、硫黄泉のかけ流しだそうです。

男女とも、露天と内湯が1つずつあります。

こちらは、宿のそばに川が流れているため、露天ならば、
その流れの音を聞きながら、ゆっくりつかることをお勧めします。

露天・内湯とも3人も入れば一杯になってしまう感じですが、
客室数を考えれば、ちょうどいい感じです。

自分は夕食前に一回入りましたが、貸切状態でした。

ちなみに、私たちが泊まった夜は、
ちょうど「地獄の谷の鬼花火」という催しをやってました。
(2007年は、6/1~8/24の毎週金・土曜開催)

地獄の谷の鬼花火
六体の湯鬼神が、手筒花火を掲げ、地獄谷を照らす。

夜8時半開始、30分程度の開催ということで、
食事も終わって一息といったところで、皆さん集まりやすく、
やはり、全国屈指の温泉地だなぁと思った次第です。

10/31までは、地獄谷がライトで照らされ、夜10時まで遊歩道の散策ができるそうで、
筆者も、闇に不気味にあがる湯煙と荒涼とした地獄谷の風景を楽しんできました。

10時過ぎに宿に戻って、もう一度、お風呂をいただき、
ぐっすりとこの夜は眠ることが出来ました。

朝食も品数が多かったのですが、こちらも美味しくすべていただくことが出来ました。

はなやさんの朝食
朝食。前夜あれだけいただいたのに、完食です。

花鐘亭はなやさんの公式HPは、→こちら

JR登別駅から、道南バス登別温泉行きで「登別厚生病院前」下車すぐ。
道央道登別東I.C.から登別温泉に向かうと、温泉街の入り口の左側に見えます。

コンサドーレがJ1に復帰したら、また、それを口実にうかがいたいですね。

では、また、次回。

次回は、登別クマ牧場などをご紹介します。

« 《DRAGONS 2007》 交流戦 福岡ソフトバンク3-4回戦 | トップページ | 《橙とサイコロな日々》 2007/6/27 更新 »

えす☆漫遊記」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

えす☆ふりーく様、ありがとうございます。

ありがたく使わせて頂きます。今後ともよろしくお願いいたします。

わざわざご連絡いただきありがとうございます。
あくまでも個人の印象ですので、参考になるか判りませんが、そのままご使用ください。

はじめまして
「温泉の口コミ・宿泊体験記」管理人の温泉口コミマニアと申します。

私のブログでは,北海道の温泉宿・旅館に宿泊したときのブログ記事を集めているのですが、大変恐縮ですけれども、事前にお許しを頂くことなくこちらの記事を私のブログの中で紹介させて頂いてます。

もしもご迷惑になる様でしたら、お手数ですけれども、私のブログのメールフォーム、またはコメント欄に「紹介をやめて欲しい」と申し出て頂けますでしょうか?

よろしければ、これからも記事を使わせて頂けるとうれしいです。よろしくお願いいたします。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66579/48656846

この記事へのトラックバック一覧です: えす☆漫遊記~鬼と熊と湯煙と。2007 登別「花鐘亭はなや」:

« 《DRAGONS 2007》 交流戦 福岡ソフトバンク3-4回戦 | トップページ | 《橙とサイコロな日々》 2007/6/27 更新 »

Recommends


  • You need to upgrade your Flash Player.

LINK

エスパルス日程


2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

COUNT

エスパole!


エスパトラバ


ドラゴンズTB


Hockey TB


ついったー


無料ブログはココログ