« 《S-PULSE 2007》 J1第15節 横浜F・マリノス戦 | トップページ | 《S-PULSE 2007》 悲喜こもごも、若干、悲しみ寄り。 »

《DRAGONS 2007》 交流戦 北海道日本ハム3-4回戦

どうも。
今、羽田を出たところです。

といっても、札幌からではなく旭川からJALだったわけですが。

■6月16日 NPB INTERLEAGUE
札幌ドーム 北海道日本ハム 2 - 3 中日
勝: 川上 6勝2敗
敗: ダルビッシュ 6勝3敗
セ: 岩瀬 1勝2敗17セーブ
本: 高橋3号2ラン

筆者が見に行った土曜日。
ウッズが腰を痛め、中村紀、荒木も調整と、すっかり野戦病院化。
筆者の記憶にも珍しい純国産オーダー。

相手はダルビッシュ。
正直、厳しいものを感じたのは事実です。

えぇ、ビジターチーム側の1塁側にもハムファンが来ており、
こりゃ、負けると厳しいなぁと思いましたもの。

案の定、試合を通じて効果的な攻撃ができたイニングは
ほとんど無かったんですが、
それでも勝ててしまうのが恐ろしいところ。

立ち上がり、制球に難のあったダルビッシュ。
初回、ストライク・ボールがはっきりし過ぎて、3四球。
福留のタイムリーと谷繁の押し出しで、2点を先行。

4回には得点圏にランナーを進めて、打順は井端。
井端の打球は、一・二塁間へ。

ここで日ハム・セカンド、田中賢がジャッグル。
その間にランナーが還り、これが決勝点。

憲伸は、6回1/3で2失点とエースの役割をしたように数字だけは見えるが、
一本調子になって打たれる悪い癖が出ており、猛省を促したい。

この試合の勝ち投手は、憲伸のあとの平井と言いたいくらい。
2死満塁とされながらも、セギノールを三振に撃ち取り、反撃の芽を断った。

とりあえず、日ハム戦の連敗は5でストップ

■6月17日 NPB INTERLEAGUE
札幌ドーム 北海道日本ハム 1x - 0 中日
勝: 武田久 3勝2敗2セーブ
敗: 中田 7勝4敗

サヨナラ負け。

中田、自分を責めるな。
こんな日もある。

負けたのは4安打に終わった打線にある。

« 《S-PULSE 2007》 J1第15節 横浜F・マリノス戦 | トップページ | 《S-PULSE 2007》 悲喜こもごも、若干、悲しみ寄り。 »

ドラゴンズ」カテゴリの記事

野球」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66579/15469131

この記事へのトラックバック一覧です: 《DRAGONS 2007》 交流戦 北海道日本ハム3-4回戦:

« 《S-PULSE 2007》 J1第15節 横浜F・マリノス戦 | トップページ | 《S-PULSE 2007》 悲喜こもごも、若干、悲しみ寄り。 »

Recommends


  • You need to upgrade your Flash Player.

LINK

エスパルス日程


2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

COUNT

エスパole!


エスパトラバ


ドラゴンズTB


Hockey TB


ついったー


無料ブログはココログ