« 蒸し暑かったので、ひとっ風呂 | トップページ | 《DRAGONS 2007》 交流戦 福岡ソフトバンク3-4回戦 »

《S-PULSE 2007》 J1第17節 浦和レッドダイヤモンズ戦

3試合、1分2敗。    
聖地・日本平が泣く、空梅雨の6月。

2007 J LEAGUE Division 1
第17節 清水日本平スタジアム
清水エスパルス 0 - 1 浦和レッドダイヤモンズ
Goal: 24min. 阿部

手札を切れば切るほど得点の要素が薄れるのはなぜでしょう。
淳吾を下げ、フェルを下げたら、誰がセットプレーをやるんですか?

岡ちゃんに代えて、西澤を投入しましたが、
得点の匂いはいっそう薄れて行ったように思うのですが、
それは気のせいなんでしょうか…。

監督が、同じ背番号9の矢島に期待するのはわかりますが、
あんなへたれなシュートを打っているのなら下げたほうがマシですが…。

ジェジンがいないこともあり、
また、長期的に強いチームを作るために我慢してでも使ってるんでしょうが、
正直、「心中」は指揮官としてはやってほしくない選択ですな。

↓セットプレーの巧拙と書きましたが、それ以外でも、課題は多く。
特に失点の少ないレッズのようなチームとやるときは、
如実に結果として返ってきますな。

前半でしたか…。
左から上がったクロスに3人も集まってしまって、
結局誰も反応できずってシーンありました。

3人も1つのボールに行って、どうするんですか?

誰かがこぼれ球を狙うために備えておくというのは必要なのでは?
あるいは、ファーに流れてしまったボールに反応するってのもありえますよね?

ただでさえ、ピンポイントでダイレクトボレー(orヘッド)なんてことは、
清水の場合、最近ありませんから。

先制点を取った阿部が「闘莉王に2人も付いていったから」と、
自分の周りと、味方の周りをしっかり見て飛び込んだように、
自分の周囲だけでなく、味方の状況をよく見ておくべきじゃないでしょうか。

もっと言ってしまえば、
まず、攻撃のときの「人の動きの決まりごと」が整理されてないから、
そして、その決まりごとを活かすための実際の動きが伴ってないから、
こうなるんでしょうかね。

まぁ、そのためには、どういうボールをどこに出すのかの決め事とか、
その決まりごとにあうような、精度の高いボールを出すこととかも
求められるんですが。

守備にしても、それは言える訳です。

失点シーン。
阿部の蹴ったFKがCKになり、そのCKを阿部に飛び込まれたわけですが、
じゃあ、CKを蹴ったポンテにFKの時に付いていたマーカーは
何してたんですかね。

誰が誰に付くというのは大事ですが、
セットプレーで大事なのは「穴」を作らないことじゃないかと
思うんですよね。

結果として 0 - 1 で敗れたことも考えると、少ないチャンスをどう活かすのか、
そして、こういう「守り」の要素が高い試合では、
相手のチャンスを如何に潰すのか、 そのあたりの整理が必要でしょうね。

まぁ、もっとも、その前に、チャンスが多くあっても得点が少ないわけで
そっちの方を整理するべきなのかもしれませんが、ね。

中断まで、あと1試合。

まぁ、石さんに恩返し、してきてください。

で、韓国に行くようですが、自分たちの課題を整理することを忘れずに。

ただ、漫然と試合をしにいくんじゃないぞ。
それ相応のリスクを背負って、行くんだから。

 

さて、試合前に起こったイザコザについて。

あいにくメインのホーム側上段にいたため、まったくの死角で、経緯がわからず。

ただ、起こってしまったことについては、
試合・主管者である、株式会社エスパルス、
および主催者である、社団法人日本プロサッカーリーグ、
ならびに、アウェイで起こった事とはいえ、
自クラブのサポーターが少なからず関わった以上、
株式会社三菱自動車フットボールクラブが、
よく検討し、慎重な判断の上、処置してください。

そもそも、アウェイ側横断幕の貼付箇所として指定されていないあの場所に
アウェイ側の横断幕が貼られたことについて、主管者である株式会社エスパルスは
運営・警備として適切に対応できていたのか?

また、他のアウェイ会場でも同様の、類似の事象が生じているということも聞いており、
株式会社三菱自動車フットボールクラブは、サポーター団体にどのように指導しているのか?
あえて書きませんが、関係者の処分だけで事は終わらないことは解ってますよね?)

社団法人日本プロサッカーリーグは、
今回の件に限らず、サポーターが起こした事象について
制裁金とは違う形での処断をそろそろ検討すべきではないのか?

百年構想には、バラ色の未来だけが書かれているわけでもあるまい。
理想論だけでは解決しないことくらい、現キャプテンが一番わかっているはずだがね。

世界で一番安全なスタジアムを作るには、
そこに集う人のモラルも求められるが、
それを開催する側にもそれ相応の対応なりが求められるのは、当たり前のこと。

必要なら「ダメなものはダメ」としてしまってもよい。
状況に応じて柔軟な対応とかいっていると限がなくなるのが目に見えている。

残念ではあるけれど、浦和の試合のチケットにも書いてあるようなこと
(ありていに言えば、「出島」以外でのアウェイサポの応援禁止)を、
浦和以外のクラブも、 厳然と実施するときが来たんだと思う。

いくら大勢でいらっしゃるとはいえ、ホーム側が不快な思いをするなら、
何のためのホームゲームなのかすらわからなくなってしまい、
もはや本末転倒といわざるを得ない。

セクタ分離だけでなく、そこまでやらなければいけないとするなら
それはそれで残念だが、いつまでも牧歌的ではいられないのも事実だろう。

最後に、どんな経緯があったかはわからないが、
イザコザの中で殴られた方がいらっしゃると聞く。

また、イザコザの中、多くの親子連れが避難されたとも聞く。

スタジアムに居合わせた20,300人の一人として、
不快な思いをされたことをお詫びしたいと思います。

« 蒸し暑かったので、ひとっ風呂 | トップページ | 《DRAGONS 2007》 交流戦 福岡ソフトバンク3-4回戦 »

エスパルス」カテゴリの記事

サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66579/15550775

この記事へのトラックバック一覧です: 《S-PULSE 2007》 J1第17節 浦和レッドダイヤモンズ戦:

« 蒸し暑かったので、ひとっ風呂 | トップページ | 《DRAGONS 2007》 交流戦 福岡ソフトバンク3-4回戦 »

Recommends


  • You need to upgrade your Flash Player.

LINK

エスパルス日程


2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

COUNT

エスパole!


エスパトラバ


ドラゴンズTB


Hockey TB


ついったー


無料ブログはココログ