« 《S-PULSE 2007》 PEACE CUP 2007 v. Reading FC | トップページ | 《SAMURAI BLUE 2007》 アジアカップ2007 準々決勝 豪州戦 »

えす☆漫遊記~鬼と熊と湯煙と。2007 登別② クマ牧場

どうも。
登別の2回目です。

1回目は、こちら
(1回目からは、1ヶ月ぶりですか…。)

さて、昨年は雨に降られたためにどこにも行けず、
観光らしい観光をしておらず、
今回が初の登別「観光」となりました。

まず、最初に向かったのが登別クマ牧場。

登別温泉バスターミナル近くからロープウェイで山上へ。

ロープウェイで登っていきます。
ぐんぐん上っていきます。
山上が、すなわちクマ牧場の入り口となっております。

向かって左側、手前にメス、奥にオスのクマたちがいます。

ここの熊たちは、いつからかはわかりませんが、
愛嬌のあるしぐさでお客さんにえさをおねだりをするようになりました。

お願いするクマ
手をあわせてお願いをする熊もいれば、愛嬌のある座り方をして、
投げてくれるのを待っている熊もいます。

こちらが上手にえさを投げてやると、そのままパクリと食べます。
おこぼれをはじめから狙ってるクマもいます。

オスの方はですね、あまりメスほど動きません。
どでーんと構えております。

ただ、飼育場内に突き出したカラス張りの場所がありまして
その脇から、心太の要領でえさをやることができるわけですが、
こいつら、ずうずうしいですね。

えさ、よこせ~
待ってやがります。

さて、この緑の箱は、北海道にある「ごみ集積場」のゲージですが、
ゲージに入ったクマ
甘い水をたらすと、においを嗅ぎつけて、すぐに開けてしまいますって
実験なわけですが、やりなれてしまったのか、
格子の間から器用に舌を入れて、甘い汁なめてしまいます。
おかげで、4・5分、説明役の飼育員さんが悪戦苦闘。

その間、観客もえさを投げずにかたずを飲んで見守ってるわけで。
なんとか1頭がゲージの蓋を開けて中に入ったときは、安堵もまじった拍手喝采。

クマ博物館の屋上がクッタラ湖の展望台になってまして、
この湖が、また透明度がめちゃ高いってことで、
クッタラ湖
晴れてますと、こんなにきれいに見えるわけです。

アヒルの瞬発力のすごさに、あぁこいつも鳥なんだと再認識できる
アヒルレースも楽しみまして、無事下山。
一戦終わって休憩中。

続きましては、地獄谷と、こうなるわけですが、また次回と。

引っ張るな、われながら。
(また、1ヵ月後か…?)

« 《S-PULSE 2007》 PEACE CUP 2007 v. Reading FC | トップページ | 《SAMURAI BLUE 2007》 アジアカップ2007 準々決勝 豪州戦 »

えす☆漫遊記」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66579/48656858

この記事へのトラックバック一覧です: えす☆漫遊記~鬼と熊と湯煙と。2007 登別② クマ牧場:

» 登別温泉 [登別温泉]
登別温泉 [続きを読む]

« 《S-PULSE 2007》 PEACE CUP 2007 v. Reading FC | トップページ | 《SAMURAI BLUE 2007》 アジアカップ2007 準々決勝 豪州戦 »

Recommends


  • You need to upgrade your Flash Player.

LINK

エスパルス日程


2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

COUNT

エスパole!


エスパトラバ


ドラゴンズTB


Hockey TB


ついったー


無料ブログはココログ