« 新宿駅東南口、火事騒ぎ | トップページ | 《ひとりごと》 ヴァンフォーレ、興奮 »

《S-PULSE 2007》 J1第19節 大宮アルディージャ戦

「再開初戦」の陥穽に嵌る?!
最悪の結果の「勝ち点1」。

2007 J LEAGUE Division 1
第19節 清水日本平スタジアム
清水エスパルス 2 - 2 大宮アルディージャ
Goal: 05min. 小林大10min. チョ ジェジン18min. 吉原
53min. フェルナンジーニョ

再開初戦というのは、実に難しい

…ってことですか?

絶対的な強さを持つチームならいざ知らず、
エスパルスはそこまでのチームにはなっていない

…ってことですか?

相手の大宮は、降格圏脱出のため勝ち点3を積み上げる必要があり、
言ってみれば「この試合1試合にかける」という要素があった

…ってことですか?

まして、今季3戦3敗と苦手にしている清水相手ってことで
その想いは、なおさらだった

…ってことですか?

ちょうど、そう、6月末の日立台に乗り込んだ我々のように、
「同じ相手に4敗はできない」と思って日本平に乗り込んできた

…ってことですか?

この日の清水は立ち上がり、
落ち着きがありませんでしたが、
長谷川監督が「守備的に来ると思っていた」と語ったように、
相手の出方に戸惑っていた

…ってことですか?

小林大悟のFKで先制を許す、いやな展開は大宮戦の仕様

…ってことですか?

西部は、またも逆を突かれた格好でしが、
きれいにニアポスト際に落としてきたFKの精度をほめるべき

…ってことですか?

10分、高いバウンドのボールに対し大宮DFが緩慢な対応をしたのを見逃さず、
ジェジンが奪って、ゴールに流し込んで同点としたからって、
それがぬか喜びに変わるまで10分もかからなかったのは、
落ち着きのないところに、同点としたもんだから、
さらに攻勢に出て前がかりになってしまったからだ

…ってことですか?

しかも、2失点目と同じ形で左サイドから崩され、
あわや3失点目かと思われたが、
ここは西部がシュートに2度反応してセーブしたシーンがありましたが、
あれは、守備陣が完全に混乱していた

…ってことですか?

ふぅ~。

試合は、主導権を握った清水が後半8分、
ゴール前にジェジンがポストプレーで落としたボールを
駆け込んだフェルナンジーニョが二アサイドに低い弾道でねじ込み、
同点としたものの、結局、逆転弾は生まれず、
フェルいわく「最悪の結果」と話すドロー。

あんだけ大宮ゴールにシュートの雨を降らせたのに、結局同点どまり。
大宮が踏ん張ったところもあるのだろうが、
清水の攻撃、とくにセットプレーの精度が低かったと言えよう。

なにしろ、セットプレーで点取れそうな気しないもんな…。

精度を高めれば、ゴールに直結するシーンは何度も見られただけに、
精度とスピードを練習中から求めてもらいたい。

結果については、↓にも書いたが、大いに不満。

同点に追いついたことそのものはもう少し評価してもと思ったが、
甘やかしてはいけないんだろうな。やっぱり。

なにか負けなかったことで、なにやら疑問符ばかりが残ってしまいました。

« 新宿駅東南口、火事騒ぎ | トップページ | 《ひとりごと》 ヴァンフォーレ、興奮 »

エスパルス」カテゴリの記事

サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66579/16104142

この記事へのトラックバック一覧です: 《S-PULSE 2007》 J1第19節 大宮アルディージャ戦:

« 新宿駅東南口、火事騒ぎ | トップページ | 《ひとりごと》 ヴァンフォーレ、興奮 »

Recommends


  • You need to upgrade your Flash Player.

LINK

エスパルス日程


2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

COUNT

エスパole!


エスパトラバ


ドラゴンズTB


Hockey TB


ついったー


無料ブログはココログ