« 《S-PULSE 2007》 J1第29節 横浜Fマ戦 終了 | トップページ | 《ひとりごと》 徒然すぽーつ(2007/10/20) »

《DRAGONS 2007》 Climax series 2nd Stage

「3つめのハードル」は超えた。
あと4勝。

■10月18日 NPB CENTRAL LEAGUE
Climax series 2nd stage/Game 1
東京ドーム 讀賣 2 - 5 中日
勝: 小笠原
敗: 内海
セ: 岩瀬
本: ウッズ1号2ラン谷1号ソロ

■10月19日 NPB CENTRAL LEAGUE
Climax series 2nd stage/Game 2
東京ドーム 讀賣 4 - 7 中日
勝: 川上
敗: 木佐貫
セ: 岩瀬
本: 李炳圭1号ソロホリンズ1号3ラン

■10月20日 NPB CENTRAL LEAGUE
Climax series 2nd stage/Game 3
東京ドーム 讀賣 2 - 4 中日
勝: 中田
敗: 高橋尚
セ: 岩瀬
本: 二岡1号ソロウッズ2号3ラン谷繁1号ソロ

小笠原先発が奇襲と見るようでは、短期決戦は勝ち抜けません。

そのことを昨年痛いくらいに味合わされたんですから、
僕らは、去年。

とにかく早い段階で主導権を握るのが常道ということでしょう。
第2戦は先制されましたが、すぐさま追いついたのが良かったです。
先制できなくても、主導権を渡さなければよいわけで。

監督は言ってます。
「1つ1つ。その日その日のことだけ(考える)」

「7戦トータルで考える」と話していた昨年とは違い、
1試合1試合、その日の勝利を大事に、そして確実に取ろうとしてます。

選手たちも、その想いを共有して、
レギュラーシーズン以上に集中しています。

我々ファンも昨年の雪辱の想いを胸に秘め、
1試合1試合に集中して、応援あるのみです。

最後に頂点に立った時に、大いに笑い、
そして感涙に咽びたいとおもいます。

まだ「4つめのハードルを越える機会を得た」だけですから。

なので、祝杯もちょっとだけです。
ちょっとだけ。まだ我慢。

« 《S-PULSE 2007》 J1第29節 横浜Fマ戦 終了 | トップページ | 《ひとりごと》 徒然すぽーつ(2007/10/20) »

ドラゴンズ」カテゴリの記事

野球」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66579/16823669

この記事へのトラックバック一覧です: 《DRAGONS 2007》 Climax series 2nd Stage:

« 《S-PULSE 2007》 J1第29節 横浜Fマ戦 終了 | トップページ | 《ひとりごと》 徒然すぽーつ(2007/10/20) »

Recommends


  • You need to upgrade your Flash Player.

LINK

エスパルス日程


2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

COUNT

エスパole!


エスパトラバ


ドラゴンズTB


Hockey TB


ついったー


無料ブログはココログ