« 《ひとりごと》 徒然すぽーつ(2007/10/20) | トップページ | 《IceBucks 07-08》 対アニャンハルラ 1-2回戦 »

《S-PULSE 2007》 J1第29節 横浜F・マリノス戦

我慢比べに勝利。
矢島の2ゴールで、横浜Fマに勝利。

■2007 J.LEAGUE Division 1
第29節 横浜市・日産スタジアム
横浜F・マリノス 0 - 2 清水エスパルス
Goal: 54min., 68min. 矢島

スコアほどの差があったわけじゃないと思う。

むしろ序盤から主導権を握っていたのは横浜の方だった。
特に前半は、横浜のゲームであった。

ろくすっぽ相手陣にいけない展開が続く清水。
クリアしても、そのボールはほとんど横浜に拾われ、
前半だけで11本のシュートを浴びる展開。

ただ、復帰した西部を中心に、青山・和道など守備陣が踏ん張り
無失点で前半を終えられたのが、結果として、勝利を引き寄せた。
復帰した西部

後半は清水が盛り返し、迎えた54分に試合が動いた。

藤本から出たボールを右で受けたジェジンがグラウンダーでゴール前へ。
戻ってきたDFとGKの間に転がり、流れたボールをファーで矢島が押込み、
清水が先制。
矢島、先制点

この後、62分にジェジンが、63分には矢島が決定機を迎えるが
精度を欠き、追加点を奪えなかったあたりで、
流れを失うかに思えたのだが、それは杞憂だったようで…。

67分に矢島からのパスをジェジンがシュート。
GKが弾いて、清水のCKに。

フェルナンジーニョが蹴った左CKはファーへ。
ファーで待ち構えた青山が中央に折り返すと、
中央で矢島が難しい体制からシュートを決めて、
2-0と清水のリードが拡がる。
矢島、2点目

この後、藤本の惜しいFKがあったり、
坂田のバー直撃のシュートにヒヤッとさせられたり、
ロスタイム近くまで選手交代しない監督に、
「足が止まってる選手もいるんだから」とやきもきさせられたりしたが
そのままタイムアップの笛を聞いて、試合は終わった。

2 - 0。
スコアだけ見れば完勝だが、
内容は、完勝というほどでもなかったように思う。

前半で失点していたら、結果は違っていたのかもしれない。

監督も試合後語っていたが、
「集中して、よく我慢した」守備陣のがんばりが光った一戦だった。

« 《ひとりごと》 徒然すぽーつ(2007/10/20) | トップページ | 《IceBucks 07-08》 対アニャンハルラ 1-2回戦 »

エスパルス」カテゴリの記事

サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66579/16834652

この記事へのトラックバック一覧です: 《S-PULSE 2007》 J1第29節 横浜F・マリノス戦:

« 《ひとりごと》 徒然すぽーつ(2007/10/20) | トップページ | 《IceBucks 07-08》 対アニャンハルラ 1-2回戦 »

Recommends


  • You need to upgrade your Flash Player.

LINK

エスパルス日程


2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

COUNT

エスパole!


エスパトラバ


ドラゴンズTB


Hockey TB


ついったー


無料ブログはココログ