« 《IceBucks 07-08》 対アニャンハルラ 3-4回戦 | トップページ | 《J LEAGUE 2007》 岐阜さん、熊本さん、いらっしゃい! »

《JAPAN BASEBALL 2007》 北京五輪アジア最終予選

韓国との死闘を制し、
星野JAPAN、北京行き決定!

■12月1日 IBAF ASIAN CHAMPIONSHIP
Game 1/台湾・台中市・洲際野球場 
フィリピン 0 - 10 日本
勝:涌井
敗:ロブレス
本:稲葉1号(ソロ)

■12月2日 IBAF ASIAN CHAMPIONSHIP
Game 2/台湾・台中市・洲際野球場 
日本 4 - 3 韓国
勝:川上
敗:チョン ビョンホン
本:コ ヨンミン(ソロ)

■12月3日 IBAF ASIAN CHAMPIONSHIP
Game 3/台湾・台中市・洲際野球場
中華台北 2 - 10 日本
勝:ダルビッシュ
敗:ヤン ジェンフ
本:チェン ジンフェン(2ラン)新井(2ラン)

フィリピン戦は、まぁ、ああなるかなという感じなので割愛。

いやぁ、韓国戦、しびれた。

さすが宿命のライバル、
簡単には勝たせてくれない。

ホームランで先制されたものの、
大村(サブロー)のタイムリーと敵失で逆転。

さらに1点を追加するものの韓国の反撃に遭い
7回終わって、3 - 2 と1点差。

8回、稲葉の決勝タイムリーは、
狭い1・2塁間を抜いた技ありの一打。

投げては、少ないリードを、
成瀬 - 憲伸 - 岩瀬 - 上原と小刻みにつなぐ執念のリレー。

憲伸、岩瀬がそれぞれ、ピンチを切り抜けたシーン、
14m先を見つめるその眼が、実に力強かった。

「絶対に打たせない。」
そう、眼が語っていました。

そして上原。
さすが、セ・リーグ王者のリリーフエース。
実に安定していました。

これで首位に立った日本。
最終戦は、ホーム・中華台北戦。

先発はダルビッシュ。
新井のタイムリーで幸先よく先制。

が、ここからがよくなかった。
その後は、出塁するものも攻撃が単発で
追加点を挙げられない。

案の定というか、5回まで1安打に抑えていたダルビッシュが
6回、チェン ジンフェンに2ランを浴び、逆転を許してしまう。

が、ここで、闘将星野に火がついたか、
いままで追加点を取れなかった日本打線が大爆発。

取られたら倍返し。いや、それ以上。

7回表、台湾の繰り出す4投手に襲い掛かり
無死満塁から、大村のスクイズで同点。

続く西岡のタイムリーで逆転すると、川崎、新井、阿部のタイムリーで
この回一挙6点を奪い、試合を決めた。

9回には新井の2ランでダメを押すと、
ダルビッシュの後を受けた藤川・上原が締めて、
星野JAPAN、3連勝で北京行きを決めてくれました。

おめでとう! 星野JAPAN!

« 《IceBucks 07-08》 対アニャンハルラ 3-4回戦 | トップページ | 《J LEAGUE 2007》 岐阜さん、熊本さん、いらっしゃい! »

野球」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66579/17267828

この記事へのトラックバック一覧です: 《JAPAN BASEBALL 2007》 北京五輪アジア最終予選:

« 《IceBucks 07-08》 対アニャンハルラ 3-4回戦 | トップページ | 《J LEAGUE 2007》 岐阜さん、熊本さん、いらっしゃい! »

Recommends


  • You need to upgrade your Flash Player.

LINK

エスパルス日程


2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

COUNT

エスパole!


エスパトラバ


ドラゴンズTB


Hockey TB


ついったー


無料ブログはココログ