« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008年1月

《All for 2010 - 2008》 ボスニア・ヘルツェゴビナ戦 終了

《All for 2010, 2008》 ボスニア・ヘルツェゴビナ戦 終了
キリンチャレンジカップ2008
国立霞ヶ丘競技場
日本 3 - 0 ボスニア・ヘルツェゴビナ
GOAL:68min. 中澤,83min. 山瀬,88min. 山瀬

ハンドボールの「裏」となった代表戦。

土曜日のチリ戦に比べれば、やりたいことの何割かはかいまみえた。

特に、後半。

ただ、細かいミスも目立ったけどね。

何はともあれ、岡田ジャパン、初勝利おめでとう。

そして、オシムさん、スタジアムに戻ってきてくれてありがとう。

《IceBucks 07-08》 レギュラーシーズン最終戦 終了

《IceBucks 07-08》 レギュラーシーズン最終戦 終了
2007-08 ASIA LEAGUE ICE HOCKEY
DyDoアリーナ
バックス 2 - 8 ラビッツ

2ピリの連続3失点で、試合は決しました。

昨日のほうがいい試合だった。
点差云々ではなく、ホッケーの試合として、単純に。

に、しても、審判が酷いな。

アイスホッケーが盛り上がらんのは、
SEIBUの隠れた反則を見逃す審判だ。

《All for 2010 - 2008》 岡田ジャパン初戦 終了

《All for 2010》 岡田ジャパン初戦 終了
キリンチャレンジカップ2008
国立霞ヶ丘競技場
日本 0 - 0 チリ

よくいえば、「まだまだ」といったところでしょうか。

なにしろ、このチームが今日、
なにがしたかったのかが、よく分からなかった。

ただ、それは、こちらがトーシローだからなのかもしれないが。

《ひとりごと》 長い1日、あと半分。

《ひとりごと》  長い1日、あと半分

こんにちは。

日光線に乗ってます。

写真は日光ですが、今、いまいち…、
今市を出ました。

…我ながら、しょうもなっ。

《IceBucks 07-08》 レギュラーシーズン ホーム最終戦 終了

《IceBucks 07-08》 レギュラーシーズン ホーム最終戦 終了
2007-08 ASIA LEAGUE ICE HOCKEY
日光霧降アイスアリーナ
バックス 1 - 4 ラビッツ

2ピリは、終了間際にショートハンドから失点。

3ピリ、ようやく小野のゴールで1点返したものの、
それから30秒もしないうちに失点。

大量失点までいかなかったことを考えれば、
精神衛生上は、まだましなのだが、
やはり、失点の仕方がよろしくない。

《IceBucks 07-08》 レギュラーシーズン ホーム最終戦 1P 終了

《IceBucks 07-08》 レギュラーシーズン ホーム最終戦 1P 終了

2007-08 ASIA LEAGUE ICE HOCKEY
日光霧降アイスアリーナ
バックス 0 - 2 ラビッツ

開始30秒の失点は、いかんっす。

《ひとりごと》 長い1日、始まる。

《ひとりごと》  長い1日、始まる。

おはようございます。

東武特急スペーシアに乗車中です。
いま、クレヨンしんちゃんの街、春日部です。

個人的に、今日は、ダブルヘッダーです。

これから、日光に行き、
14時開始の、バックス対西武を3P途中まで見て、
急いで日光駅から宇都宮経由、新幹線で東京へ。
最終的に、19時10分開始の国立競技場、日本代表戦に滑り込む

といったところです。

じゃ、のちほど、霧降で。

《S-PULSE 2008》 WE BELIEVE

昨日、今シーズンの試合日程が発表になりましたが、
今日、今シーズンのキャッチフレーズが決まりました。

WE BELIEVE

…だそうです。

「かける想い」から、今度は、次のステージへという表れでしょうか。

「信じる」こと、それが、大きな力になる。

サポーターは、ピッチ上の選手を、そして、勝利を。
選手は、己の力、共に闘う仲間を、そして、勝利をつかみとることを。

何かを掴むには、それを裏付ける何かを信じることが欠かせない。

それはなにも、サポーター、選手に限ったことじゃない。

2008シーズン、エスパルスに関わる全ての人の信じる力が試される。

《IceBucks 07-08》 SEIBU 4回戦

崩壊現象は続いているようで。

2007-08 ASIA LEAGUE Ice Hockey
西東京市・DyDoアイスアリーナ
SEIBUプリンスラビッツ 8 - 0 HC日光アイスバックス
Goal:

とくに、0 - 3 で迎えた37分過ぎから、たった1分の間に3失点。

いくら地力の差があるとはいえ、情けないよ。

これで、今度の土曜の霧降に期待しろったって、無理な話。

あぁ、国立とのダブルヘッダーも考えたけど、
日光行きは、やめようかな。

《おみや》 鹿児島郷土菓子 あく巻

今年も、キャンプに合わせて鹿児島に行きます。

その、情報収集のため、有楽町のかごしま有楽館へ。

鹿児島郷土菓子 あく巻

昨年、知覧で初めて知ったあく巻を見つけ、買ってきました。

鹿児島郷土菓子 あく巻

竹皮に包んだ餅米を、木灰汁で長時間炊きあげて、完成。

鹿児島郷土菓子 あく巻

べっこう色、葛餅に似た食感。

一度食べて、はまってしまいました。

1個158円。
美味しゅうございました。

《おみや》 岡山土産 ピオーネゼリー

岡山土産 ピオーネゼリー

桃太郎に行った時の土産。

買ったことすら忘れてました。

甘さは抑えめですね。
さっぱりしてます。

ピオーネの実が、二粒入ってます。

《S-PULSE 2008》 今年も、鹿児島

昨日、

「いまだ、今年のキャンプ日程が発表にならない中…」

…なんて書いていたら、クラブオフィシャルで、
今年も、「鹿児島でキャンプ」と発表されましたね。

2/10から2/19まで、かごしまふれあいスポーツランドで開催。
練習試合は、今のところ、3試合だそうです。

かごしまスポーツランド、
バスの便が凄く減って、ますます市内中心部からは
行きづらくなったようです。

現地行かれる方は、ご注意ください。

《S-PULSE 2008》 開幕カード確定

いまだ、今年のキャンプ日程が発表にならない中、
Jリーグから、第2節までの開幕カードが発表されました。

エスパルスの開幕戦は、
3月8日、日本平で大分トリニータ戦と決まりました。

また、第2節は、
3月15日、フクアリでジェフ千葉戦となっています。

…ところで、今年もネーミングライツ花盛りなようで。

従来のNACK、フクアリ、味スタ、日産ス、東北電ス、
ホムスタ、九石ド、ユアスタ、NDスタ、鳴門大塚に加えて、

ニッパ球(三ツ沢)、ニンスタ(愛媛陸)、レベスタ(博多球)、ベアスタ(鳥栖)

…が増えました。

もう何だか略しすぎて、もとの社名が何だか判らんし、
どこにあるスタジアムかも判らん状況になっちゃってますな。

《SOCCER 07-08》 大前、高校二冠。

流経大柏、高校二冠達成!
大前元紀、7ゴールで得点王。

第86回全国高校サッカー選手権大会
決勝/国立霞ヶ丘競技場
藤枝東(静岡) 0 - 4 流通経済大柏(千葉)
Goal: 前半6分 村瀬後半3分17分 大前
後半26分 田口

今春加入内定の大前君擁する流経大柏、
かたや、王国・静岡の代表として覇権奪回を目指す藤枝東。

清水サポ的には、非常に困ったことになった今年の「選手権」。

ま、筆者は、エスパの匂いがしない藤枝東ではなく
大前君擁する流経大柏を文句なく応援しておりましたが。
(ここまでは、前回のパクり。文句は言わせんが。)

連動性の高いパスで藤枝東を突破する流経大柏。
前半6分、大前がDFを引き連れてペナルティエリアに侵入し、
マイナスのパスを送ると、後方から飛び込んだ村瀬が先制ゴール。

後半立ち上がりの3分、大前の放ったシュートのこぼれ球を拾った
キャプテン名雪のクロスを、位置を取り直した大前がダイレクトボレーで
藤枝東のゴールネットを豪快に揺さぶり、2 - 0 。

17分には比嘉が持ち上がってゴール前に出したボールに
上條が飛び込んで、つぶれたこぼれ球を
大前が今大会7点目となるゴールを挙げて、ダメ押しの3点目。

さらに26分にも大前のCKから1点を追加した流経大柏が
攻守で藤枝東を圧倒し、悲願の選手権、初優勝を果たしました。

流経大柏は高円宮杯も制しており、この世代の二冠達成となりました。

そして、我らが期待の星である大前選手は、
今年度、高円宮杯、インターハイに続く、得点王に輝きました。

いやー、岩下が入ってくるときもスゴイなーと思いましたが、
それに勝るとも劣らない、すばらしい実績を引っさげての清水入団となります。

サポーターとしては、とても期待してしまうのですが、
まずは、プロとして闘える力をつけて、
そして、近い将来、日本平のエースになってください。

U-19のカタール遠征に選ばれており休みはあまりありませんが、
チーム合流の日を楽しみにしています。

おめでとうございました。

《旅のおもいで》 ここは、北国か…?

ここは、どこでしょう。

神奈川県です。

箱根、大涌谷です。

《WASEDA SOCCER 07-08》 インカレ優勝!

大榎ワセダ、4年目の結実。
全日本大学選手権、13年ぶり11回目の優勝!

第56回全日本大学サッカー選手権大会
決勝/国立霞ヶ丘競技場
法政大学 0 - 2 早稲田大学
Goal: 50min. 兵藤56min. 藤森

今春加入内定の本田君擁する法政、
かたや、清水OBの大榎監督率いる早稲田。

清水サポ的には、非常に困ったことになった今年のインカレ。

ま、筆者は、我が母校・早稲田を文句なく応援しておりましたが。

深夜のテレ朝の録画放送で得点シーンまで確認しましたが、
ま、早稲田のディフェンスも非常にあやういところもあったのですが、
先制点のシーンは、ものの見事に法政の守備陣を崩しました。

終盤、追い上げられたようですが、
結局、先制からわずかの時間帯に2点目を取れたのが
とても大きかったと思います。

思えば2004年11月、関東2部復帰のために千葉県鴨川市の
寂しいグラウンドで戦っていた大榎早稲田が、その2部を1年で通過し、
そして、ついに、大学サッカーの頂点に返り咲いたかと思うと
これでラストマッチとなった大榎監督、そして4年生は、
万感の思いだったのではないでしょうか。
(2部復帰が決まった鴨川に行った筆者も、ですが。)

一方、本田選手は残念でした。

練習再開まで日がありませんが、しっかり休んで、
まずは、三保で、大学No.1ボランチの実力を見せてください。

《旅のおもいで》 小田原 ういらう

小田原 ういらう

拙者親方と申すは、お立会の中に御存知の御方もござりましょうが…

この一節で始まる、外郎売口上。
大学時代、何度、噛んだことやら。

その舞台、欄干橋のういらうが、こちら。

《WASEDA RUGBY 07-08》 2年ぶりの、「荒ぶる」

■第44回全国大学ラグビー選手権大会
決勝/国立霞ヶ丘競技場
慶應義塾大学 6 - 26 早稲田大学

早稲田大学、2年ぶり14回目の大学日本一、おめでとう!

寒空の雨という厳しいコンディションということもあり、
前後半とも「1本目」を取るまでに時間を要しましたが、
地力の差を見せつけ、ほぼ完勝という内容ではなかったかと思います。

昨年の1月13日、国立で喫した悔しい想いからスタートした権丈組。

今シーズンは、関東学院大の不祥事による不出場もあり、
選手権前から、「1強」と優勝して当たり前とまで見られ、
選手にかかるプレッシャーはいかばかりだったかと思います。

そんな中、準決勝で帝京に苦戦したものの、
自らの力を発揮して、頂点にたった権丈組のみなさん、
本当に、おつかれさまでした。

この後は、日本選手権になりますが、
その前に、まずは、しっかり休んでください。

《S-PULSE 2008》 マルコス・アウレリオ レンタル加入内定など

マルコス アウレリオ選手 (サントスFC/ブラジル) 
期限付き移籍にて加入内定のお知らせ
 エスパルス公式

ま、以前から、報道されていた件ですのでね、
「ようやく」というのが偽らざる感想ですね。

ただ、アウレリオ選手が「20点FW」なのかは、
実際の動きを見てみないことには、なんともいえません。

ま、期待はしていますが、167cmという背丈を考えると、
ジェジンがいた時とは、攻撃の仕方を変えないといけないのは事実でしょうね。

その他、年始からのリリースをまとめて。

■1月4日
和田拓三選手(横浜FC) 東京ヴェルディ1969へ 期限付き移籍決定のお知らせ
■1月8日
斉藤俊秀選手 湘南ベルマーレへの期限付き移籍、 期間延長のお知らせ
エスパルスユース監督に 大榎克己氏就任のお知らせ
エスパルスユースアシスタントコーチに 伊藤悠氏就任のお知らせ

和田は、横浜FCからヴェルディですか…。
ま、昨年のGWであんなことがあって以来、少し冷めてしまいましたが、
プロ選手として必要としてくれるクラブで頑張ってもらいたいと思います。

斉藤は、ベルマーレへのレンタル延長。
ホント、ジャーンと2人でよく湘南の守備を支えていると思います。

最後は清水でと今でも思ってくれていると思いますが、
まずは、湘南のJ1復帰に大いに貢献してもらいたいと思います。

後は、ユース絡みですね。

王国・清水にあるこの年代のチームが
プリンスリーグ2部降格は大失態と言われても仕方ありません。

克己さんは、またも再建請負人となりましたね。

都リーグにまで墜ちた、我が母校・早稲田のア式蹴球部を
関東1部の上位まで復活させた手腕に期待したいと思います。

《橙とサイコロな日々》 今度は、カボチャ。

今度は、カボチャ。

新登場、パンプキンスープ。
(クルトン抜き)

甘すぎず、ドロッともせず、ちょうどよい。

《SPORTS 2008》 四度目の正直(高校ラグビー)

ハナゾノ、終わりましたね。

■第87回全国高校ラグビー大会
決勝/東大阪市近鉄花園ラグビー場
東福岡 12 - 7 伏見工(京都)

東福岡高校のみなさん、初優勝おめでとうございます。

先ほどNHKニュースの映像を確認しましたが、
粘り強い守備で、伏見工の猛攻をよく耐えました。

決勝戦が小雨混じりと、すこし残念なコンデションでしたが、
両校とも、すばらしい闘いを見せてくれたと思います。

大会全体で見ると、シード校や有力校の早々の敗退が気になったほか、
昨年末の朝日新聞の報道にもありましたが、
もはや都道府県レベルでは予選が体をなしていない地域もあるようで、
日本ラグビーのレベルアップのためには、予選の改善も必要かもしれません。

《橙とサイコロな日々》 ホットしょうが

ホットしょうが

風邪っぽい時は、しょうが湯。

別に、風邪ひいているわけではないんですが。

またも、ジューサーバー。
ハチミツ入りで、飲みやすいんだけど、
もう少し、しっかりかき混ぜてね。>店員さん。

ハチミツが底にダマになっちゃってたのが、ちょっと残念。

《旅のおもいで》 千葉駅弁 勝浦鰹のたたき漬け炙り盛り

こんばんは。

5日、市原臨海競技場に行ってきた筆者ですが、
昼食の手配をしておかないと、と思いまして、
千葉駅で駅弁を購入しようと、売店へ。

焼きはまぐり弁当、菜の花弁当くらいかなと、
ま、こう言っては失礼なんだけど、あまり期待してなかったんですが…。

勝浦鰹のたたき漬け炙り盛り

南房総 勝浦漁港直送
勝浦 鰹のたたき漬け炙り盛り

「これが、今、ウリです」といわんばかりの
キャッチが売店に貼り出されていまして、即買いです。

ちょうど第一試合と第二試合のインターバルに開封。

弁当の中身

鰹は、衛生の関係で生ものではないそうですが、
水揚げ後、すぐさま殺菌、たたき加工をしているため、
鰹のたたきの風味がちゃんとあります。

食べる直前にすだちベースのたれをかけていただくんですが、
これが絶妙。

勝浦で水揚げされた鰹のたたきが六切れに、
佐原の芋の茎の佃煮と、館山の玉黄金らっきょうがそえられて、920円。

今年3月までの限定販売ですので、
期間中に千葉駅に立ち寄られた方は、ぜひどうぞ。

製造元の万葉軒さんのHPは、こちら
(2008/1/6現在、「新製品のご案内」に掲載されています。)

《IceBucks 07-08》 王子製紙5-6回戦 

■1月5日 ASIA LEAGUE Ice Hockey 2007-2008
栃木県立日光霧降アイスアリーナ
HC日光アイスバックス 0 - 5 王子製紙

■1月6日 ASIA LEAGUE Ice Hockey 2007-2008
栃木県立日光霧降アイスアリーナ
HC日光アイスバックス 1 - 8 王子製紙
Goal: 21:04 萩原

久々にやっちゃいましたね。こりゃ…。
お屠蘇気分も一気に吹っ飛ぶってもんですよ。

今季相性がいいと思っていた王子相手に大差での連敗。

ま、初戦の 0 - 5 はしょうがないにしても、
それ以上の大差で負ける、しかもホームでってのは、
やっぱり避けてほしいもんです。

レギュラーシーズンのホームゲームは、26日のSEIBU戦を残すのみ。

プレーオフのためにも、ホームのサポーターのためにも
そして自分たちのプライドのためにも、是が非でも勝利あるのみ。

闘え!アイスバックス!

《SPORTS 2008》 2008/1/5-6の徒然

こんばんは。

年末年始の高校生の大会もいよいよ最終章に近づいてきました。

まずは、高校サッカー。

■第86回全国高校サッカー選手権大会
◆準々決勝/1月5日/市原臨海競技場ほか
流通経大柏 0(4 PK 2)0 東福岡
藤枝東 2 - 0 三鷹
津工 3 - 1 広島皆実
遠野 0 - 2 高川学園
◆準決勝/1月6日/国立霞ヶ丘競技場
流通経大柏 6 - 0 津工
高川学園 0 - 1 藤枝東

市原まで行ったわけですが、
やはり、藤枝東、都立三鷹とは格が違いましたね。

個人的に、都立校出身の筆者としては、
静岡県勢とはいえ、あまりエスパ的に関係のない藤枝東よりは
若干、都立三鷹寄りで見てはいたんですが…。

お互いに良さを消しあう形でPK戦にまでもつれ込んだ流経柏ですが
この世代では技術的には高いものがあるなと感じました。

で、今日、準決勝でしたが、テレビ観戦しました。
(あきらかに国立のほうが近いんですがね…)

流通経大柏が苦しんだのは、後半立ち上がりのところでしょうかね。
監督もおっしゃるとおり、津工業がいささかキレてしまったこともあり大差での勝利。

準々決勝で左に張っていた大前は、この日は中央でのプレー。
ま、水を得た魚といいましょうか…。
1日4ゴールとはビックリです。

エスパルスのユニフォームを着て、ピッチを暴れまわっているところを
一日も早くみたくなりました。

決勝の相手は、静岡県勢12年ぶりの優勝を狙う藤枝東。

…とっても、困ったことになりましたね。


続いて、高校ラグビー。

■第87回全国高校ラグビー大会
準決勝/1月5日/東大阪市・近鉄花園ラグビー場
桐蔭学園 10 - 29 東福岡
長崎北陽台 8 - 17 伏見工

ノーシードでここまで勝ち上がってきた長崎北陽台。
この日も、Aシードの伏見工業を一時は逆転するまで行ったのですが
残念ながら逆転負けを喫しました。

FWの平均体重で常に劣勢を強いられる中、
勝ち上がってのベスト4は誇っていいと思います。

決勝は、伏見工業と東福岡の対戦となりました。

《おみや》 五右衛門 カレーうどん

五右衛門 カレーうどん

香川土産の紹介も、これで最後。

高松市、南古馬場(ふるばんば)のカレーうどんの名店、五右衛門。

かつて、今はなき横濱カレーミュージアムにも出店してました。

専用のカレーつゆがついているので、
家庭でも、多少ですが、再現が可能なんです。

おせちに飽きたら、ってわけではないんですがね。
つい、食べたくなっちゃいました。

《SOCCER 2008》 藤枝東対都立三鷹 終了

《SOCCER 07-08》藤枝東対都立三鷹 終了

第86回全国高校サッカー選手権大会 準々決勝
市原臨海競技場/第二試合
藤枝東 2 - 0 都立三鷹
Goal:
1st. 23min. 河井(藤)
2nd. 25min. 松田(藤)

臨海をホームと化した都立の星、三鷹。
快進撃も、ついに臨海で力尽き、コクリツに戻れず。

《SOCCER 2008》 流通経大柏対東福岡 終了

《SOCCER 07-08》流通経大柏対東福岡 終了

第86回全国高校サッカー選手権大会 準々決勝
市原臨海競技場/第一試合
流通経大柏 0(4PK2)0 東福岡

大前を擁する流通経大柏だが、東福岡の高さに苦しみました。

結局、PK戦はGK須藤が2人を止めた流通経大柏が勝利しました。

《ひとりごと》 ひさかたの臨海

《ひとりごと》 ひさかたの臨海

フクアリができて、二度と訪れることはないと思っていた、臨海。

高校サッカーでくることになろうとは。

千葉駅で降っていた雨は、すっかり上がってます。

《ひとりごと》 千葉駅到着

《ひとりごと》 千葉駅到着

内房線に乗換えです。

めざすは、臨海。
最寄り駅の五井まで、まだあります。

千葉は雨模様です。

《橙とサイコロな日々》 銚電のぬれ煎餅 リターンズ

銚電のぬれ煎餅 リターンズ

京王新宿駅の売店で購入。

これが、やめられないんだな。

《SPORTS 2008》 2008/1/3の徒然(1)

Uターンラッシュも厳しい中、
ぬくぬくと都内の自宅を出なかった筆者です。

こんばんは。

高校サッカーから。

第86回全国高校サッカー選手権大会
3回戦/駒沢陸上競技場ほか
広島皆実 0(3 PK 0)0 作陽(岡山)
三鷹(東京B) 2 - 0 宮城県工
津工(三重) 2 - 1 那覇(沖縄)
日大藤沢(神奈川) 1 - 2 藤枝東(静岡)
高川学園(山口) 2 - 1 埼玉栄
遠野(岩手) 2 - 1 近大和歌山
流通経大柏(千葉) 2 - 0 北越(新潟)
東福岡 3 - 1 佐賀北

まず、勝手に絶大応援中の都立三鷹。

2回戦で決勝点を奪った繁沢選手が先制した三鷹は
前半24分の白井選手のゴールで2点目を奪うと、
後半の宮城県工の反撃を粘り強く退け、
都立勢初のベスト8進出を果たしました。

快挙です。

その都立三鷹高校の準々決勝の相手は、
なんと、我が故郷の代表、藤枝東。

日大藤沢の反撃にあい、一旦は追いつかれたものの
後半23分、中村選手の技ありのヘッドが決まって、
準々決勝進出です。

大前選手の流通経大柏は、その大前選手のFKから先制すると
さらにもう1点を追加し、準々決勝進出です。

準々決勝の組み合わせは、次のとおり。

■さいたま市駒場スタジアム
津工(三重) - 広島皆実
遠野(岩手) - 高川学園(山口)
■市原臨海競技場
流通経大柏(千葉) - 東福岡
藤枝東(静岡) - 三鷹(東京)

いってきましょうかね。臨海魂。

《SPORTS 2008》 2008/1/3の徒然(2)

つづいて高校ラグビーですね。

第87回全国高校ラグビー大会
準々決勝/東大阪市・近鉄花園ラグビー場
流通経大柏 15 - 19 桐蔭学園
長崎北陽台 14 - 10 天理
東福岡 24 - 17 佐賀工
伏見工 26 - 15 尾道

第一試合は、シーソーゲームの末、終了間際にトライを奪った桐蔭が勝利。

第二試合は、まさに一進一退。
10 - 7と天理がリードして折り返した後半、
粘り強くラックサイドを突いた長崎北陽台が、最後の最後で逆転勝ち。

九州対決となった第三試合は、前半リードを許した東福岡が
後半立て続けに3トライを奪って逆転勝利。

第四試合は伏見工がシード校の実力を見せ、
終始、尾道をリードする展開で勝利しました。


つづいて、アメフト。

61st RICE BOWL American Football Japan Championship
東京ドーム
松下電工Impulse 52 - 38 関西学院大学Fighters

序盤から試合を優位に進めた松下電工が、
第2Qを終えて、31 - 3と大きくリードしました。

関学にとって痛かったのは、前半、TDを奪えないばかりか
第2Q終了間際にQB三原のパスをインターセプトされ、
そのままリターンTDを許したことかと思います。

後半に入って関学も反撃し、
第3Qを終えて、38 - 24 と2TD差に迫りますが、
第4Qの10分過ぎに松下電工が、
この日2つめのインターセプトリターンTDを含む
連続タッチダウンを奪って、関学を突き放し、
3シーズンぶり3回目のライスボウル制覇を果たしました。

強力な守備陣を誇る松下電工相手に
後半だけで5TDを奪う関学のオプションの豊かさにはお見事ですが
やはり前半の出来が勝敗を分けてしまった感は否めません。

《SPORTS 2008》 箱根駅伝 復路

箱根駅伝が終わりました。

駒澤大学のみなさん、
3年ぶり6回目の総合優勝、おめでとうございます。

往路優勝の我が母校、早稲田大学は、
6区「山下り」で2年生の加藤選手が区間賞を取り、リードを拡げたものの
総合力で上回る駒澤に追い上げられ、復路9区で逆転を許し、
総合2位でフィニッシュしました。

早稲田の総合2位は、実に12年ぶりということですので、
ま、2日の往路優勝とあわせ、早稲田復活を印象付ける快挙と言えるでしょう。

今年は、学連選抜が総合4位に入る大健闘を見せ、
来年の予選会からの出場枠を11と1つ増やしました。

また、この学連選抜の結果により、
総合10位の東洋大学までがシード権を確保しました。

その一方で、往路の順天堂大学に続き、
9区で大東文化大が、10区で優勝候補だった東海大が棄権するアクシデント。

非常に考えさせられる結果となってしまいました。

箱根駅伝総合結果は、こちら↓

続きを読む "《SPORTS 2008》 箱根駅伝 復路" »

《SPORTS 2008》 2008/1/2の徒然

箱根駅伝は、ひとつ前で触れてますので、それ以外のスポーツをば。

■第44回全国大学ラグビーフットボール選手権大会
準決勝/国立霞ヶ丘競技場
第一試合 慶應義塾大学 34 - 27 明治大学
第二試合 帝京大学 5 - 12 早稲田大学

まず、大学ラグビー。

早稲田は、中竹監督が試合後語ったように、
五郎丸をはじめとした主力がいないということが、
大きく試合内容に影響したように思います。

夜、tvkで録画放送した中で上田元慶大監督が
意外や、早稲田がしっかり守れていることと、
帝京の攻撃時の約束事がやや曖昧にな点を指摘されており、
それと、中竹監督の試合後の談話を総合すると、
「負けない試合」ができる強かさで上回ったといったところでしょうか。

攻撃時のつまらないミスで早稲田の得点が増えず
結果として点差が離れなかったのですが、
ま、試合巧者だったということになるんでしょうね。

決勝の相手は、慶應となりました。
明治は、前半の0点が最後まで響きましたね。

実に39年ぶりの早慶決勝ですか…。

ま、対抗戦では零封しているわけですが、
今日の帝京のようなこともあるので、
早稲田にはしっかりと闘ってもらいたいものです。


続いて、高校サッカー。

第86回全国高校サッカー選手権大会
2回戦/国立西が丘サッカー場ほか
三鷹(東京B) 1 - 0 矢板中央(栃木)
宮城工 3 - 0 鹿児島実
帝京(東京A) 0 - 2 広島皆実
青森山田 1 - 2 作陽(岡山)
日大藤沢(神奈川)  2 - 1 徳島商
藤枝東(静岡) 4 - 1 室蘭大谷(北海道)
富山第一 1 - 3 津工(三重)
那覇(沖縄) 1 - 0 神戸科学技術(兵庫)
高川学園(山口) 2 - 1 近大付(大阪)
埼玉栄 3 - 2 ルーテル学院(熊本)
遠野(岩手) 1 - 0 江の川(島根)
近大和歌山 2 - 1 前橋育英(群馬)
流通経大柏(千葉)  2 - 1 久御山(京都)
東福岡 1 - 0 野洲(滋賀)
北越(新潟) 1(6 PK 5)1 日章学園(宮崎)
中京大中京(愛知) 0 - 1 佐賀北

筆者、都立高校出身でして、
正直、48代表校の中で、やはり注目してしまうんですよ。

都立三鷹高校に。

30日の開会式の後に行なわれた開幕戦で
高知中央に勝って、都立勢56年ぶりの選手権勝利に続いて、
2回戦でも、矢板中央を下して、都立勢史上初の3回戦進出の偉業達成です。

3回戦では、優勝経験のある鹿実を破った宮城工と駒沢で対戦。
ホームの地の利を活かして、ベスト8進出を目指してほしいところです。

えー、その他では…

続きを読む "《SPORTS 2008》 2008/1/2の徒然" »

《SPORTS 2008》 箱根駅伝往路

まずは、箱根駅伝から。

祝!早稲田大学競争部
箱根駅伝往路、12年ぶり13回目の優勝!

1区・2年生の尾崎選手が3位と幸先よく始まった早稲田の箱根駅伝。

エース区間・2区は2年の高原選手が挑んだものの、
区間12位と順位を下げてしまったが、
3区のエース竹澤選手(3年)が区間賞の活躍で5位まで持ち直すと、
4区の1年・中島選手がふんばり、なんとか6位で最終区へつなぎます。

そして、5区は4年生、駅伝主将の駒野選手(教育)。

トップ・山梨学院との差、1分27秒で飛び出した駒野選手は、
区間記録を上回る走りで前を追いかけ、
箱根湯本までに、東洋、中央学院をかわし4位まで順位を上げ、
前を行く駒澤の安西選手を捉えると、これと併走。

安西選手と併走しながら、大平台までで中央、さらに山梨学院をかわすと、
小涌園前までにその安西選手をも振り切り、ついにトップに。

その後もペースが落ちない駒野選手は、
2位駒大に1分14秒の差を付ける区間1位の快走で
ゴール・芦ノ湖駐車場のゴールテープに最初に飛び込み、
早稲田大学競争部、12年ぶり13回目の往路優勝を達成しました。


さて、その歓喜の10数分後、ずるずると順位を下げていた
順大の小野選手に異変が。

ゴールまで残り500mと迫りながら、その足取りはたどたどしく
ついに力尽き、その場に倒れこんでしまいました。

なんとか一度は立ち上がった小野選手でしたが、再び倒れこんでしまうと、
順大・仲村監督が断腸の思いで小野選手を救護車に収容し、
昨年の覇者・順大の白と赤のツートーンの襷は、ここで途絶えることになりました。

脱水症状の上に低血糖状態であったそうで、
ひとつ間違えれば危険なことになりかねず、
まだ3年生の将来ある若人のこれからを考えた
順大・仲村監督の勇気ある決断には敬意を表したいと思います。

救急車の中で「あとゴールまで、どれくらいでしたか」 と小野選手は聞いたそうです。

なにが起こるか判らない近年の箱根ですが、
あまりにも悲しい出来事となってしまいました。

箱根駅伝往路の結果は、こちら。↓

続きを読む "《SPORTS 2008》 箱根駅伝往路" »

《橙とサイコロな日々》 横浜チャーハン弁当

筆者お気に入りの駅弁、
横浜・崎陽軒の横浜チャーハン弁当。

横浜チャーハン弁当

冷めても美味しいチャーハンが出色の出来。
鶏のチリソースとシューマイ、筍の煮物もついて
お値段、550円は、実にお得。

横浜チャーハン弁当

横浜スタジアム、日産スタジアム、
三ツ沢公園球技場にお越しの際は、ぜひどうぞ。

《WASEDA RUGBY 07-08》 大学選手権準決勝 帝京戦終了

《WASEDA RUGBY 07-08》 全国大学選手権準決勝 帝京戦 終了
早稲田 12 - 5 帝京

早稲田、辛勝。

ま、試合巧者だったとも言えますが。

《WASEDA RUGBY 07-08》 大学選手権準決勝 帝京戦試合前

《WASEDA RUGBY 07-08》 全国大学選手権準決勝 帝京戦 試合前
第一試合は明大を慶大が下しました。

国立は晴れています。

五郎丸は出てません。

《ひとりごと》 試合前のワン・シーン

今、スカパーで、England Premier Leagueの
FULHAM 対 CHELSEA の生中継を見ていますが、
キックオフ直前に興味深い光景を目にしましたので
備忘のためにアップしておきます。

FULHAM と CHELSEA はご近所ということもあり、極めて対抗意識が強く、
West LONDON Derbyと呼ばれていますが、そういう話ではありません。

12月29日、Scottish Premier Leagueの試合中に
Motherwell FCの主将、O'Donnell選手が心臓発作で倒れ、
その後、病院に搬送される途中で亡くなるという大変痛ましいできごとがありました。

かつて、England Premier Leagueでも
Sheffield Wednesday FCに所属していたということもあり、
この試合のキックオフ前に、O'Donnell選手の冥福を祈って
ちょっとしたセレモニーがありました。

通常だと、こういう場合、冥福を祈って黙祷するのですが、
1分間、スタジアムの観衆、選手、関係者全てが拍手を続け、
football Playerとしてピッチ上で亡くなったO'Donnell選手の冥福を祈りました。

私たちは、どうも、こういう場合は黙祷というのに慣れていますが、
football Playerにとって、なによりも喜ばしいのは
すばらしいプレーをした後の、賞賛の拍手かもしれません。

それを思うと、その場に居合わせた誰一人もが疑問に思うこともなく
故人の冥福を祈って、大きな、そして温かい拍手を送り続けたそのシーンは、
Englandのサッカー文化の奥深さを感じさせる光景かなと思いました。

《SPORTS 2008》 2008/1/1の徒然。

あけましておめでとうございます。

本年も拙ブログをよろしくお願いします。

■第87回天皇杯全日本サッカー選手権大会
決勝/国立霞ヶ丘競技場
サンフレッチェ広島 0 - 2 鹿島アントラーズ
Goal: 08min. 内田89min. ダニーロ

2007年シーズンの最後のタイトルは、
鹿島が、J1王者の意地を見せたというところでしょうか。

風邪がだいぶ良くなったのですが、大事を取ってテレビ観戦しましたが
広島は、攻め手がなかったですね。

準決勝で柏木が大会2枚目の警告を受けて
決勝に出れなかったのも響きましたね。

ま、これで、2007シーズンは終了です。

■第87回全国高校ラグビー大会
3回戦/東大阪市近鉄花園ラグビー場
東福岡 80 - 7 大阪朝鮮高
盛岡工 14 - 20 尾道
長崎北陽台 15 - 5 大分舞鶴
国学院久我山 0 - 25 天理
桐蔭学園 31 - 5 日本航空二
流経大柏 30 - 17 大阪工大高
茗渓学園 10 - 10 佐賀工抽選
青森北 15 - 26 伏見工

ハナゾノには、大阪は第3代表まで出場するのですが、
2回戦で東海大仰星が敗れたのに続き、
大阪朝鮮高、大阪工大高が立て続けに敗れました。

私の記憶でも、3回戦で大阪がハナゾノから消えるのは
覚えがありません。

抽選で準々決勝進出が決まった佐賀工を含め、九州が3校。
そのほか、ベスト8には、関東が2校、地元・関西が2校となる中、
奮闘しているのが広島の尾道高校。

長崎北陽台とともにノーシードながらベスト8進出はお見事です。


明日は、高校サッカーの2回戦と全国大学ラグビーの準決勝、
そして、箱根駅伝往路と、とてもとても忙しいですね。

ま、国立に行く予定ですが。

《おみや》 香川銘菓 灸まん

香川銘菓 灸まん

あけましておめでとうございます。

新年一発目は、香川銘菓の灸まん。

琴平の石段やさんが作ってます。

なんで、琴平で灸なのか?

かつて、石段やさんは旅館を営んでいましたが、
金刀比羅宮参詣で疲れた旅人に供した
お灸が大層評判だったことに因んでいるそうです。

今年もお土産話が目立ちそうですが、よろしくお願いします。

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

Recommends


  • You need to upgrade your Flash Player.

LINK

エスパルス日程


2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

COUNT

エスパole!


エスパトラバ


ドラゴンズTB


Hockey TB


ついったー


無料ブログはココログ